MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

mistress

2017.12.12UPDATE

2017年12月号掲載

mistress

メンバー:葵威 殺 亡

インタビュアー:宮久保 仁貴

-現在アイドルとの対バンが多いですが、これからラウド系やヴィジュアル系との対バンもされたいと考えていますか?

亡:やりたいですね!

葵威:特にヴィジュアル系と対バンしたいです。例えば、ぜんぶ君のせいだ。とか、椎名ぴかりんさんがヴィジュアル系のバンドと対等に対バンしているのは本当にカッコいいと思うし、私たちのこともヴィジュアル系ロック・アイドルとして受け入れてもらえたら嬉しいですね。機会があれば、ぜひしたいです。

-最近ですと、R指定などの人気ヴィジュアル系バンドが、積極的にそのような異種格闘技的なイベントを企画したりしていますが、mistressが出ても遜色ないなと感じます。ちなみに、mistressのお客さんの普段のライヴのノリはどのようなものが多いですか?

葵威:本当に人それぞれだと思います。ヴィジュアル系みたいにヘドバンしてる人もいれば、オタ芸を打ってる人やツー・ステップを踏んでる人もいるし、音楽を純粋に感じて聴いている人もいますね。

-バンギャやギャ男、オタクやキッズ、どんな層が来ても三者三様の楽しみ方ができるんですね!

殺:たぶん曲調の幅が広いからだと思うんですけど、実際どんな層が来ても楽しめる現場だと思います!

-これからライヴを観るお客さんにはどのようなノリで観てほしいですか?

葵威:特にこちらからはノリは強制しないですね。ただ、もともとアイドル好きな人が、キッズのツー・ステップを見て練習しているところとかを見ると、微笑ましいなと思いますね。

-ファン同士でも異文化交流が起こっているんですね!

葵威:そうだと思います。逆に、バンギャやギャ男の人がオタクにオタ芸を教えてもらっている光景も見られたりします(笑)。

-mistressのファンの名称はなんと呼ぶのでしょうか? DIR EN GREYだと"虜"だとか、LUNA SEAだと"SLAVE"だとか、いろいろあると思いますが。

亡:"サーヴァント"って言います。由来は......なんだっけ?

葵威:この名称の名付け親も岩田Pなんです。そもそもmistressって"愛人"という意味なんですが、もうひとつの意味が"SMの女王様"という意味なんです。SMのSが"servant"で、Mは"mistress"で、でも意味に反して、立ち位置は逆なんです。不思議な感じですね(笑)。そして、サーヴァントの略称が"鯖"なんですけど、今でもこの漢字一文字を見ると、たまに笑っちゃいます(笑)。なんで鯖なの!? みたいな(笑)。

-リスペクトしているアイドルさんやバンドさんはいらっしゃいますか?

亡:私の場合、今はもういないですけど、プティパ -petit pas!-ですね。今も昔も変わらず尊敬しています。ヴィジュアル系だとアンティック-珈琲店-です。初めて聴いたヴィジュアル系アーティストだったので、今でも思い出深いです。

葵威:私のヴィジュアル系の原点もアンティック-珈琲店-でした。あとは、SuGの武瑠(Vo)さんがバンドやデザインなど、幅広い活動をされていてすごいなと感じています。私たちと同じアイドルだと、椎名ぴかりんさんのデス・ヴォイスは本当に憧れますね。自分の世界観を持って、やりたいことをやれているのは素晴らしいと思います。

殺:ゴールデンボンバーの何するかわからない爆発力は面白いと思いますし、私たちも何かそういったことができれば、と思います。アイドルさんだと、椎名ぴかりんさんやゆるめるモ!のしふぉんさんのような、アグレッシヴなパフォーマンスをする方が好きで、見習わなくちゃなぁと常日頃感じています。

-名古屋、大阪での入場無料ツアー"サーヴァント増大計画 名阪ツアー"を終えられましたが、手応えはいかがでしたか?

葵威:思ったより、初めて来てくれた人が多かったですね。対バンのときに気になってたから来たよ! という人もいたし、友達が連れて来てくれてハマった方もいたし、やった意味はめちゃくちゃあったなと感じています。

亡:あとは、Twitterを見て来てくれた人もいたり。YouTubeにアップされている「死死死死死死死死死」のMVを見て、来てくれた人もいましたね。すごい! ネットの力! ありがたや!

-最後に激ロック読者へのメッセージをどうぞ。

亡:私は昔から激ロックのことを知っていて、WEBもフリー・マガジンも読んでいたりしてたので、本当にインタビューしていただいて光栄です! この記事を見て、興味を持っていただけたなら、ぜひライヴにも遊びに来てください!

葵威:この記事を読んで、さらに興味を持った方は、SoundCloudに1stミニ・アルバム(2017年4月リリースの『mistress』)の音源をフルで上げているので、そちらもぜひチェックしてみてください!

殺:最後まで読んでいただき、ありがとうございます!