MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SOULFLY

2012.03.07UPDATE

2012年03月号掲載

SOULFLY

メンバー:Max Cavalera (Vo&Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-本編最後の「Revengeance」にはあなたの息子たちや義理の息子が勢ぞろいしていますね?傍目から見ているとすごく幸せな光景ですよね?まさに理想の関係じゃないですか?

そうだね、2度目なんだ。前作も彼らとカヴァー曲をやったんだ。今回は同じような考えだったけど、殺害されてしまった彼らの兄について、オリジナル曲を作って、さらに先に進もうと思った。この曲はとてもパーソナルな内容だからみんな違う感情があって、ヘヴィな内容だけど特別な曲になった。彼らがやったことが最高だったし、スタジオでライヴで演奏して、エネルギーを感じるし、力強いヴァイブを感じた。エンディング曲にもってこいのエネルギーだった。

-日本盤のボーナス・トラックとして「Slave」、「SoulflyⅧ」、「Downstroy(Live in Poland)」の3曲が収録されていますが、私は未聴なのですが、今までの流れから考えて「SoulflyⅧ」はトライバルなインスト曲なのでしょうか?また今までは通常盤に収録されていたのに今作ではボーナス・トラックのみへの収録のみにしたのはなぜでしょうか?

そうだよ。バイオリンをフィーチャーしているインストだよ。本当に好きな曲になったんだけど、どうしてもアルバムに入れる順番が見つからなかったから、ボーナス・トラックになった。だけのことなんだ。メロディックな曲で、バイオリンが一味違う。

-話は変わりますが、実に7年ぶりのメンバー・チェンジですね。一体バンド内に何が起こったのでしょうか?新加入のリズム隊である元STATIC-XのTony Campos とBORKNAGARの David Kinkadeの2人はあなたの期待通りのプレイをしてくれていますか?

俺が決めたことじゃなくて、メンバー2人の決めたことだよ。ベース・プレイヤーと問題があって、クビにすることになった。ドラマーは自ら辞めたんだ。新しいメンバーを入れないといけなかったから、1番いいプレイヤーを選びたいと思っていた。その時にDavidとTonyと出会った。TonyはPRONGやMINISTRYと言った素晴らしいバンドでプレイしていた経験豊かなプレイヤーで、Davidはブラック・メタル出身だからエクストリーム・メタル・ドラマーなんだ。彼のような人を選んだのはすごく稀な出来事だけどすごく満足している。ヘヴィな曲を作り始めていたから、いい方向に行けたと思っている。今のラインナップは相性もいいし、音も最高にいいんだ。

-SUMMER SONIC 09にてCAVALERA CONSPIRACYとしての来日はあったものの、SOULFLYとしては大分来日がご無沙汰になってしまっていますがそろそろいかがでしょうか?

行きたいよ!できれば今年の後半に行けたらいいなって思っている。ラインナップも変わったし、ニュー・アルバムも演奏してあげたいし、それにSOULFLYの15周年なんだ。今年の終わりに自伝も出るから、いろいろ報告したいんだ。

-CAVALERA CONSPIRACYは現在どのような状況でしょうか?

今のところ休んでいる。来年くらいからまた曲作りをして、リリースすると思うけど、今年はSOULFLYに専念したいんだ。

-最後に日本のファンにメッセージをお願いいたします。

日本でプレイするのが大好きだし、日本のファンは最高だと思っている。新しいアルバム、『Enslaved』をみんな気に入ってくれることを心から願うよ。このアルバムはメタルの要素が含まれていて、情熱と愛情をもって作ったものだからきっとみんなも気に入ると思う。いつも応援してくれて本当に感謝しているよ。ありがとう。