MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AEON

2013.06.18UPDATE

2013年06月号掲載

AEON

メンバー:Tommy Dahlstrom (Vo)

インタビュアー:藤崎 実

-前作『Path Of Fire』から約2年振りにリリースされたニュー・アルバム『Aeons Black』。とても高いクオリティを誇る本作を改めて振り返ってみてどう感じていますか?

俺自身の『Aeons Black』に対する評価は非常に高いんだよね。プロダクションに関しては間違いなく正しい方向に進んでいると感じるしね。過去の作品と比べてサウンドの質は格段に上がってる。これについては今後更に高めるべくRonnie Bjornstromと一緒に方法を探っていこうと思ってる。

-今回のアルバムを作り始めた時、具体的な方向性は決めていましたか?

今回特別に決めたことはないよ。俺に関して言うともう何年も同じ主題で曲を書いてきたけど、大事だと思うのは最初に曲を聴いたときに、その曲が何についてなのかがすぐわかるようにすることなんだ。人にストーリーを語るように書いて、そしてそれを歌うんだ。

-初期メンバーでもあるArttu Mallki(Dr)はどういった経緯でレコーディングに参加したのでしょうか?

Arttuは今までずっといろんな形で俺たちと関わり続けてきたんだよね。だから俺たちは常に彼のことを6人目のメンバーだと言っていたんだ。だからNilsが脱退した時もArttuが“代わりに叩こうか?”って言ってそれで決まったんだ。

-Arttu Mallkiのドラミングは現在のAEONの楽曲に完全にマッチしていると感じました。

Arttuはハード・ヒッターのドラマーなんだよね。俺たちは今回のアルバムを全開よりももっとヘヴィにしたいと思っていたから、彼は正に今回のアルバムにマッチしていたと思うよ。でもArttuは、彼女がつい最近双子が生まれた関係で、家族のことに集中したいってことでまたバンドを脱退したんだ。新しいドラマーはEmil Wikstenって言うんだけど、彼も素晴らしいドラマーなんだ。日本公演でその素晴らしいパフォーマンスを聴いてもらえると思うよ。

-ニュー・アルバム『Aeons Black』のコンセプトについてお話いただけますか?

このアルバムは前回のアルバムと同じように“憎悪”に関するものなんだ。純粋で極上の感覚の憎悪がコンセプトだよ。

-美しいアートワークは何を象徴しているのでしょうか?

俺たちはKristian Wahlinにカバー・アートを描いてもらいたかったんだけど、お願いした時点で納品までに時間が短すぎたのと、既に彼がたくさん仕事を受けていたんだ。でも彼がストックとして持っていた絵で俺たちのコンセプトに凄く合う絵があったからそれを買ったんだよ。Kristianは素晴らしいアーティストだし、また彼の作品をアートワークで使いたいと思ってる。

-曲作りでチャレンジしたことはありますか?

ただ座って曲を書く、それだけだよ。気に入れば取っておいて、気に入らなければ消す。この繰り返しなんだよね。

-スタイルがスイッチするヴォーカル・スタイルや、ブラスト・ビートによる疾走感とミドル・テンポの重量感。静と動の巧みな使い分けは計算されたものでしょうか?

俺たちが決めていることっていうのは、グルーヴのあるデス・メタル・アルバムを作るってことなんだ。それ以外はその時のフィーリングなんだけど、今回の『Aeons Black』に関しては色んなことが良い方に作用して結果として満足できるアルバムができたという感じなんだ。

-ピアノがフィーチャーされている「The Voice Of The Accuser」を始め、インストゥルメンタル曲が良いアクセントになっていると感じます。この楽曲が意味することとは?

俺はインストが醸し出す雰囲気が凄く好きなんだ。例えばTrack.3「The Voice Of The Accuser」を聴くとダークで邪悪なことを連想して表現しがたい感情が生まれるんだ。だから皆にもそんな風に感じてほしいんだよね。音楽から雰囲気を感じ取ってそれを頭の中で映像化したりしてほしいと思う。そういう狙いがあるんだ。

-日本盤ボーナス・トラックについて教えていただけますか?

この曲は1999年にArttuがドラムで録った曲なんだ。彼は2001年に一度バンドを辞めて2010年後半に戻ったからね。音源はスウェーデンの“HOUSE OF METAL”っていうフェストで録ったもので、これがArttuにとってAEONでの最初のショーだったんだよ。そういう記念の意味もあってボーナス・トラックにちょうどいいかなと思ったんだ。スタジオ・バージョンは1999年に発売された『Dark Order』っていうEPに収録されているんだ。