MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

2_wEi

2018.11.05UPDATE

2018年11月号掲載

2_wEi

メンバー:野村 麻衣子(虎牙 アルミ役) 森下 来奈(虎牙 ミント役)

インタビュアー:宮﨑 大樹

いわゆるキャラソンで終わらないような振り切った曲になっていると思います


-なるほど。では曲についても訊いていきます。「Despair」は2_wEiを象徴しているような曲ですよね。攻撃的なラウドロック・サウンドがベースになっていたり、英語詞のラップも入っていたりと、今のロック・シーンで話題になっているようなサウンドだなと思いました。

野村:この曲は2_wEiとして初めての歌なんです。2_wEiは8/pLanet!!のいわゆるライバルっぽい立ち位置だと思っていたんですけど、思っていたよりも強そうでした。2_wEiの絶望や狂気を感じた曲ですね。英語の歌詞も攻撃的で......。

森下:これ日本語にしたらすごいもんね。最初にこの曲を貰ったときは"本当にこれを私が歌うのかな"って思いました(笑)。声優さんが歌わないような曲で......ここまでロックな曲を声優が歌うのかって。

野村:いわゆるキャラソンで終わらないような、振り切った曲になっていると思います。曲の始まりのギターやドラムの音からすごく迫力があって、2_wEiを象徴するようなインパクトのある曲になったかなと。声優ソングとのギャップもありますし、すごくカッコいい曲になっていると思います。

-この曲はライヴ(2018年5月12日にZepp DiverCity Tokyoで開催された"8 beat Story♪ 8/pLanet!! 2nd Anniversary 4th LIVE ~On the pLaNET!!~")でも披露されていますよね?

野村:8/pLanet!!のライヴに乱入するっていう形での披露だったんですけど、本当に乱入している感がありました。

森下:始まる前にアウェイだよねって言ってました(笑)。

-実際にアウェイでした?

森下:みなさん盛り上がってくれましたけど、最後までふたりは"人間のみなさん"と馴れ合うことはなかったですね(笑)。歌が終わると同時にステージから出ていく、みたいな感じでした。

-続く「Lost in data」は"アルゴリズム"、"バグ"などアンドロイドという設定に沿った歌詞が入っていて面白い曲ですよね。

森下:この曲は、ふたりが世に出る前の期間にデータの中を彷徨っているときの歌です。だから機械っぽい歌詞が入っているんですよ。

野村:歌詞に出てくる"Hello world"ってプログラミングを勉強するときに最初に出てくる言葉みたいな感じらしくて、"すごい重要な言葉なんだよ"って言われたのを覚えています。ここの歌詞は何度もリテイクしました。

-聴きどころというわけですね。サウンドとしては疾走感のある曲でした。

森下:そうですね。途中でセリフも出てくるので、難しい曲だったなと思います。