MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NIGHTRAGE

2009.06.08UPDATE

NIGHTRAGE

メンバー:Marios Iliopoulos(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

―NIGHTRAGEのサウンドにもっとも無くてはならないものはなんでしょうか?

金や名声のようなくだらないことを考えずに、心から自然に出てくる音楽を演奏し、妥協せず、できる限りいい曲を作ることだね。

―MariosとOlofのギター・パートの分担はどうなっているのですか?

Olofとは一緒に演奏するようになって3年が経つんだけど、本当に相性がいいんだ。彼はバンドの音楽を本当に愛しているし、最高のフレーズを思いつく。彼とスタジオで作曲するのは本当に楽しいよ。ただ座って、3、,4時間もすると新曲が出来るんだ(笑)。彼はキューベース(注:音楽制作ソフト)やドラムのプログラミングの知識もすごいし、全てはホントにスムーズに進むんだ。尊敬できる人物と仕事が出来ることが俺もうれしいし、彼はバンドの音楽を愛している。曲を聴けば、俺達が最高のギター・チームとして一緒に作曲するのを楽しんだのが分かると思うよ。

―あなたはギリシャに今でも住んでいるのですか?もしギリシャに住んでいるならばライヴなどの際に不便を感じることはないですか?イギリスやドイツなどに拠点を移すことは考えていませんか?

もう8年半もスウェーデンに住んでいるんだ。2000年の12月28日にギリシャを後にしたのは、オレにとって大きな人生の決断だった。俺はツアーに出てるのが大好きで、家で座ってると惨めな気分だよ(笑)。ファンとバンドのメンバーと音楽を楽しんでるのがオレにとって一番好きな時間だから、いつもツアーに出ていたいんだよ。

―また他のメンバーは近くに住んでいるのですか?

ああ、OlofとAndersはイエテボリに住んでるからそんなに遠くないね。Antonyはアリゾナだからかなり遠い。Joは今ベルギーに住んでるけど近々スペインに引っ越すんだ。俺達は多国籍バンドだけど、インターネットのおかげで何とかやっていけてるよ。

―アルバム・ジャケットには背中に骸骨を背負っている悪魔のような生物がいますが、これはなにをイメージしたものなのでしょうか?

このジャケットは非常に象徴的で、善人であるために磔にされた人々を象徴している。俺達の歌詞はとても個人的なものだ。俺達は人間の精神の中のダークな要素を探求して作詞を行っていて、その背景には真実が込められている。良いことを行い、善人であることは、時には全ての責任を取らされることにもつながる。俺が書く詞は俺自身の体験してきたことに影響を受けている。表現するのが難しいことを伝えようと努めているんだ。

―METALLICAの「Holier Than Thou」をカヴァーしていますがこの曲をセレクトした理由を教えてください。NIGHTRAGE的にはMETALLICAですと『Ride the Lightning』や『Master of Puppets』から選んできそうな感じがしたのですが?

俺達はMETALLICAファンなんだ。それで、あまり沢山のバンドがカヴァーしていない曲を選んで、NIGHTRAGE流のひねりを入れたかった。個人的には彼らの最初の5枚のアルバムが好きだ。この5枚は最高だと思う。

―KERRANG!MAGAZINEに以前付録で付いていたシーンで活躍する様々なバンドがMETALLICAのトリビュートをしているサンプラーは聴いたことはありますか?またMETALLICAのカヴァーをしていてかっこいいと思ったバンドはありますか?

残念ながら聴いたことはないけど、君にこのことを聞いたからには聴いてみないとな。

―MySpaceを見させていただきましたが、ライヴ・スケジュールが掲載されていなかったのですが、リリース後の予定はいかがなっていますか?

あちこちでライヴをやる予定をたてて、スケジュールも調整している。出来るだけ多くのライヴをやって新曲をプレイしたいからね。新曲はそのために作ったんだから!ツアーやライヴの情報はもうすぐ発表する予定だよ。

―最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

クレイジーな全ての日本のファンに万歳!!ニュー・アルバムを是非買ってくれ。絶対に後悔しないよ。そして日本でライヴをやってみんなに会うのを楽しみにしているよ。