MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ナナ

2018.06.19UPDATE

2018年06月号掲載

ナナ

メンバー:山沖 怜 SARSHI Chiyu AKI 藤原 章人(ZeeF)

インタビュアー:杉江 由紀

-かくいうChiyuさんは、どの曲を特に推したいですか。

Chiyu:最初にもちょっと言いましたけど、今回ツイン・ヴォーカルみたいなことをやっている曲も何曲かあるんですが、いかんせん怜さんの歌の力が圧倒的にすごいので、そこに俺が声で絡んでいくにはどうしていったらええんやろう? って最初のうちはかなり悩んだんですよね。そういうなかで、「ダルメシアン」に入れたラップ系のヴォーカルでは怜さんとの対比がなんとかうまく出せたような気がしたので、この曲を完成させたことで自分の中では"その先"が見えました。俺が一番年下っていうことで、末っ子キャラっぽいクソガキ感も醸し出せたのかなと思います(笑)。

SARSHI:僕の個人的な推しは「Speed」です。これは第1期にできたAKI君の曲で、一時はお蔵入りになっていたこともあったんですけど、ナナの中で唯一これは当時の時代に沿ったヴィジュアル系っぽい曲だったんですね。だから、今回は"そのままやったらハマらないな"と思ったので、今の自分の感覚でアレンジし直してこうなりました。

-昔のものを洗練させたことで生き返ったとは、実に素晴らしいです。

SARSHI:でも、「Speed」をこのかたちにできたのは、それより先に新曲の「CALL US」ができていたからなんですよ。「CALL US」でここからナナの主軸になる部分を定めたことによって、結果として「Speed」を今のナナに最も合うかたちに変えることができたんです。そう考えると、「CALL US」の存在もこのアルバムにとってはものすごく大事なものということになります。

山沖:ほかの曲でも「CALL US」はいいヒントになったもんな。

SARSHI:ナナを再始動させるのにあたって、まずは最初に怜ちゃんに曲を作ってほしくて。それでできたのが「CALL US」だったんですよ。

-「CALL US」がアルバム表題曲となっているのには、理由があったのですね。

SARSHI:「CALL US」には全員の声のパートも入ってますし、この5人のナナの今をダイレクトに感じてもらえる曲になっていると思います。

藤原:ナナが企画モノでもなければ、セッション・バンドでもないことは、この曲としての「CALL US」を聴いていただければわかっていただけると思いますし、アルバムのタイトルを"CALL US"としたのも、そこに素直な僕たちの気持ちを込めたからなんですよ。それを思うと、"ナナが5人の意志によって集まって、ここから本格的にやっていくんだ! ということを示すような、みんなが「うわ、すごい!」ってなるような名曲をお願いします"って怜ちゃんに頼んだ甲斐がありました。

山沖:僕だけ大阪やから、孤独な作業やったけど頑張りましたよ。アレンジに関しては、"あとは任せた"ってぶん投げちゃったものの、これがまたいい感じでね。"俺だけじゃなく、うちのメンバーもみんなして天才なんちゃうかな!"って思いました(笑)。

Chiyu:俺は「CALL US」の曲だけじゃなくて、詞もめっちゃ好きなんですよ。自分がソロをやるようになって詞を書くことの難しさを知ったっていうのもあるんですけど、この詞を読んだときには"こいつ、天才なんちゃうかな!"と思いました(笑)。

藤原:被せてきた! うまいなぁ(笑)。

-いやはや、ナナの仲睦まじさは本物ですね(笑)。来たる7月1日には新宿ReNYにて、ナナ新体制始動ワンマン"UNLOCK THE FUTURE"が行われますし、そのあとには9月に主催イベント・ツアー"七色会議"も予定されております。いずれの場でも、ぜひみなさんの楽しそうな姿を見せていただければと思います。

SARSHI:この新体制でのライヴではまだやっていないので、まずは7月1日が今から楽しみですね。あとは、9月のツアーもせっかくこの新体制ナナで回るわけですから、ゲストのアーティストさんとやるだけでなく、メンバー各自のソロやプロジェクトと対バンするっていうのも面白いし、それこそナナにしかできないことだと思うんですよ。

-ナナとAXESSORY、Chiyuさんのソロ、藤原さんとSARSHIさんのFlutter Echoが一堂に会することになるやもしれないとは、なんとも豪華です。

Chiyu:でも俺、それ以前に7月1日のライヴで、どの曲で何のフレーズを弾くか、まだわかってないですよ?

藤原:だよね。そろそろそれも決めなきゃ(笑)。