MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Vibedred

2013.04.09UPDATE

2013年04月号掲載

Vibedred

メンバー:渡辺“Joe”譲 (Vo/Gt) 多田“TD”隆紀 (Ba)

インタビュアー:山本 真由

−共演バンドも関西のバンドにとどまらず、幅広くなってきていると思いますが、最近気になるバンドや特に交流を深めたバンドはありますか?

Joe:THE TRUST BLASTとは去年よくやりました。あいつらもメンバー・チェンジを経て、最近すごくまとまっていいバンドになったと思う。ライヴも刺激たっぷりですし。人間が熱い。Vibedredの付き合うバンドって音楽ももちろんですが、人としてバイブスが合うか合わないかなんです。だから一緒に回ったりするバンドも全然違うことやってるやつらが多くて、そっちの方が好きだし刺激もありますね。KNOCK OUT MONKEYもここ2~3年よくやりました。彼らの音楽に向き合う姿勢がすごくいい刺激になっています。

TD:多すぎて難しいですね(笑)。京都の先輩10-FEETのレーベル、badassのバンドとは音楽的にも人としても強いシンパシーを感じます。一昨年はNUBOのツアーに、去年は本当にTHE TRUST BLASTと過ごした1年でした。個人的にはmaximum10のsfprと、まだリリースもしてないんですが京都のPARKは、共にめちゃくちゃカッコいいロックなのに身体の奥底から踊り出したくなる感情を沸き起こしてくれる最高のライヴ・バンドだと思います。

−これからますます活動の幅も広がると思いますが、やってみたいことや目標はどんなことですか?例えば、サマソニ出演とか海外のあんなバンドとの共演等々……。

Joe:あと 4~5年前にやった野外フェスをまたやりたいですね。規模のでかいのは地元の先輩にまかせて、深い感じのやつをもう一度やりたいなと。そのためにはVibedredを何ランクも上にあげて、やれることの幅を広げて融通が効く形で自由に遊び場を作りたいと思っています。それと個人的にはいつかFISHMANSのゲスト・ヴォーカルとして、FISHMANS BANDに参加したいです。

TD:若手みたいなことを言いますが、とにかく今はもっと1人でも多くの人の元にVibedredの音を届けたいなと思います。それはライヴ・キッズも、部屋で音楽を聴くのが好きな人にも、普段は音楽なんて興味がない人にですら。そして、その人たちがVibedredのライヴ見てみたいなと思ってくれて、でっかいフェスで一緒に遊べたら最高ですね。

−最後に、ツアーへの意気込みと、激ロック読者へのメッセージをお願いします。

Joe:ライヴに重点を置いて活動してきた1つの集大成的な音源なんで、これを引っ提げて会場で1つになるのが楽しみです。このツアーを見逃した人が、のちのち後悔するくらいのものにしてやろうと思ってます。そして、これを読んでいる人の中に、音楽に救われながら生きている人もいっぱいいると思います。自分の世界を守ることができるのは結局自分でしかないんだ!あなたの好きな世界を守るためにやれることをやろう!あと、各地のうまいもんもたくさん食ったろうと思ってますんで、ツアー先のオススメ教えて下さいな。

TD:新作『Ark』は間違いなくこれまでの中で最高の熱量を詰め込んだ作品です。ぜひCDを聴いてその熱をライヴで一緒に爆発させましょう!!男も女も洋楽も邦楽も関係なく巻き込む力をもった曲たちがたっぷり詰まっているので、リリースを楽しみに待っててください!