MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

IN THIS MOMENT

2012.08.09UPDATE

2012年08月号掲載

IN THIS MOMENT

メンバー:Maria Brink (Vo)

インタビュアー:米沢 彰 Translator : Yuga

-4枚目となるニュー・アルバム『Blood』のリリースおめでとうございます。作品が実際に完成してリリースを待つ今の率直な気持ちを教えて下さい。

そうね、圧倒された気分で、疲れてへとへとだけど、でも同時に最高の気分でもあるの!私たちはずっとツアーをして、たくさんのインタビューをしてきて、一晩中よく寝た記憶はもう長いことないけど不満は全くないわ。これこそが私の生き甲斐だし、このアルバムは素晴らしいリアクションももらっている。とても幸せだし、ワクワクしているわ!

-あなたのクリーン・パートとスクリーム、デス・ヴォイスの落差がIN THIS MOMENTの大きな魅力の1つでしたが、今作ではよりクリーン・パートの歌い方にバリエーションが増え、その落差が更に際立っているように感じました。制作時にヴォーカル・スタイルの変化について意識したことはありましたか?

少し、かな。何を言おうとしているかは分かるわ。でも、私やプロデューサーのKevin Churkoが意識的に何かをしようと思ったことはないの。多めのクリーンが曲に合うと考えたのよ。

-IN THIS MOMENTは作品を追う毎にメタル、メタルコアから、より壮大で深みのあるラウドロック、ヘヴィ・ロックへとシフトしてきているように感じています。ご自身ではこれまで、そして『Blood』へと至る音楽性の変化をどのように捉えていますか?

うーん、これも、意識してやったことじゃないわ。これはバンドとしての成長と成熟だと思うの。それくらいかしら、計画したことと言ったら。同じことを繰りかえして、同じアルバムを作り続けるなんて嫌だしね。

-『Blood』の各楽曲からは、メンバー個々の表現力や内面性がより深化してきているように感じられます。制作に際して、“個人的に”これまでと変わったこと変えたことがありましたら教えて下さい。

特にないわ。バンドとして、メンバー・チェンジやマネジメントなどの変化を乗り越えて来たわ。そしてそれがこの信じられないような生まれ変わる感覚をくれたんだと思う。潜在意識のレベルで大きな影響を与えたと考えているわ。

-タイトル・トラック「Blood」では大胆なサウンド・エフェクトを取り入れ、無機質なサウンド・メイキングとあなたのスクリームの力強さのアンマッチがこれまでのIN THIS MOMENTにはなかった独特の印象を作り出していますね。このトラックに込められた意味やコンセプト、サウンド・アプローチの意図などを教えて下さい。

私、曲についてあれこれ語り過ぎるのが好きじゃないの。リスナーのみんなに自分だけの意味を見つけて欲しいのよ。

-制作に際して、メンバー・チェンジもありましたが、『Blood』の作曲プロセスはどのように進められたのでしょうか?ほとんどのトラックがMariaとChris (Gt)によるものですか?

新メンバーは関わっていないわ。実際、ほとんどの曲が書かれてから新しいメンバーが加入したのよ。曲の多くは私やChris、そして素晴らしいプロデューサーのKeviによって書かれたわ。

-『Blood』のアート・ワーク、アーティスト・イメージには驚かされました。特にあの白面の女性とのジャケット・イメージはこれまでと全く異質な印象ですが、今回のビジュアル路線のシフトはどういった意図で行われたのでしょうか?

意図と言うほどのものはなかったわ。ただ私はこのマネキンのような女性が私の上を這いずり回っているヴィジョンを思いついて、それを私たちの素晴らしいグラフィック・アーティストに伝えたの。そして私たち2人で、それを肉付けしていったって感じかしら。そのように他のカバーも作られていったわ。

-前作『A Star-Crossed Wasteland』ではビルボード・チャートのIndependent Albums部門で最高1位を獲得するなど商業的な成功も収めましたが、そのために今作の制作に関してプレッシャーを感じたり、あるいは制作の上で意識したことはありますか?

そういったことに関してはあまりなかったわ。それより色々な変化の方からね。私たちの持っていたプレッシャーは、“残された私たちだけで、これが本当にできるのかしら?”というものだったの。そしてそれへの答えは、“もちろんできるに決まってる!”だったと今は思うわ。

-今作の制作を前に、初期メンバーを含めた3人のメンバー・チェンジがあったことには驚きました。新しい体制での制作は如何でしたか?

素晴らしかったわ。新しい風を吹き込んだ気分よ。みんなハッピーでワクワクしていたの。ステージ上でもそうでなくても、とても良い雰囲気があるのよ。一緒にいるだけで、とっても楽しいの。さっきも言ったけど、最高の気分よ。