MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

MYKA RELOCATE

2016.02.19UPDATE

2016年02月号掲載

若手ポスト・ハードコア要注目株。モダンなセンスに裏打ちされたソングライティング、突出したメロディの良さで魅せる充実の2ndアルバム!!

ライター:井上 光一

近年のポスト・ハードコア・シーンにおいて、最も注目されている若手バンドのひとつ、と言っても過言ではあるまい。今年6月には"SCREAM OUT FEST 2016"への出演という形で初来日も決定済みの、テキサスはヒューストン出身の6人組による通算2枚目のフル・アルバムである。プロデューサーには、若手スクリーモ~ポスト・ハードコア勢を多数手掛けているErik Ronと、いわゆる"Rise系"バンド御用達のJoey Sturgisというふたりを起用し、鉄壁の体制で臨んだ最新作となる。
 
前作『Lies To Light The Way』(2013年リリースの1stアルバム)からほぼきっかり2年振りとなる本作(※2015年10月海外リリース)でも、グロウル担当とクリーン・パート担当、というツイン・ヴォーカルの掛け合いを軸としたバンド・アンサンブルで、あくまでメロディありきという基本的スタイルは前作を踏襲している印象である。エレクトロ風の装飾音にしても、ダウン・チューニングから繰り出されるブレイクダウンにしても、方法論としてはまったく目新しいものではなく、並のバンドであれば、とっくに飽和状態と化したシーンの中で、埋没していったであろうことは想像に難くない。
 
それでは、MYKA RELOCATEは他のバンドと比べて何が違うのか。彼らの強みは、同世代且つ同系統のバンドと比べても頭ひとつ抜けているメロディの良さと、自分たちのサウンドを構築していくうえで必要な要素に対するフラットな視点――そのいかにも現代的なセンス、及びバランス感覚に長けている点である。様々な要素をうまく取り入れつつも、基本となるのは楽曲それぞれの質の高さだ。それ故に、アルバム全体を通して、一貫性を感じ取ることができるし、無理に特異なオリジナリティを出そうとしていないところは、優等生すぎるきらいもあるが、むしろ好感が持てる。もちろん、若者らしい好奇心溢れる音楽的野心がそこかしこに見受けられ、Track.1 「Hide The Truth」でこの手の楽曲の王道とも言えるサウンドを展開しつつ、Track.2 「Bring You Home」では、随所にここ数年のトレンドとも言える2000年代初頭のラウドロック~モダン・ヘヴィネスを彷彿させる、もっと言えばLINKIN PARKあたりからヒントを得たようなギター・リフを盛り込んでいるのが印象的である。Track.5 「Nerve」のヴァース部分においても、Track.9「Eyes Wide Shut」のイントロにおいても、そのような影響が顕著に表れているし、OF MICE & MENのようなバンドとも共振するサウンド・アレンジ、メタルコア的なグロウルとは違うシャウト気味のメロディ・ラインの導入は、恐らく意識的なものであろう。ツイン・ヴォーカルという体制でありながらも、グロウルなしの全編クリーンで歌われるTrack.4 「Only Steps Away」などは、彼らの柔軟な姿勢を如実に伝えるものだ。楽曲自体も白眉の出来栄えで、2010年代以降のバンドらしい、現代R&Bなどからの影響を昇華した歌い回し、美麗なメロディは、現SLAVESのJonny Craig(Vo)やISSUESのTyler Carter(Vo)といったメンツを比較対象に挙げたくなるほど。その確かな説得力、ポピュラリティの高さは特筆すべき点であろう。
 
先述した通り、彼らの最大の武器であるメロディの良さは、全楽曲に共通しているものであり、どのようなサウンド・アレンジを施そうとも、そのクオリティが損なわれることはない。難を言えば、アクのなさ、毒気のなさは否めないし、そこが物足りない、食い足りないと感じる向きもあるだろう。とはいえ繰り返しになるが、楽曲の完成度の高さは疑いようがないレベルに達しているし、この手の音はすっかり食傷気味、などと嘯いているリスナーにこそ、ぜひ耳を傾けてもらいたい作品だ。

 

MYKA RELOCATE
2ndアルバム
『The Young Souls』

2016.03.16 ON SALE!!
TRVE-0119 ¥1,800(税別)
[TRIPLE VISION]
 
amazon | TOWER RECORDS | HMV
 
1. Hide The Truth
2. Bring You Home
3. Damage
4. Only Steps Away
5. Nerve
6. New Again
7. Cold Hearts
8. Rescue Me
9. Eyes Wide Shut
10. The Company You Keep (featuring Christian Koo)
11. Idle Hands
12. The Young Souls

  • 1