MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE TWISTED HARBOR TOWN

2013.12.04UPDATE

2013年12月号掲載

THE TWISTED HARBOR TOWN

メンバー:SHO (Vo)

インタビュアー:篠崎 祐介

-前作は2作で1つのストーリーになった4曲でしたが、今作はなにかコンセプトなどあったのでしょうか?

今回はコンセプトがないのがコンセプトみたいな。メンバーたち皆曲作りの段階でなんの縛りもしないで、ただ好きな、カッコいいと思うものを出していった感じですね!同期の音色やパターンもかなり豊富になりましたし。各パートがのびのび演ってる感じですよ!コレ、カッコ良くない?ヤバいね!みたいな!

-今作『ENCOUNTERS』は"出会い"というような意味ですが、このタイトルにした理由を教えてください。

最初は別のタイトルだったんですけど、作り始めてしばらくしてからこのタイトルにしたいって心境の変化があって。ENCOUNTERSって"遭遇する"って意味合いもあって、俺たちの新しい音に遭遇する人に対してと、その音を聴いてライヴに来てくれる人たちに俺たちが遭遇する、出会うって意味を込めてつけました。ライヴの時に初めて全てが成立するんですよ。

-クラシックなどの要素など前作の方向も保ちつつ、凶暴性が増した作品だと感じました。

単純にみんなが聴いている音の影響はあると思います。好みは変わって行くし、その中でも消化していくことに対してあまり違和感なく吸収できるバンドなので、自分たち的にはあまり大きな変化とは感じていないです。

-今作はメンバーが脱退する前からライヴでやっている曲も収録されていますが、作品にするうえで意識した点などありますか?

歌詞なども変わっているんですけど、音として意識したのは、よりライヴ向きにというか、攻撃力のあがったようなアレンジ、わかりやすさ、ノリやすさは意識しましたね!

-歌詞は全体的に何かにイラつきながらも前向きであろうと自分を鼓舞するような内容に感じました。実際はどのようなことを歌っていますか?

嫌なことや傷つくことがあるからこそ大切なことに向かっていかなければいけない、今や未来と自分自身との戦い。そして1人で挫けてしまいそうな時はみんなで戦っていけばいいのさ!みたいなニュアンスはあります。基本的に俺はネガティヴな歌詞が多いですが、ネガティヴに向かっていくのではなくて、こうならないために、あの時には戻りたくない!進まなきゃ!って。光に向かっていくためには影や闇は絶対に必要で。嫌なことがなければ嬉しいことの判断ができないでしょ?みたいな。

-「League Of The Shadows」にはラップでゲスト・ヴォーカルが参加していますが、どなたでしょう?よろしければ参加の経緯も教えてください。

Survive Said The ProphetのVo.yoshiがラップで参加してくれています!ラップは前から入れたかったんですけど、俺が歌っても違うし、ヘヴィでもライトな感じでもなくて、ネイティヴで自然でありながらパンチとフックの効いたラップを入れたかった時にyoshiが本当に適任というか、俺からラップいれてくれない?ってオファーをかけました。

-3月のファイナルまで全国幅広くツアーが入っていますが、自分たちのリリース・ツアーでここまでの本数を回るのは初めてですよね?ツアーに向けての意気込みを教えてください。

この本数は初めてですけど、意気込みとしては変わらずにがむしゃらにライヴする!しかないですね!1本1本を全力でオーディエンスにぶつかっていきます!気持ちと気持ち!悩んだり考えたりしながらも、みんなが汗かいて笑って帰れるような、純粋にライヴって楽しいな!ってツアーにしたいです!

-SHOさんはいつも"ライヴやりたい!ツアーしたい!"と発言してますが、自分たちにとってライヴとはどういうものだと思いますか?

バンドって俺の感覚では、曲作りして、音源だして、ツアー回る!ライヴする!というのしかないので、1本ライヴやったら、その瞬間に感じたことを抱くとすぐにライヴしたくなるんですよね!今日はこうだった!こう思った!じゃあ次はこうしてやろう!って(笑)!ずっとチャレンジャーでいたいからライヴが終わる度にライヴがしたくなります!

-最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

好きな音楽、バンドを!それが好きな自分の感性を信じて、音友達増やしてみんなでライヴ、ライヴハウスって空間にしかないエネルギーの爆発を共有してほしいですね!俺たちの最大の武器はライヴなので、是非、ライヴに来て下さい!ライヴで会いましょう!VoのSHOでした!