MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

REVOCATION

2014.10.18UPDATE

2014年10月号掲載

REVOCATION

メンバー:David Davidson (Gt/Vo)

インタビュアー:米沢 彰

-REVOCATIONが属するジャンルを考えた際に、スラッシュ・メタル、デス・メタル、デスコア、ハード・ロックと多くの要素がどれも色濃く複雑に絡み合っており、とても分類が難しいのですが、ご自身では自らのジャンルをどのように捉えていますか?

俺たちの中核にはデス・スラッシュがあると思うけど、それだけじゃ言い表せないから、ヘヴィ・ファッキン・メタルでどうかな(笑)?

-各メンバーの影響を受けたアーティストやバンドを教えていただけますでしょうか?

バンでジャムするときは同じような音楽でやっているからみんな同じような音楽に影響を受けているけど、全員一致しているのはPANTERAだな。

-曲の展開が多彩で、かなり作りこまれている印象ですが、作曲はどなたが主に担当されているのですか?

Dan Gargiulo (Gt)と俺だね。

-曲が完成するまでのプロセスを教えていただけますか?

俺たちはいつも同じようなプロセスで曲作りを始めているんだ。コンピューターの中にすべてのリフを入れて、アルバムを作り始めるときにすべてのリフを聴いて、ヴァイヴを感じ取る。それがイントロに向いているのか、ヴァースに向いているかとか。おおまかな構成ができると、今度はそれを練習スペースに持っていって、フィルとジャムをして、100%完成したと思えるまでとことん直していく。Dan(Vo)も曲作りをしているけど、彼も同じプロセスでやってるんだ。

-コーラスが印象的ですごく耳に残るのですが、ヴォーカル・ライン、コーラス・ラインはどのようにして作っているのでしょうか?

頭の中でリフを何度も浮かべてそれに合うヴォーカル・ラインを考えるんだ。運転しているときとかシャワー中にカッコいいメロディが浮かんだりもするね。曲作りをしているときはいつも完成するまでそれについて考えていて、創造と修正のくり返しから最終的にヴォーカル・パターンやメロディを生み出しているよ。

-2010年にBEHEMOTH、JOB FOR A COWBOYと共にExtreme The Dojo Vol.23で初来日を果たしましたがそのときのことは覚えていますか?

もちろん。今までの中で1番好きなツアーだったんだ! 日本の文化に触れられたのは最高の経験だったしファンがみんな素晴らしかったよ!

-初来日の思い出などありましたら教えてください。

東京公演でセットの終わりの方でステージからダイブしたこと。自分たちが世界の反対側にいたこともそうだけど、自分たちの音楽にみんながハメを外しているのを見るのは最高の気分だった。

-BEHEMOTHら以外で最近共演したアーティストや出演したフェスを教えていただけますか?

今現在、CROWBARとツアーをしていて、この後ヨーロッパではCANNIBAL CORPSEともツアーをするんだ。今までとは違った組み合わせだね。

-ツアーやフェスなどで共演して特に影響を受けたアーティストがいたら教えてください。

俺が1番気に入っているバンドの1つ、カナダのMARTYRとプレイしたことがあるんだけど、彼らのライヴ演奏があまりにもタイトで、ぶったまげたのを覚えているよ。

-最後に日本のファンへのメッセージをお願いいたします。

みんなに会いたい! できるならまたすぐに日本に戻ってみんなと大騒ぎしたいよ!