MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FEAR FROM THE HATE

2011.08.10UPDATE

2011年08月号掲載

FEAR FROM THE HATE

メンバー:Lidy(Vo)  Kouichi(Gt&Prog)

インタビュアー:MAY-E

-ニュー・アルバム『Birthday of 12 Questions』の完成おめでとうございます。「Flight To Memories」のようなヘヴィ・チューンもありますけど、1st EP『Cursed Screamers For All The Frozen Tears』と比べるとメタル感が減ってよりポップになったなぁという印象も受けました。具体的にどんなサウンドを目指して制作したのでしょうか?

Lidy(以下L):僕らはもともとジャンルレスではあるんですけど、可能性を広げたサウンドを目指しました。色々なアプローチのあるサウンドをやってみたかったんですよ。メタルコアやスクリーモの出身だとも言われているんですけど、そこから可能性を広げたいなと思って。聴きやすいとかキャッチーであるのは前提に、ハードコア要素も取り入れつつも、更に広げられないかと考えて追及しながら作ったアルバムです。

Kouichi(以下K):あとは、アルバムを通して飽きさせないとか、バラエティに富んだアルバムにしたいという点を意識しました。

-確かにバラエティ豊かなアルバムですよね。音楽シーン全体はヘヴィ化する傾向にある中、今作『Birthday of 12 Questions』にはポップであることへの潔さみたいなものさえ感じるんですが、制作にあたり心境の変化はありました?

K:1st EPの頃は海外の音楽を取り込んで、それをアウトプットしていた訳ですけど、今作ではもっと様々な要素を取り入れました。スクリーモやメタルコアらしさというのは、以前ほど意識してはいなかったです。もっと自分たちらしさに拘って、オリジナリティに重点を置いて曲を作りました。

L:僕らは、幅広い意味でのロック・バンドでありたいんですよ。表面的なイメージはぜんぜん気にはしていないんですけどね。次回作の曲作りもすでに始めているんですけど、それらは更に色んな要素を取り込んでいます。

K:そうやって段階を経て、どんどんロック・バンドへと近づいていきたいですね。

-では今“スクリーモ・バンド”としてカテゴライズされることに抵抗はありますか?

L:それはそれで良いと思います。だけど、それが全てじゃないっていうのは強調したいですね。

-3月に東北地方太平洋沖地震がありましたよね。それがバンドの考えやアルバムのテーマに影響を与えることはありましたか?

K:そうですね。曲自体は3月までに全て出来上がっていたんですけど……

L:一曲まるまる歌詞を変えた曲があります。

-それはどの曲でしょうか?

L:「Flight To Memories」です。僕ら、『A Wish To End The Tragedy』っていう東北地方太平洋沖地震救援コンピレーションCDを制作したんですけど、そこにどうしても新曲を入れたいという思いがあって、「Flight To Memories」を候補にしていたんです。その時点で歌詞はもう出来上がっていたんですけど、せっかくならもっと深く伝わるような歌詞に変えて、僕らなりに被災者の方へメッセージを伝えられたらいいなと思って。日本語詞も取り入れて歌詞を書き直しました。

-なるほど。「Last Kiss Diary」なんかも日本語詞で歌っていますよね。

L:そうですね。この曲はもともと日本語だったんですよ。曲の土台はKouichiが持ってくるんですけど、歌詞を入れる前にその曲のコンセプトだったり、どういう事を伝えたい曲なのかを、まずKouichiに聞くんです。例えば“別れ”だったり“愛”だったり“憎しみ”だったり。もちろん曲を聞いて僕自身も考えるんですけど、原案者としての考えを、まず確認していますね。

-曲を作るKouichiさんと歌詞を書くLidyさんでコンセプトを共有している訳ですね。

L:はい。なので、歌詞は後から入れることが多いんですけど、Kouichiが作ったサウンドの土台を元に皆でアレンジを加えて膨らませていく、という感じです。

-「Hallo New World」なんかも面白いテイストの曲ですよね。シンセ・ポップとスクリーモがミックスしていて。メロディ・ラインも、いわゆるスクリーモのバンドにはなかなか書けないものだと思いますし。

L:メロディは僕が担当しているんですけど、洋楽っぽいメロディを意識したことは今まで一度もないんですよ。これはファーストEPにも言えることなんですけど。僕らの曲を聞く人は、やっぱり日本人が多いので、耳に残るメロディだったりクセがあるメロディだったり、洋楽寄りなサウンドであってもメロディは日本風のアプローチだったり、そういう点を重視しています。