MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

sylph emew

2014.10.15UPDATE

2014年10月号掲載

sylph emew

メンバー:良夢 (Vo) shinya (Gt)

インタビュアー:田村 公平

-激ロック初登場ということでまずは自己紹介をお願いします。

良夢:sylph emew、ヴォーカルの良夢(らむ)です。宜しくお願いします。ちなみに本名なので不可抗力です。

shinya:ギターのshinyaです。宜しくお願いします。

-sylph emewというバンド名はどのようにして名付けられたのでしょうか? 由来などありましたら教えてください。

shinya:すべてを話すと長くなるんですが、sylphっていうのは風の精霊なんです。そこにもいろんな意味があるんですが、2014年は今回初めて全国リリースをするアルバム『&』を引っさげて、このバンドで風を起こしていけたらと思っています。

良夢:風を起こしていきたいですね。あと余談ですが、覚えにくいバンド名前の方が忘れにくいかなぁとも考えたりしました(笑)。

-バンド結成の経緯を教えてください。2010年に結成とのことですが、これまでにメンバー・チェンジなどはありましたか?

shinya:ちょうど各々活動していたバンドがなくなってしまった時期に、もともとはヴォーカル良夢のソロ・ライヴのバック・バンドとして集まったのきっかけです。1日限りのライヴの予定だったんですが、初めてのスタジオ・リハで最初の1音を合わせた瞬間から、みんなに"このままバンドとして活動していきたい"という思いが芽生え始めましたね。メンバーはドラムだけが定まらず今のTAKAHIROで正式なドラマーは3人目なんですが、1年以上サポート・ドラマーと共に活動していた僕たちにとって彼の加入は大きな節目になりました。彼が加入して今の5人が揃ったときに、正直"やっと前に進むことができる"という心境でした。もちろんサポート・ドラマーとともに活動している期間も1本1本全力でライヴはしていましたし、音源の制作もしていたんですが、メンバーが定まっていないという点でどこか足踏みをしているような感覚があったんです。そういった悔しさも大きなエネルギーとなって、今回全国リリースの話が来たときにメンバー全員が気持ちをひとつにして挑戦していこうと思えたんだと思います。

良夢:たしかにTAKAHIROが正式加入したことによって、流れを一気に掴んだ実感がありましたね。1番年下ですが、物怖じもせず頭も柔らかくて器用でいつも関心させられます。

-音楽性は結成当初から変化しているのでしょうか?

良夢:結成当初は私がキーボード/ヴォーカルをしていて、きれいめなピアノ・ロックというか、和製DREAM STATEみたいな、ピアノで美メロでエモ・テイストでいこうとしてたんですが、どんどんエモが勝っちゃって(笑)。そこからずっと好きで聴いていたラウドなサウンドに寄っていきましたね。ほぼ私のわがままで(笑)。今じゃレコーディングとワンマン以外ではキーボードすら弾いていませんし、当時はメンバーを困惑させていたと思います。特にshinyaくん、ごめんね(笑)。

shinya:僕は最初はメイン・ギターがレギュラー・チューニングのストラトキャスターで、曲によってはアコースティック・ギターを弾いたりもしてたんですが、ある日突然、当時持っていた機材では出せないようなハイ・ゲインなサウンドを要求されるようになって(笑)。まさか数年後にPRSをドロップCチューニングで弾いているとは想像してなかったですね(笑)。実際ドロップ・チューニングでまともに曲を演奏したのはそのときが初めてでした。余談ですけど、生まれて初めてギターでコピーしたhide with Spread Beaverの「ROCKET DIVE」も全編ドロップ・チューニングが使われてるんですが、当時は何もわからずスコアを見ながらレギュラー・チューニングでコピーしてましたし(笑)。今作で注目なのは、そんな結成当初ぶりにレコーディングで良夢がピアノを弾いていることですね。ずっと今のスタイルになってからもピアノの音が欲しいと思っていたので、今回チャレンジできたのはすごく良かったです。

-これまでに自主盤のリリースをコンスタントに行っていて、今回満を持しての全国流通盤のリリースとなりましたが、今の心境を教えてください。

良夢:まず純粋に嬉しいですね。達成感というよりは、やっとスタート・ラインに立てたって思いが何よりも強いです。特に今回、節目となる初の全国リリースは、自分たちが立てていた予定より少し時間がかかってしまったので、その分思い入れも時間と共にどんどん膨らんでいて、力を貸してくれる仲間もどんどん増えて、もし予定通りや想定内のリリースだったら、こんなに立派な神輿になってなかったんじゃないかなと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。モリモリです。

shinya:仮に1年前、2年前に全国リリースの話があっても多分自分たちの中で納得できていなかったと思うんですよ。今じゃないって感じてしまっていたと思います。時間はかかってしまったけど、やっと"今だ""これだ"と思えるときがきたので、今回のリリースは本当に僕たちにとっては大事なスタートという感じですね。支えてくれているみなさんに本当に感謝しています。

-アルバム・タイトルの『&』とはどのような意味があるのでしょうか? アルバム全体の歌詞を通して、作詞を手掛ける良夢さん、またはsylph emewとリスナーを繋ぐといった意味での"&"なのかと解釈しましたが。

良夢:歌詞を書くうえで、ひとつひとつの楽曲という世界の中で様々な感情の渦を言葉にしていく作業なので、すごーくエネルギーがいります。で、書き終えてみるとやっぱり"独り"を感じなければ知ることのなかった感情ばかりなんですよね。自分の基本的な状態が"孤独を感じること"、それを"1"に置き換えると、それに何かを足し算しようが掛け算しようが答えはあっさりしていて。そうじゃなくて、寄り添うようにその"1"から何かを見出させてくれるものは"+"でもなく"×"でもなく"&"だなーって。かなり抽象的なタイトルで、正直具体的にこれって答えられないので、私自身このアルバムをリリースしてツアーに回って、このアルバムにとっての"&"の本当の意味を見出したいと思ってます。 もちろん聴いてくれる人や受け取ってくれる人それぞれの答えがあると思うので、まずは"&って何だろう? "ってイマジネーションをはたららかせながら聴いていただけると、私たちにとってもさらに意義深い作品になると思います。

-今回のアルバム『&』の収録曲にはアルバム・ヴァージョンのものが2曲収録されていますが、アルバム全体的にはどのくらいの期間をかけて作りあげたのですか?

shinya:曲自体は去年から制作を始めて、レコーディングは5月ごろから始まりました。今回はもともと今までに自主でリリースした曲も収録されることは決まっていたんですが、新曲だけでも十分フル・アルバムが作れるくらいの曲数は作りましたね。その中からアルバムのテーマに沿う曲たちを選んで収録しました。新曲だけでいえば制作開始から1年後のリリースになりましたけど、過去の曲も将来的にフル・アルバムに収録できるクオリティを意識して作っていたので、そういった意味では結成から4年かけて作ったアルバムでもありますね。