MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

OZ RAM INDIO

2017.04.06UPDATE

2017年04月号掲載

OZ RAM INDIO

メンバー:Meg(Vo) KaeDe(Gt) rhythm(Ba) Rin(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

18歳のヴォーカリスト Megをフロントに据えた、男女混合4ピース・ラウド・ポップ・バンド OZ RAM INDIOが、3rdミニ・アルバム『NAKED』をリリースする。ラウドで力強いアンサンブルや、ヘヴィなリフやビートで攻めつつも、ハイトーンのヴォーカルが映えるメロディや多彩なアレンジで、ポップ心を加えたサウンドが肝のバンドだが、自主レーベル初の全国流通盤となる今作は、キャッチーさに磨きをかけている。また、曲調の面でも貪欲に様々なテイストを呑み込んだ、野心的な姿勢も窺える。バンドにとって飛躍の1枚となりそうな、『NAKED』への思いを4人に訊いた。

-この4人で活動を始めてどのくらいになりますか。

Meg:1年ぐらいですね。もともと、KaeDeと私が別々でストリート・ライヴをやっていたんです。私がバンドをやりたいという話を持ち掛けて、じゃあバンドやろうやってなって、いいドラマーいないかなと探したら知り合いづてにRinがいて。

Rin:もともとはKaeDeのサポートをしていたんです。

Meg:あとはRinの学校の先輩のベーシストと、4人で始めたんです。そこから去年の4月にそのベースが脱退してしまって、探していたら彼女(rhythm)がいて。

rhythm:ひょこっと。

-Megさんはどんなバンドがやりたかったんですか。

Meg:自分が女性ヴォーカルで、周りが男性のバンドばかりだったので、目立った存在でありたい、そういうバンドがいいなと思っていたんですけど。このメンバーになったときは、個々の色が見えるバンドになれればいいなという考えに変わりました。

-ということは、それぞれの音楽ルーツや好きなものがかなり違うと。

KaeDe:全然違いますね。もう、びっくりするくらいに(笑)。

rhythm:聴いている音楽が違うからこそ、ステージでも人が変わるよね。それぞれのキャラクターがすごく出ていると思う。

KaeDe:それを逆に強みにしているくらいで。

-例えばrhythmさんはどんなルーツがありますか。

rhythm:私は、"リズム"って本名なんです。小さいときからずっと音楽を聴いて育ってきて。ジャズとかファンクも大好きだし、アイドルも大好きだし、シティ・ポップやEDMも聴きますし。メタルちっくなものも聴いたり。自分の好きな音楽、かっこいいと思った音楽を片っ端から聴いてる感じですね。偏食っぽいというか、音楽に関しては広く浅くという感じです(笑)。

-みなさんそれぞれどうですか?

KaeDe:僕だけ、みんなよりも年齢がだいぶ上なんですよね。だから──

Rin:レジェンド。

KaeDe:今、レジェンドって言った(笑)? メンバーみんないろんな音楽を聴くから、その影響でいろいろ聴いて勉強しますけど、基本はポップスが大好きで。世代的にはL'Arc~en~Ciel、GLAY、Mr.Childrenとかが大好物で聴いてきましたね。

Meg:私はずっと、R&Bを聴いてました。RihannaとかBritney Spears、Christina Aguileraとか。邦楽では安室奈美恵とかばかり聴いていて、まったくバンドを知るきっかけがなかったんですよ。それが映画"るろうに剣心"の主題歌「The Beginning」(2012年リリースの7thシングル表題曲)でONE OK ROCKを知ってから、バンドってかっこいいなっていうのに目覚めて。なので、最近なんです。

-18歳というと、入り口がONE OK ROCKになるんですね。

Meg:そこから洋楽のバンドを漁っていって。PARAMOREとかTONIGHT ALIVEとかを聴いていますね。

Rin:僕は今はいろいろ聴くんですけど、もともとはヘヴィ・メタルでした。IRON MAIDENとか。

Meg:ほんとバラバラ(笑)。

rhythm:だから例えば、バンド内で"重い曲が欲しい"と言ったときの、重いの観点が全員違うんです(笑)。Rinさんはメタルを聴いてきているから、"こういう感じの重いのが欲しいんよね"って出しても、"これ、どこが重いの?"っていう感じになってしまうくらい。

Rin:たしかにそういうのはある。

rhythm:それは、みんながいろいろなものを聴くからこそだと思います。