MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

969

2018.08.16UPDATE

2018年08月号掲載

969

メンバー:赤松 澪 高菜 なな ちりめん 月風 珠梨

インタビュアー:宮﨑 大樹

-では、1stアルバム『969』について新曲を中心に話を聞いていきたいと思います。Aメロのラップがかっこいい「FATE」は赤松 澪さんが作詞されていますよね。この曲はどういうイメージで作詞しましたか?

赤松:この曲は中学生のころの病んでいた自分の気持ちに戻って歌詞を書きました。当時の自分の本当の気持ちがすべて歌詞に書いてあります。でも、そこで終わらせたくないというか、病んでいるままだったら人生が楽しくないし、"もっと気楽に生きようぜ"っていうメッセージも込めています。私はラップがもともと好きだったので、絶対ラップを入れてくださいってプロデューサーにお願いしました。

-この曲は詞先なんですか?

赤松:そうですね。自分たちの考えていることじゃないと伝わらないよね、という考えでメンバーが詞先で作詞しています。"痛み感じない程粉々な心に/鎧をかぶせて固めたけど"みたいに、無理矢理自分のことを繕ってきたけど、もうそういうのをやめよう、ひとりじゃない、4人で次の世界に行ける、という歌詞になっています。

ちりめん:全員共通している部分なんですけど、969の曲はネガティヴからのスタートみたいな感じで、そこで"何かを見つけて力強く生きていこう"っていうメッセージの込められた曲が多いんです。

赤松:この曲は、969として最初の曲である「Catch The Light」に繋がる曲なんですよ。「Catch The Light」は、誰もいないひとりの世界から始まって、光を集めてみんなで頑張っていこうっていう曲なんですけど、「FATE」はその前の話にしたくて"ひとりだったときの自分"を歌っています。振付の終わりも「Catch The Light」の最初の振付になっているんです。

月風:ほかのメンバーでは抱かないような感情とか、書かないだろうな、という詞が澪っぽいなと思いました。

赤松:ブログとかで書いているような言葉そのままだからね(笑)。

-続いて「UNTITLED」は高菜さんの作詞ですよね。

高菜:この曲は、iPhoneのメモ帳に書き留めていた日常で感じたことから歌詞にしています。

赤松:メモ帳の長さが半端なくて、iPhoneでいうと1メートルぶんくらいの長さ(笑)。

高菜:ちゃんと1曲に凝縮しましたよ(笑)。この曲の歌詞ってバラード的なんだなってあとから自分で気づきました。盛り上がりそうなラウド・サウンドにバラードな歌詞を乗せたような曲になってます。

-"探すことで溺れていく離れてゆく事で重なる"の部分など一部のパートが特徴的な歌い方になっている気がしました。

赤松:ここは私と珠梨ちゃんが歌っているんですけど、ななちゃんの歌詞の好きなところは、いきなり"星を消した"とかが出てくるすごい支離滅裂なところなんですよ。そこがほかのアーティストさんにはない世界観だと思います。曲を解釈してパートを歌おうとしたときに、歌詞でというよりは映像として宇宙のイメージで歌ったんですけど、そうしたら自然とこういう歌い方になっていました。

-「A NEW LEVEL」はライヴで盛り上がりそうな1曲ですが、すでにライヴで披露されている新曲ですよね。

高菜:969の曲って、お客さんと一緒に何かをするっていう曲はあんまりなかったんですよ。だけど、この曲では初めて観る人も手を上げてくれたり、声を出してくれたり、フロアのお客さんも含めてひとつの曲を作っている感じになっていて、いいなって思います。

-この曲は初のミュージック・ビデオが制作されていますよね。無表情な謎の外国人が登場しているのが印象的でしたが、あの人は何者なんですか?

月風:あの人は969ファンのひとりですね。

-そうなんですね。ファンがものすごいフィーチャーされた映像になってますよ(笑)。

赤松:いきなり外国人が出てきて、しかも無表情っていう(笑)。

-あの無表情はどういう演出なんですか?

赤松:ガチガチに緊張していて無表情になっちゃっただけみたいです。

月風:めちゃくちゃ表情ないじゃん! て思ってました(笑)。

ちりめん:あのシーンはすごい風量が出るサーキュレーターから出る風に当てられる勢いのあるシーンを撮りたかったんですけど、髪が短くてしかもワックスで固められているから全然髪に動きがないっていう(笑)。