MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

EARLYTOBED

2010.01.13UPDATE

2010年01月号掲載

EARLYTOBED

メンバー:Dallen(Dr) Marcus(Gt) Ole(Vo) Jonas(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-2005年の夏に結成されたとのことですが、結成から今に至るまでにメンバー・チェンジはありましたか?

Dallen(以下D):このバンドを始めてからベースは3人変わってるよ。

Marcus(以下M):新しいベースが入る度に新しい風が入ってバンドが成長していったんだよね。

Ole(以下O):今のラインナップでずっと行きたいと思ってる。凄く気に入ってるんだ。

-結成前にはみなさんは他のバンドで活動していたのでしょうか?

O:そうだね。俺たちみんなそれぞれETBの前に別のバンドに所属していたよ。

D:俺たちは随分昔から、それぞれ別の集団に居たものの、一緒に音楽をやって来た仲なんだ。EARLYTOBED はみんなで作ったプロジェクトって感じだったんだよね。このバンドは、俺たちメンバー全員がホントにやりたかったバンドなんだ。

-スウェーデンの新聞紙、アフトンブラデットにスウェーデンの大手レコード会社13社が「2009年、最もホットなバンド/アーティスト」の投票を行った結果、EARLYTOBED が6位を獲得したとのことですが、まだアルバムもリリースしていない状況でのこの結果は素晴らしいのではないでしょうか?あなたがたはこの結果に満足していますか?

M:俺たちみんな大興奮したよ!

D:最高の気分だったし、最初は信じられなかったよ。

M:いまだに信じられないけどね(笑)。

-ファースト・アルバム『The Phantomime』完成おめでとうございます。
フルアルバム制作は初めての経験だったと思いますが、いかがでしたか?

O:何もかもが俺たちにとっては新しいことだったよ。だからそもそも何に期待をしていたらいいのか分からなかったくらいんだ。でも結果的に素晴らしいアルバムが出来てホントにホントにハッピーだよ。ツアーで新曲を披露するのが楽しみで仕方ないね。

-『The Phantomime』というアルバム・タイトルは恐らくPantomime(無言劇, パントマイム)とPhantom(幻影, 幻想)を合わせたあなたがたの造語だと思うのですが、私個人としては、非常に謎めいていてロマンティックな感じがしました。実際にはどのような意味で名づけられたのでしょうか?

O:そうだね。収録されてる多くの曲で“マスクの後ろに隠れた人格”っていうのがテーマになっていて、どんな風に人々は他人を騙すのか、どんな依存が人を変えるのか、ことを語っているんだ。このアルバムのタイトルが、全ての曲の要約になってる。

-Oleにいくつか質問します。
Oleのヴォーカルはアルバム全編で非常に透き通っていて美しいですね。
ヴォーカリストとして拘っている点がありましたら教えてください。

O:ありがとう。ヴォーカルとして拘っている点は、感情や、その歌詞をきちんと表現することなんだ。歌詞がきちんと伝わるような歌じゃなければ、メロディがどんなに良くても意味が無いと思ってる。

-Youtubeに2006年に行ったライヴでSAOSINの「Seven Years」のカヴァーをしている映像を見つけました。ヴォーカルのOleにいたってはSAOSINのT-シャツも着用していましたね。SAOSINの影響を受けているのでしょうか?

O:うん、SAOSINは好きだよ。でも影響を受けたバンドとかではないね。

-また他に影響を受けたヴォーカリストがいましたら教えてください。

O:Robert Plant, Glenn Danzig, Michael Jackson, Freddie Mercury, Bjorkかな。

-ドラムのDallenですが、非常に手数の多い独創的なプレイが非常に印象的です。
ドラムプレイの際に心がけていることを教えてください。

D:ありがとう!!でも実はこれでもあんまり手数を増やさないように心掛けているんだ(笑)。曲、それからメロディに合うようなドラミングというのを最優先に考えているよ。

-Track.4「Phantom Syndrome」はアルバム・タイトルにも“Phantom”という言葉が出てきますね。“Phantom”という言葉がこのアルバムの鍵となっているのでしょうか?

O:その通りだね。

-Track.9「Wanting Out」はエレクトロなフレイヴァーを感じさせるEARLYTOBEDとしては珍しい曲ですね。これはどなたのアイデアですか?

M:Jonasだよ、Jonas!この野郎だ(笑)!

Jonas(以下J):知らないね(笑)!