MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SHADOWS FALL

2008.04.18UPDATE

SHADOWS FALL

メンバー:Brian Fair(Vo.) / Matthew Backhand(Gt.)

インタビュアー:ムラオカ

―川崎公演、東京公演と大盛況でしたね。
ヘッドライナーのARCH ENEMYも凄い盛り上がりでしたがあなた方のライブもモッシュにヘッドバンキングと凄かったですね。

Brian Fair(以下B):今回のライブは観客がすごくエネルギッシュで今までに無いような反応を示してくれて驚いたよ!あと、会場のサウンドが凄く良かったので満足しているよ。

―目下の最新作「Threads Of Life」からメジャーレーベルのATRANTIC/WARNERに移籍しましたが彼らのサポートには満足されていますか?

B:日本とヨーロッパとオーストラリアはROADRUNNERでリリースをしていてどこの国のスタッフもとてもいい奴ばかりなんだ。さらにROADRUNNERにはKILLSWITCH ENGAGEを筆頭に素晴らしいメタルバンドがたくさんいて、メタルバンドだけでなく格好良いロックバンドも在籍しているから素晴らしいよね。質問のとおりアメリカではATRANTIC/WARNERからのリリースだけど、彼らも俺たちのD.I.Y.精神をとてもよく理解してくれてとても大切にしてくれているよ。レーベルを決めるのにとても迷って時間をかけたけど、その時間は無駄じゃなかったって今は思っているよ。

―あなた方は最も日本ツアーを行うメタルバンドですが、日本に初めてツアーで行くバンドがいたとします。あなたはそのバンドにどのようなアドバイスを送りますか?

Matthew Backhand(以下M):俺だったらそのバンドに『絶対に日本を気に入ると思うぜ』っていうかな。何故かって言うと日本は会場も音響も何もかも完璧に揃っていてスタッフにも仕事にも抜かりがないからさ。アメリカをツアーしていると会場によっては本当にひどい会場があるからね。日本人の仕事ぶりを見ていると本当にプロ意識を感じるね!

―先日ALL THAT REMAINSが来日した際、ボーカルのPhilは「みんなマサチューセッツ、マサチューセッツと騒ぐが、ビックなバンドは皆出て行ったし今のマサチューセッツにはすでにメタルシーンと呼べるものはないよ」と言っていましたがあなた方も同意見ですか?

B:ずっとツアーをしていてマサチューセッツが現状どんな状況にあるか詳しくは知らないんだけど、バンドを始めた時はみんな一斉に始めたような感じだったから、本当に格好良いなって思うバンドもたくさんいたし良いライブハウスも本当にたくさんあったんだ。でも今はその当時のライブハウスが全部潰れてしまっていて、有名なバンドだったら設備の整った大きな会場で演奏できるんだろうけど、まだ駆け出しのバンドは本当に苦労しているんじゃないかな。さっきも言ったけど最近は本国に帰ってないから憶測なんだけど、マサチューセッツのライブハウスが無くなったというのは確かみたいだよ。

―アメリカでここ数年メタルシーンの盛り上がりは凄まじいものがあるというイメージがあるのですが、しかしその一方でメタルというとお客さんが入らない、スクリーモというとライブの集客があがるという噂を聞きました。これは事実ですか?

B:確かに今アメリカではスクリーモというジャンルが主流になっているのかもしれない。でもそれってトレンドみたいなもので絶対に飽きられる時が来ると思うんだよ。そのジャンルには一枚CDを出したら終わりっていうバンドがすごく多いだろ?メタルは違うんだ。SLAYERなんてずっと売れ続けているし、LAMB OF GODとかOzzfestとかもすごく人気がある。メタルは永遠に持続していくと思うよ。

―あなた方や、KILLSWITCH ENGAGEの次の世代のメタルバンドとしてAVENGED SEVENFOLDやBULLET FOR MY VALENTINEなどが人気を得ていますがあなた方は彼らのことをどう評価しますか?

B:確かに彼らはいますごい人気だよね。AVENGED SEVENFOLDに関しては彼らの最初のツアーを俺たちが連れて行ってあげたっていう過去があるんだよ。今挙げてくれたバンドは本当にテクニック的が優れているし何よりミュージシャンシップが素晴らしい。こういう若いバンドが今の若者にギターソロの素晴らしさ、メタルの素晴らしさを浸透させて言っていると思うよ。すごく良いことだね。だからこの先AVENGED SEVENFOLDがもっともっとビックになって俺たちをツアーに連れて行ってくれることを望んでるよ(笑)

―あなた方の最終的な目標はIRON MAIDENやJUDAS PRIESTのような世代を超えた誰にでも愛されるメタルゴッドになることではありませんか?
あなた方の作品を順に追って聞いていた時にふとそんな考えが頭をよぎったのですが(笑)

B:そう言ってもらえて非常に嬉しいよ(笑)IRON MAIDENは何年も何年も同じことをやっているのにその人気が衰えることなくどんどんファンを増やしていってるよね。彼らと一緒にOzzfestでツアーをしたときに彼らのことを毎日見ていたんだけど、ラジオや雑誌を気にしないで自分たちのやりたいことを好きなようにやって、オーディエンスに素晴らしいライブを届けられるということにすごく感銘を受けたよ。俺達も彼らの3分の1でいいからあんな風になれたらと思うよ。