MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TERROR

2010.09.08UPDATE

2010年09月号掲載

TERROR

メンバー:Scott Vogel (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-激ロック(https://gekirock.com)と言います。 インタビューよろしくお願いいたします。
去年の新しいラインナップでWIND OF PLAGUEとジャパン・ツアー行いましたが、いかがでしたか?

素晴らしかったよ。楽しかった。みんな良いヤツらだよ。俺たちは日本でプレイするのが大好きなんだよね。

-日本のバンドで印象に残ったバンドはいますか?

LOYAL TO THE GRAVE、DOGGY HOOD$、CRYSTAL LAKE、それからAGGRESSIVE DOGSとか大好きだね。みんなカッコいいバンドだよ。

-日本には4回来日していますが印象に残った出来事はありますか?

最初に行った時は凄く特別だった。新鮮だったし、全く新しい世界だったね。空気は綺麗だし、人はみんな落ち着いてて、TERRORに対して敬意を払ってくれたんだ。

-『Keepers Of The Faith』というアルバム・タイトルですが、意味深なタイトルですね。このタイトルをつけた理由を教えてください。

これは自分自身、それから自分が築き上げてきた人生、選択してきたことを信じよう、という意味なんだ。ハードコア・シーンは俺をずっと導いてくれた。ハードコアが俺の人生の道を作ってくれたんだ。俺は仲間に入れてくれたハードコアを愛している。そしてRaybeez (NYHCバンド、WARZONEヴォーカル) と、俺にこの道を与えてくれた全ての人に感謝したい。

-Zeussが続いてプロデュースしていましたが、今作ではなんとNEW FOUND GLORYのChadがプロデュースしていますね?彼がプロデュースすることになった経緯を教えてください。

もちろんZeussのことは大好きなんだけど、今回は少し違ったことをしてみたかったんだ。Chadは俺たちの友人で、今回の新しいプロジェクトの助けになると確信してた。結果的に色んな意味で素晴らしい協力体制が作れたよ。

-またZeussはこの手のハードコア・サウンドを扱わせたら右に出るものがいないというほどのプロデューサーですよね。彼から他のプロデューサーにスィッチさせることに不安は感じませんでしたか?

そんなことないよ。素晴らしいチームを作り上げることができたからね。

-あなたがたはメンバー・チェンジが結構多いバンドですが、いつもどのような問題があってメンバー・チェンジが行われるのでしょうか。

俺たちは年間300日もツアーに費やすんだから無理もないんじゃないかな。でもバンドをはじめてから9年になるけど、ずっとこのやり方を気に入ってやってきてる。実際メンバーが変わってしまうことはある。でも、その度に俺たちはバンドとして成長してきたんだ。

-今現在、ハードコア・シーンは多様なジャンルと異種交配が盛んだと感じています。しかしあなたがたは非常にハードコア・ミュージックに対してストイックなイメージを感じます。生粋のハードコア・サウンドを守ろうという意識はありますか?

そうだね。俺たちは常に前に進んでいたいし、今を生きていたい。でも自分たちのルーツや基礎も大事にしたいんだ。それはとても重要なことだと思うし、もしこのシーンに居る人なら、これが何を意味するのか知っているべきだと思ってる。

-あなた方のサウンドは良い意味で、難解ではなく単純明快ですよね。 頭で考えるというより、直接体で感じることが出来るサウンドだと感じました。これはあなたがたの意図するところですか?

俺たちはイン・ユア・フェイスでアグレッシヴなハードコア・バンドだ。そしてそれが正に俺たちが望んでいる姿だよ。

-今現在のハードコア・シーンについての思うことを教えてください。

シーンは活発だよ。BACKTRACK、TRAPPED UNDER ICE、DEATH BEFORE DISHONOR、DEAD END PATH、TITLE FIGHT、DOWN TO NOTHINGとかさ。凄く良い感じだね。

-あなたがたが今一番気に入っている日本に紹介したい若手のハードコア・バンドを教えてください。

BITTER ENDだな。

-2000年から2010年までの間で自分達の作品以外で、一番素晴らしいと感じるアルバムを教えてください。

NO WARNINGの『Ill Blood』、HATEBREEDのアルバム全部、TRAPPED UNDER ICEのアルバムだな。