MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

OVERKILL

2012.03.13UPDATE

2012年03月号掲載

OVERKILL

メンバー:Bobby "Blitz" Ellsworth(Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-はじめまして。初めてのインタビューとなりますがよろしくお願いいたします。『The Electric Age』完成おめでとうございます!完成された今の気持ちを教えてください。

いやぁ、良い作品が出来てとても満足しているよ。俺が目指していたものが形になった感じなんだ。俺はBLACK SABBATHやALICE COOPER、LED ZEPPELINが大好きだったけど、彼らのどれかの曲が好きでバンドが好きになったというよりは、とにかくアルバムが好きだった。そんな感じのアルバムが作れたらと思って目指していたけど、かなり達成できたと思う。

-楽曲制作に入ったのはいつ頃からでしょうか?また、完成までにどのくらいの時間がかかりましたか?

どのくらいからかな…取り掛かったのはレコーディングの9ヶ月前くらいかな。継続して根詰めて作ったというよりは、空き時間に作ったりしていたものを最後にまとめた感じだね。

-今作も一点の曇りもない純粋なメタル・アルバムですね。今作を制作する上でテーマやコンセプトがありましたら教えてください。

そうだね。俺たちも純粋なメタル・アルバムを作ろうとしたんだ。いつも事前に決めているテーマやコンセプトはないんだけど、サウンド面でも歌詞の面でも作っているうちにテーマが生まれてくる。自分たちがテーマを決めてアルバムを作るのではなく、アルバムがテーマを作るんだな。

-長めのイントロから楽器隊が一丸となって襲ってくる「Come And Get It」を聴いてこの作品は傑作だと確信しました。あなたがた自身今作の完成度には十分満足しているのではないでしょうか?

そうなんだ。今回は特に冒頭の「Come And Get It」から2曲目の「Electric Rattlesnake」そこから続いてずっと最後まで良い流れを作りたかった。それが実現できて満足しているよ。

-またどういった点を意識して曲作りをされましたか?

曲によって力を入れた点は違うね。ヴォーカルを押し出したい曲、全体の雰囲気を押し出したい曲、強いて言えばそういったバリエーションを持たせることかな。

-今作のプロデューサーはどなたが担当しているのでしょうか?

プロデュースはOVERKILL、俺たち自身だよ。

-この『The Electric Age』というアルバム・タイトルに込められた意味を教えてください。

電気によって動いている現代社会を表す言葉なんだけど、それとは別にエレクトリックな音楽の時代とか、刺激的な時代とか、色んな風に取れるね。

-あなたがたはベテラン・スラッシャーの域に達していますが、サウンドはいつまで経っても非常にスリリングで若々しいですね。なにか秘訣はありますか?

俺たちは常に今を大事にしてるんだ。昔の価値でなく、今の価値で考える。もちろんルーツ、そして自分たちらしさを忘れずにね。そしてその上で新しいものを作り続ける精神を持つことが重要だと思ってる。

-前作からヨーロッパではNUCLEAR BLASTに移籍しましたが、レーベル・サポートは満足のいくものでしょうか?

NUCLEAR BLASTの凄いところは、スタッフ全員がメタル・ファンってことなんだ。オフィスに行くとみんな黒いTシャツを着てるからね(笑)。彼ら自身がメタル・ファンだからどうするべきか知っている。俺たちバンドと同じ方を見ているんだ。だから凄く満足しているし、彼らとは良い関係だよ。

-27年に渡って大きい活動休止や解散も無く16作のフル・アルバムをリリースしてきましたが、今振り返って最も気に入っている作品を教えてください。

難しい質問だな。全て自分たちの子供みたいなもんだから“誰が一番カワイイか”って聞かれると困っちゃうよ。『Ironbound』ではツアー含めてかなり成功したね。THRASH DOMINATIONで日本にも行けたし。でも初期の『Horrorscope』とか1stアルバムの『Feel the Fire』なんかも凄く気に入ってて。やっぱり難しいよ(笑)!

-一番後悔している作品はどれでしょう(笑)?

そうだなぁ。1988年の『Under The Influence』かな。曲はまあまあ良かったと思うんだけど、サウンド・プロダクションが思うようにいかなくてね。あとは『I Hear Black』だな。これは曲作りの時間が物凄く短くて、もっと時間があったら曲を練れたのになと思う。最近のだと『ReliXIV』かな。これもサウンド・プロダクションの点だね。結構あるな(笑)。でもこういう間違いも価値があるんだ。良いアルバムを作るためには“やるべきこと”と別に”やってはいけないこと”があって、それを知ろうと思ったら色々やってみないといけないんだよね。