MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE TWISTED HARBOR TOWN

2013.12.04UPDATE

2013年12月号掲載

THE TWISTED HARBOR TOWN

メンバー:SHO (Vo)

インタビュアー:篠崎 祐介

-激ロックTOURなどは何度も出演していますがインタビュー初登場ですので、バンドのプロフィールなど簡単に教えてください。

THE TWISTED HARBOR TOWNは都内で結成されたVo.SHO、Gt.HAN、Ba.YU-TA、Dr.TOMOの4ピース・バンドです。

-昨年3月にリリースしたシングル2部作から1年半ぶりのリリースですが、完成した感想を教えてください。

あくまでも前回の2作品の俺たちのテイストを踏襲しつつ、バンドとして進化を遂げ、更に一皮むけた感じですかね。ハードな部分はよりハードに、メロディアスな部分はよりメロディアスにレンジの広さを意識しました。

-ジンが所属するDefröck Recordsからのリリースということで、意外に感じる人も多いと思うのですが、リリースの経緯を教えてもらえますか?

実は2作品をリリースしてから直ぐに今のレーベルからアプローチがあって、ライヴも見にきてもらっていて、その後度重なるミーティングとかレコーディングに向けての準備をしてました。それに、自分たちもここじゃないと、あそこじゃないと嫌だとか、レーベルに関してはあまりこだわっていなかったので、より良い作品作りを一緒にやっていけるパートナーとしての思いがあり決めました。

-前作リリースからベーシストの交代、ギタリストの脱退などあり、それを乗り越えてのリリースということで、大変な道のりだったのではないですか?

メンバーの脱退はバンドにとっては淋しいことですけど、苦労って苦労はしてないんですよ。前のBaのHIDEに関しては後任のYU-TAの加入が決まり、曲とかもHIDEがフレーズを教えてあげてて、YU-TAがバンドに馴染んでからの卒業みたいな感じでしたからね。GtのKも急な話ではなく、バンド間で何度も話し合ってからでしたし!続ける側もバンド脱退する側も個人よりバンドとしてのあり方を優先したので、ギスギスした感じは全くなかったです。

-昨年から今年はそのメンバー脱退もありつつ、シングル発売日にUNDEROATHとの共演を皮切りに、UNIONWAYへの出演、MOTIONLESS IN WHITE、FUNERAL FOR A FRIENDとの共演、そして2013年にはSCREAM OUT FEST2013に出演するなど、いっきに活動規模が拡大しましたが、自分たちではどのように思いますか?

憧れのバンドとの共演や、より大きいステージでプレイする機会が増えたのはバンドしては本当に光栄ですし、経験やモチベーションにも繋がり、少なからず成長出来たと思います。特にSOF2013ではOF MICE & MENのVo.Austinがリハもライヴも見てくれていて、俺たちをすごく評価してくれて、自分たちのステージに俺をあげてくれて一緒にシャウト出来たのは本当に嬉しかったですね!バンドとして認めてくれたからこそマイクを渡してくれたみたいな!もちろん他の共演者たちも良い評価をしてくれてバンドとしては自信に繋がりました。

-今年の夏頃からはSiM、coldrain、Crossfaith、ARTEMA、NOISEMAKERのツアー・サポートで、全国各地でかなりの本数のライヴを回り、かなり急激にライヴが増えましたがこれは意図的に増やしたのでしょうか?

そうですね。リリース前に、よりバンドとしてのスキル・アップ、ツアーでのメンタル、フィジカルの強化をリリース・ツアー前に少しでもやっておきたかったし、周りのスター軍団とのツアーは本当に刺激ばっかりで!勉強になりました!その積み重ねを自分達のツアーで発揮していきたいですしね。

-海外勢や国内バンドとのツアーで刺激を受けた部分はありますか?

んー、言い表すのが難しいですけど、ステージにあがる時の姿勢というか、なにを伝えにいくのか、なぜライヴをするのか?みたいなところですかね?バンドによって思想は違いますけど尊敬できる仲間のバンドはステージにあがる時に間違いなく、"何かやってやろう!"みたいな意気込みとヒリヒリするぐらいの感覚を研ぎ澄ませてステージにあがってますね!"今は今しかない!"って、その瞬間にしか出せないライヴの瞬発力と爆発力みたいな。"油断してたらヤバいな!"ってマジに痛感しましたよ!だからこそ食らいついてやってやろうって!

-NEW BREEDと共に初の海外公演となる中国ツアーも行ったようですが、いかがでしたか?

バンドのキャリアとして初の海外公演でしたけど、本当に気持ちよく出来ましたね!オーディエンスもめちゃくちゃ盛り上がってたし、バンドとして爪痕はしっかり残してこれたと思います!今でも"次はいつ来るんだ?"とか"新作のツアーでも来てくれ"ってメッセージがきたりするので本当に嬉しいですよ!また絶対にいきます!