MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SPLASH

2017.10.11UPDATE

2017年10月号掲載

SPLASH

メンバー:荒金 良介

インタビュアー:KOIKE(Vo) Kenta(Gt) TAKA→C(Ba) Syu(Dr)

-では、今作の新しい試みというと?

KOIKE:日本語の割合がかなり増えたんですよ。最後の曲「It's My Life」はオール日本語詞で......。

-これは結成当初にあった曲ですよね?

KOIKE:ふたり(Kenta、Syu)が入る前にあった曲ですね。

Kenta:それこそ対バンで聴いてたころの曲だから。

KOIKE:デビュー時はスカ・パンクと打ち出していたから、この曲はほんとに大事なときにしかやってなくて。でも僕の根底にあるテーマがこの曲には詰まってるんですよ。20歳のころに作った曲だけど、人間としても成長したし、日本語でメッセージを伝えたいという気持ちが強くなったから、今なら歌えるかなと。「B.M.A」も日本語が多いので、それは大きな変化ですね。

-メッセージを届けたいという今の心境と「It's My Life」がマッチしたと?

KOIKE:そうですね。自分の中で納得したうえで日本語をやりたかったんです。日本語の方が売れる、受け入れやすいという気持ちでやるのは嫌だったんですよ。自然と日本語で歌いたいという気持ちになれたことが大きいですね。

-「It's My Life」は歌詞も曲調もどストレートですよね。

KOIKE:歌詞も若いなぁと思うけど、同じテーマで今書いたら屈折すると思ったから、逆にこれでいいのかなと。

-今作で日本語が増えたことにより、歌詞の内容も変わりました?

KOIKE:応援歌みたいな曲が多い気がします。歌詞を書いてても、そっちに寄ったなと。

-なぜそうなったんでしょうか?

KOIKE:「MAKE YOUR」の歌詞に書いてるように、"Everything is all right"なんて、うざったく感じるときもあるだろうけど、僕はそれを軸に生きてるんですよ。元気出せよ、大丈夫! って。根底にそれがないと、うまくいかないと思うから。ひとつの出来事をネガティヴにとらえるか、ポジティヴにとらえるかで、自分の行き先が変わるじゃないですか。自分はポジティヴなものを発信していきたくて。自分も仕事を辞めたいと思ったときもあったけど、大丈夫! と信じたから、全部うまくいってる気がするんですよ。だから、あなたの人生はあなたの心次第だよ! と言いたくて。自分のとらえ方次第で、未来は明るくなると思うから。

-闇雲に"頑張れ!"と言うのではなく、経験を踏まえた歌詞になっているので、リアリティがあります。

KOIKE:SHACHIの新作を聴いたときもすごく刺さったんですよね。TAKE(Gt/Vo)さんからも"日本語で歌えよ"とアドバイスされて、素直に伝えることが大事なんだなと。

-今作リリース後は、全国ツアーも予定されているんですよね?

KOIKE:はい、20ヶ所ぐらいですかね。今回はめちゃくちゃ自信があるしいい作品に仕上がったと思うので、SPLASHを知らない人でも、ライヴに来てもらえれば楽しさを体感できるんじゃないかと思います。俺もみんなと超楽しみたいですね。

TAKA→C:スカ・パンクの良さって、無条件に心が踊る、体が揺れるというところに行き着くと思うけど、それプラス、伝えたいメッセージも詰め込まれているので、ライヴ後に明日また頑張ろう! と思ってもらえたらいいなと思います。自分も毎朝、今作を聴いているんですけど、ただ楽しいだけじゃなく、楽しさの向こう側にいけたらいいなと(笑)。

Kenta:僕も今作はグッとくるアルバムになったなと思います。楽しいライヴが想像できるけど、どこか心の琴線に触れるところもあるから、この曲たちがライヴでどうなるのかなって、自分でも楽しみですね。

Syu:ツアーではお客さんと喜怒哀楽を共感したいです。自分たちの音楽を楽しんでくれる人たちの輪が広がればいいですね。