MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

Bowline 2016

2016.04.09 @新木場STUDIO COAST

荒金 良介

毎回1組のアーティストをキュレーターとして、TOWER RECORDSと共同で出演アーティストの選定などを行う"Bowline"。今回は、世界中をツアーで駆け巡り、国内外で高い評価を得ているCrossfaithがキュレーターに選ばれ、第1部ライヴハウス・イベント、第2部クラブ・イベントという初の2部構成で開催された。ここでは第1部の模様をお伝えしたい。

今回は"MASHUP"というテーマを掲げ、キュレーターのサウンド嗜好を踏まえ、ロックとエレクトロを融合させたアーティストが多く集まった。13時を少し回ったころ、先陣を切ったのはPOLYSICSだ。"トイス!"というハヤシ(Gt/Vo/Syn/Prog)の挨拶と共に、ピコピコの電子音を鳴らし、初っ端から爆音で激しく攻め立てる。人を食ったような「カジャカジャグー」ではポップなデストロイ衝動で会場を一気に巻き込んでいく。また、ウルトラ怪獣をテーマにした「怪獣殿下~古代怪獣ゴモラ登場~」のガレージ・パンクな勢いも痛快極まりない。後半、最新作『What's This???』収録の「SUN ELECTRIC」もライヴでの映え具合は抜群だった。

2番手は今日が2度目のライヴだというRadical Hardcore Cliqueが務めた。彼らは元FACTのドラマーであるEiji MatsuMo-Foに加え、sfprのFzと新進気鋭のトラックメイカー Invaderousからなる2DJ+ドラムスという異色編成で、インスト・ナンバーを主軸に独自の世界を作り上げていく。Eijiの巧みなドラミングとエレクトロをうまく混ぜ合わせ、両方のいいところを取ったユニークな手法で、ロック・ファンにもアピールしうるダイナミズムに身体が反応した。覆面を被ったInvaderousは手を上下に動かしたり、ジャンプしたりと、アジテーターとしても抜群のキャラを発揮していた。

次に姿を現したのはWAGDUG FUTURISTIC UNITY。KYONO(Vo)の野獣ヴォイスを含め、凶暴さに拍車をかけた怒濤のハードコア・サウンドは貫禄十分。KenKen(Ba)を筆頭に盤石の演奏陣も息がぴったりで、「DISCOLOR」、「HAKAI」と強力ナンバーを矢継ぎ早に放つ。ラストはマキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮君によるコーラス参加で話題を呼んだ「SYSTEMATIC PEOPLE」をプレイ。フロアはカオス状態の盛り上がりを記録する。

続いて、今回のメンツの中でもっとエレクトロ色の強い80KIDZの登場だ。ALI&(Gt/Key)と、JUN(Gt/Key)のユニットからなる彼らは、前半は生のギターを使用しながら、メロディアスなクラブ・ミュージックで会場を染め上げる。ジャンル問わず、ロック、エレクトロ好きにも響く聴きやすさを備えている点も好ポイント。後半には日仏ハーフの宅録女性シンガーソングライターのMaika Loubtéと、音楽プロデューサーであり男性シンガーでもあるOBKR(N.O.R.K.)をゲストとして迎えたり、KenKenが飛び入り参加し、「STRG」、「Gone」の2曲で躍動感漲るスラップ・ベースを放ち、観客も笑顔で大騒ぎしていた。

ちょっと面食らうほど衝撃を覚えたのはロンドン発の4人組、MODESTEP。フロントマンのJosh(Vo/Key)は片時もジッとせず、檻の中のライオンのごとく動き回る挑発的なステージングで魅了。もちろん歌声もときにシャウト、ときにエモーショナルに歌い上げ、さらにはレゲエ風の歌い回しも聴かせる芸達者ぶりだった。サウンドはバンド編成とはいえ、デジタル音を強調したアプローチでSKRILLEXやTHE PRODIGYに通じるアゲアゲの音圧で迫る。ロック好きも夢中にさせる音色だなと思ったら、NIRVANAの「Smells Like Teen Spirit」をさらっとプレイする手腕にも唸った。

そして、トリ前に姿を見せたのはJESSE(Vo/Gt)、Nobuaki Kaneko(Dr)、Rio(Gt)、この日大車輪の稼働ぶりで場を沸かせ続けたKenKen擁するRIZEだ。「PARTY HOUSE」、「NOTORIOUS」、「KAMI」と堰を切ったように爆発的な演奏力を叩きつけ、観客を火だるまにする熱演ぶり。聴き手に休息を与えず、JESSEも前のめりのパフォーマンスを展開し、ラスト曲「カミナリ」ではギターを抱えたまま、オーディエンスの中に突っ込んでいくアグレッシヴな行動力で観客の心と身体を鷲掴みにした。

焼け野原のようなフロアの熱をしっかりと受け継いだのは、今回のキュレーターに抜擢されたCrossfaithである。冒頭からサークル・ピットを作り出す苛烈な演奏力で、名曲「Monolith」も格段の映えっぷりで、世界を相手に闘うバンドの地力を見せつける。豪放なメタルコア、スケール感を備えたエレクトロの融合も素晴しく、観客をグイグイと引き込んでいく。脳内出血による長期休養から復活したKazuki Takemura(Gt)のギター・プレイも冴え渡り、5人のバンド感は強靭さが増しているように映った。中盤過ぎには「Wildfire(feat.Benji Webbe from SKINDRED)」をプレイ。Benjiの代役はRIZEのJESSEが務める形となり、Kenta Koie(Vo)と歌で熱いバトルを繰り広げる場面にも胸が熱くなった。また、もはや彼らのライヴには欠かせないTHE PRODIGYの「Omen」などの鉄板曲も挟み、最後は「Countdown To Hell」から「Eclipse」というCrossfaithらしい流れで長丁場のイベントを見事に締め括ってくれた。

  • 1