MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NONPOINT

2014.10.16UPDATE

2014年10月号掲載

NONPOINT

メンバー:Elias Soriano (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-激ロックでは初のインタビューですが、よろしくお願いします。久しぶりの日本でのリリースです。1st、2ndアルバムを日本盤としてリリースしていたのを覚えていますか? 私自身、1stアルバムからずっと聴いてきているのでこうやって取材ができてとても感慨深いです。

こちらこそインタビューをしてくれて光栄だよ。日本でのリリースももちろん覚えている。まだパッケージのまま持ってて、母親に渡しているんだ。その方が安全だから(笑)。

-どういった経緯でNONPOINTは結成されたのでしょうか?

簡単に話すと、俺がRobb Rivera(Dr)と一緒にプレイしているヤツとレストランで働いていた。そいつと友達になると、バンドの練習を観に来ないかって誘われたんだ。そのバンドは、何ヶ月もヴォーカリストが現れなくて、みんなが俺にマイクを持って歌うように説得してきたんだ。それが始まりだね。

-あなたがたがデビューしたころはいわゆるニュー・メタルと呼ばれるジャンル、シーンの勢いが凄まじかったですが、今でも生き残っているバンドはそうたくさんはいません。あなたがたが長く活動できている理由はなんでしょうか?

俺たちの好みと時代が共に成長しているし、サウンドを変化させようという意志がまだあるからだと思う。自分たちがリリースに満足したいんだ。同じような楽曲をワンセットで16曲も歌うとなったら、たぶん命を絶つだろうな。

-またビルボード・ランキングで2ndアルバム『Development』が52位を記録して以降、シーンの縮小と同時にランキングを下げていきましたがアルバム『Miracle』で再び60位まで順位を一気に上げ前作『Nonpoint』もキープしましたね。この躍進にはいったいどういった要因があったのでしょうか?

何だろうね? 市場、音楽、レーベルの変化、ラジオの形、ツアーの可能性......。これらは俺たちがすることのすべてに影響を与える。なぜ変わっているんだろうって考えていたり、業界で次に何が起きるのかって予測しようとしたら、俺は曲を作って、演奏する時間なんてなくなるだろう。誰もどの曲がNo.1になるのか、どのアルバムが売れるのかわからない。俺たちはできる限り良い曲を作って、自然に任せるしかないんだ。

-同時期にデビューしてきたPAPA ROACH、SEVENDUST、ILL NINOなどは第一線で活躍してますが、同世代で仲良いバンドを教えてください。

沢山のバンド。MUDVAYNEのみんな、SLIPKNOTやDISTURBEDが今浮かんだバンドたちだな。お互いの仕事への意欲をリスペクトしているから、友達はみんなまだ健在で頑張ってるよ。

-前作『Nonpoint』でのツアーが成功を収めたとのことですが、各地でどういったリアクションを得られたのでしょうか?

『To The Pain』以来、最もいい反応だったと思う。俺たちは繋がりがある楽曲を作って、そのときの精神状態、心の状態を表したかった。俺たちには波瀾万丈のときだったから、音楽をはけ口にできたのは良かったと思う。それって八つ当たりのもっと受け入れやすい形だよね。

-さて、本題に入りますが、8thアルバム『The Return』完成おめでとうございます。完成しての今の気持ちを教えてください。

誇りに思っているよ。曲は力強いし、制作にエネルギーを注いだ。前作がいいと思っているなら、今作のトーンや全体のミックスにぶったまげるよ。

-METAL BLADEとの契約にはビックリしました。METAL BLADEというとスラッシュ・メタル、デス・メタル、デスコア・バンドなどのレーベル・イメージがあります。契約の経緯を教えてください。

マネージャーがレーベルとの関係を持っていて、レーベルは俺たちと一緒に仕事をすることをとても喜んでいたんだ。たぶん今までの中で1番楽に契約できたんだと思う。METAL BLADEは世界中でも有名だってことは知っていたし、俺たちは海外でまだそれほど認識されてなかったから、何も考えずにこのレーベルに決めたんだ。