MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

"風夏"スペシャル・バンド

2017.02.07UPDATE

2017年02月号掲載

"風夏"スペシャル・バンド

メンバー:SHO(Gt) T$UYO$HI(Ba) 高橋 宏貴(Dr) 伊賀 拓郎(Pf) WEST GROUND

インタビュアー:吉羽 さおり

1月から放送中のTVアニメ"風夏"。このオープニング・テーマ曲が表題となっている沼倉愛美の2ndシングル『Climber's High!』がリリースされた。沼倉は作品中に登場するカリスマ・バンド、HEDGEHOGSのヴォーカル"たま"の声優も担当し、「Climber's High!」とカップリング「星の降る町」は作品の中でも機能する曲となっている。そして、この演奏を担当するのが、編曲も手掛けるギター SHO(MY FIRST STORY)、ベース T$UYO$HI(The BONEZ/Pay money To my Pain)、ドラム 高橋宏貴(ELLEGARDEN/THE PREDATORS)、ジャズ・ピアニスト 伊賀拓郎というスペシャル・バンドだ。今回はプロデューサーであり作曲を手掛けたWEST GROUNDを交え、今作の制作についての話を訊いた。

-みなさんがこうして全員で揃うのは久々ですか。

SHO:そうですね、明けましておめでとうございます。

一同:よろしくお願いします。

WEST GROUND:「Climber's High!」のミュージック・ビデオの撮影以来ですよね。

-今回は"風夏"スペシャル・バンドということで集まっていただきましたが、ロック・ファンにとってみればとても贅沢なメンバーのバンドと言えます。この人選はどのように行われたんですか。

WEST GROUND:僕が仲良くさせていただいている方を集めた感じですね。T$UYO$HIさんは今回が初めてでしたけど、昔から付き合いのある高橋さん経由で紹介してもらって。PTPは伝説的なバンドなので、そのメンバーであるT$UYO$HIさんに入っていただければ嬉しいなと。SHO君とは、これまでも一緒に楽曲制作をすることが多かったので、今回はアレンジをしてもらいつつ、ギターも弾いてもらいました。伊賀君はもともとジャズ・ピアニストですが、"風夏"の劇伴もやっているのでちょうどいいなっていう感じで、"楽しくやろう"をモットーに集まってもらったんです。

-そして、なかなかありえないメンバーのバンドになったと。

WEST GROUND:ありえない(笑)。意外性はあると言われますね。

T$UYO$HI:そうなのかな?

SHO:うん、言われますよね。

WEST GROUND:逆にSHO君の方が、周りの若いバンドとかから言われることが多いだろうね。

SHO:休止中(※SHOは2015年12月以降、MY FIRST STORYでのライヴ活動を休止)に何やってんだと(笑)。でも、別に家でニートしてるわけじゃねぇぞっていう。

-今回、SHOさんは編曲も担当していますね。編曲自体はこれまでも?

SHO:そんなにやっていないんですけど、今回は"風夏"がバンドもののアニメで、ロック系の曲をということで話をいただいたんです。やっていたら意外と面白くて、ノリに乗って。

WEST GROUND:ノリに乗って(笑)。

SHO:熱くなっていました。

-アニメの制作側からの、曲へのオーダーはあったんですか。

WEST GROUND:原作者の瀬尾公治さんとも話をしていて、基本的には"お好きにどうぞ"という感じだったんです。なんとなくイメージみたいなものはありつつ、でもそこにはとらわれずにやってくださいというのがあったので。メロとコード感とリズムだけ組んで、僕からSHO君にも同じように"基本、自由にやってみて"っていう感じでそれを渡してお願いしたんです。アニメに登場するバンドのメンバーにキーボードがいるので、鍵盤は使ってくださいとは言ったんですけど、そのくらいでしたね。

SHO:WEST GROUNDさんは今まで一緒にやることが一番多かった人なんです。その延長と言ったらあれですけど、僕がだいたいどういうことをするかが、わかっているなと思っていたので(笑)。とりあえず自由にやってみて、そこから削ったり足したりの作業をやりとりしていきました。あまり自分とかけ離れすぎても意味がないだろうから、そのへんをいろいろ探りながらでしたね。

WEST GROUND:あまりにアニメに寄りすぎるのもどうかっていうのはあったんですよね。だからバンド感はキープしつつ、折り合いをつけていくという。ピアノのフレーズは、SHO君が持ってきたものを伊賀君に渡して、伊賀君に"なんとなくこんな感じで"っていうのをやってもらったりしました。

SHO:かっこいい、伊賀節が出てますよね。

伊賀:ありがとうございます。

WEST GROUND:レコーディングのときも、ベースやドラムのフレーズを変えたりという調整はしました。