MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

touch my secret

2016.02.18UPDATE

2016年02月号掲載

touch my secret

メンバー:Anne(Vo/Gt) Chloe(Ba/Cho) Louie(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-普段、バンド名の由来はあまり聞かないんですけど、意味ありげな名前だなと思ったもので。どんな意味があるんですか?

Anne:もともと10代後半からずっと音楽活動してきて、この3人が集まって本腰でやろうと思い始めたんです。私はコミュニケーションをとることがあまり得意じゃないので、自分の思いをすべて歌詞や曲にしてしまうんですよ。このバンドの気持ちを知りたければライヴを観に来て、曲を聴いてもらって、秘密の部分に触れに来て欲しいなと。

-Anneさんの性格を踏まえたバンド名なんですね?

Louie:たしかにそれはあるかもしれないですね。

Anne:私、暗いんです。

Chloe:暗い部分もあるけど、メンバーに対しては明るいですからね(笑)。

-なるほど。この3人はどうやって集まったんですか?

Anne:私とLouieは前のバンドでも一緒にやっていたんですけど、ベースが抜けて、そこでChloeを知り合いに紹介してもらって。3人でスタジオで合わせたときにバッチリで、"よし、このメンバーでやろう"と。

-前身バンドのころはどんな音楽性だったんですか?

Anne:う~ん、より洋楽っぽいというか、今の音楽性からポップさを引いた感じですね。ギターがより前に出た感じかな。

-今作『nil』もギターはかなり前に出てますけどね。

Anne:まあ、そうですね(笑)。私とLouieもそうなんですが、父親がミュージシャンで、70~80年代の音楽を小さいころから聴いてきて。ギターを始めた理由もギターがキラキラしていた時代に憧れがあったからなんです。ハード・ロックとかそういう時代の音楽の影響を受けていて、そこに日本語にも合うポップさを交えつつ......だからギター・リフも前面に出そうと。

-バンドで言うと、どのあたりを聴いてました?

Anne:AEROSMITH、KISS、DEEP PURPLE、LED ZEPPELIN、メタルだとPANTERAもコピーしてました。

-PANTERAもですか!

Anne:はい(笑)。最近のガレージ・バンドも好きなんですけどね。

-Louieさんは?

Louie:聴いてるものはほぼ共通しているんですけど、ガレージではTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが好きですね。ハード・ロックがルーツにありながらも、ガレージっぽいドラミングをしてました。

-Chloeさんはこのバンド以前に音楽は?

Chloe:以前はコピーばかりで。私はこの2人と違って、邦楽が好きだったのでONE OK ROCKとかを聴いてました。あと、マキシマム ザ ホルモンもコピーしました。もともと中学のころに吹奏楽部でチューバを吹いてて、そこから低音が好きになって。バンドを始めるときに、やるならベースがいいなと。

-先ほどこの3人でスタジオで合わせたらバッチリと言ってましたが、もう少し具体的に言うと?

Anne:以前は私も男勝りというか、女らしさを捨てて、ガツンとやってたんです。でもChloeが入ってから、イメージがはっきり見えてきたんですよ。女を捨ててやる音楽だったら、それは男がやればいいじゃんと思って。Chloeと会って、彼女のルックスを見たときに面白いことができるんじゃないかと――実際に音を出しても荒々しいし、彼女自身もかっこいいと思って。Louieはもともとすごくいいドラムを叩くので、この3人ならより良くなるんじゃないかと。この3人にしかできないというか、男らしさもあるけど女として立ち向かうっていう方向での戦い方が見えてきた、ということですね。

-バンドの成り立ち的にフロント2人が女性で男性1人という編成は珍しいですよね。しかもChloeさんと出会って、バンドの方向性が見えたという展開が面白いです。

Anne:髪の色は対照的だけど、似たところもあって。最初の日、彼女は革ジャンを着てきたんですよ。それを見た瞬間"あっ、大丈夫だな"と。

-何が大丈夫なんですか(笑)?

Anne:いや、大丈夫だと思ったんですよ。プレイやライヴになると、ほんとにかっこいいし、私もいちファンとして見てしまう。自分とはまた違うけど、同じような音を出せる人だなと。それで、"一緒にやりませんか?"って。

Chloe:私はもともと男性ヴォーカルのバンドをやりたかったんですよ。それしかやりたくないぐらいの勢いで。