MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ALL NIGHT DYNAMITE

2010.04.08UPDATE

2010年04月号掲載

ALL NIGHT DYNAMITE

メンバー:Denny Dynamite(Vo&Gt) Joey Dynamite(Dr&Vo&Key)

インタビュアー:MAY-E

-エレクトロ・ロックのみならず、アコースティックギターを用いたバラード曲「Nothing At All」「Sirius」などの楽曲まで収録されている点にも、あなた方の懐の広さを感じます。アルバム前半の楽曲と並行して作られた楽曲ですか?

D:僕らには、アコースティックギターを自分たちの音楽に取り込むというミッションがあったんだ。ほとんどの曲はアコースティックギターで作られているからね。もしその曲が100%エレクトロ•ダンスの曲であっても、最初はアコースティックギターで作曲されているんだよ。僕らは、そのことがANDの音をどこへ持っていくのかはっきりしない境界線をキープするのに役立っていると思っているよ。「Nothing At All」という曲は、ALL NIGHT DYNAMITEを始める前に出来たんだ。そして「Sirius」は、「Stay Up All Night」と「Celebrity」の曲のアイディアが浮かんだ時と同じ時期に出来た曲だよ。アルバム内の他の曲は、どれもリリースより6ヶ月前以内に書かれた曲なんだ。レコーディングした時、いくつかの曲はもっとロックでアコースティックなヴァイブがあるべきだと思っていたからね。「Sirius」にはエレクトロ•ポップ・バージョンもあるんだけど、それは日本のiTunes Storeでリリースされるよ。この小さな宝石をぜひチェックしてね!

-WATCHOUT! THERES GHOSTSやBREATHE CAROLINAなど二人組のダンスロックユニットが何組かおりますが、彼らの出現は ユニットとしての可能性を見出すきっかけとなりましたか?

D:以前から、2人の男性グループってうまくいかないだろうなぁと思っていたよ。僕らは、WATCHOUT! THERES GHOSTSやBREATHE CAROLINAというバンドが出て来る前から二人でやろうっていうアイディアがあったんだ。僕らは、ただ自分たちの音楽を人に届けたいと思っていて、ライヴでどうやって演奏しようとか、それ以上はあまり考えていなかった。ただ曲を書いて、レコーディングして、MySpaceにアップしただけなんだよ。今はライヴもやっているし、全てがパーフェクトに動いているけどね!

-バンド名の名付け親がCASH CASHのJean Paul Makhloufであるなど、CASH CASHとあなた方は深い縁がありますね。あなた方にとってCASH CASHはどういう存在ですか?

D:Jean Paulとは、音楽の面でもそれ以外の面でも僕のベスト・フレンドなんだ。CASH CASHのメンバー全員は、僕たちにとっては家族みたいなものだね。僕らは一緒に同じ旅をしていて、お互いにこの世界で成功したいと思っている。彼らは本当に才能があるし、何か大きなことをやる人達だよ!

-二人の将来の目標を教えてください。

J:僕らの将来の目標は、日本でツアーをすることさ!!!ものすごく日本に行きたいと思っているし、僕たちの新しい友達全員とパーティーをしたいと思ってるよ!

-インタビューありがとうございました。

D&J:こちらこそ、インタビューありがとう!;-)