MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

OH, SLEEPER

2012.02.03UPDATE

2012年02月号掲載

OH, SLEEPER

メンバー:Micah (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-『Children Of Fire』リリースおめでとうございます。欧米ではリリースされてから4ヶ月の時間が経っていますが、リスナーからの評判やライヴでのキッズの反応はいかがでしょうか?

想像しうる限り最高の評判だね!俺たちのファンほとんどが今までで最高のアルバムだって言ってくれてるよ。ライヴも会場全体がエネルギーに満ちてる感じだ。みんな一緒に歌ってくれるしね!

-本作は前作『Sons Of the Morning』の延長にある作品のようですね?また前作から今作に掛けてのストーリーを恐縮ですが詳しく教えていただけますか?

それ言っちゃったら歌詞読まないでしょ(笑)!?本を読む前に先に答えを言っちゃうのは気が引けるからね。みんなが歌詞を読んで、それぞれの解釈もあるから。是非過去のものからチェックしてね。

-またストーリーはどなたが考えているのでしょうか?

俺だよ。

-前作制作時より最初から2部作の予定で制作していたのでしょうか?

『Son Of The Morning』の後のストーリーを続けたいという気持ちだけは確かだったんだけど、どういったものになるかは決まっていなかったんだ。ストーリーの全体像がハッキリしたのは『Children Of Fire』の制作でスタジオ入りしてからなんだよね。

-さらに続編を作ることは有り得ますか?

いや、次のアルバムは完全に別のストーリーになるよ。

-3分台の曲が多く、トータルでも36分と非常にコンパクトなアルバムとなっていますね。一概には言えませんが、コンセプト・アルバムというと長編作品が多いと思うのですが、あなたがたが今作をコンパクトにまとめた意図を教えてください。

リスナーが燃え尽きてしまうより、もっと聴きたいと思ってもらう方がいいと思うんだ。

-作曲はどなたが手掛けているのでしょうか?

Shaneがメインで書いていて、他のメンバーが自分のパートの調整をする感じだよ。

-プロデュースを手掛けたAndreas Magnussonですが、あなた方の3作品すべてをプロデュースしていますね。Andreasのプロデューサーとして素晴らしい点を教えてください。また彼は他にはどのようなバンドの作品のプロデュースを手掛けているのでしょうか?

アルバムを3枚作ってやっと一緒に働いてる人たちと本当に仲良くなれた気がするよ。Andreasは素晴らしいプロデューサーで、彼の数々のアイディアが、特徴的なOH,SLEEPERサウンドを作る大きな手助けとなっているんだ。彼が手掛けた作品は全部はおぼえてないけどHASTE THE DAY、THE BLACK DAHLIA MURDER、SPITFIREなどがあるよ。

-あなたがたの音楽性を端的に現すと、メタルコアとなると思うのですが、テクニカルで変拍子があったり、ミディアムテンポの曲があったりと一概にメタルコアとは言い切れない音楽性ですね。あなたがたは自分たちがどんな音楽性のバンドか問われたとするとなんと説明しますか?

そうだね、なかなか難しいけど俺は自分たちのバンドを“ハードロック”だって言ってるよ。俺はサブジャンルっていうのは、人が新しい音楽を聴こうとするのを妨げている気がするし、バンドをあまりにも簡単に分けすぎていると思うんだ。俺たちは可能な限り“ロックンロール”という枠に居続けたいね。

-またあなたがたは結成当初から現在のような音楽性だったのでしょうか?

基本的には同じなんだけど、随分と進化したし成熟したよ。初期のバイブやエネルギーは今でも保ち続けていると思いたいけどね。

-ドラムのMatt Davisと、活動初期からのメンバーであるベースのLucas Starrが前作リリース以降、相次いで脱退しましたね?2人の脱退の理由は何だったのでしょうか?

Mattは実験的手術で自分の手足をタコの触手に付け替えたから水の中で生活しなきゃいけなくなったんだ(笑)。Lucasは今NASAで働いてるよ。

-Mattの後任として加入したドラムのZac MayfieldとLucasの後任として加入したベースのNate Gradyはバンドに馴染んでいますか?またバンドに新しい要素をもたらしてくれましたか?

うん、彼らは完全に馴染んだし、彼らが加入してくれてホントに嬉しいよ。バンドに新たなテクニックと新しいパワーをもたらしてくれたよ。彼らのお蔭で毎日頑張れているようなもんだね。