MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

the GazettE

2016.02.28 @国立代々木競技場第一体育館

KAORU

2015年8月にアルバム『DOGMA』をリリースし、この作品にまつわる一連の活動を、メンバーを含む18人のクリエイター集団"PROJECT:DARK AGE"として始動させ、同年9月5日を皮切りにホール・ツアー"DOGMATIC-UN-"を22公演、11月にはシングル『UGLY』をリリースし、"DOGMATIC-DUE-"を20公演と、全42公演に及ぶロング・ツアーを敢行したthe GazettE。2月28日に、国立代々木第一体育館にてDOGMATICツアーのファイナルを迎えた。"漆黒"、"黒塗りの狂宴"と銘打たれた本公演について、RUKI(Vo)は本誌インタビューで、"もともとはヴィジュアル系とは?という問いがあった。ダークなイメージを今まさに、表立って体現してみたい。マニアックな方向、ヴィジュアル系的なるものを極めたい"と語っていた。

会場最寄の原宿駅に着くと、黒装束を身にまとったファンの集団で溢れかえっており、会場の門をくぐると、さらにお祭り状態のファンで埋め尽くされている。それぞれのメンバーがプロデュースしたグッズなど、物販はかなり早い時間に完売していたようだ。
席に着くと、GIDEON、MESHUGGAH、LAMB OF GOD、SKINDREDなど、これから始まる『DOGMA』のヘヴィなサウンドにぴったりなBGMが流れており、こういう細かな部分もラウドロック・ファンにとっては嬉しいものだ。

定刻より30分押したところでアナウンスが入ると大きな歓声が湧き、SKID ROWの「My Enemy」が爆音で流れ、曲に合わせて手拍子を叩いてメンバーの登場待つ。アルバム1曲目の「NIHIL」が流れると、赤と白の照明が客席を点滅させ、バックスクリーンに"最終公演"という文字が大きく映し出される。目線をステージに集中させていると、「DOGMA」のイントロが流れる中、なんとアリーナ席の前方と中央の四隅に配置れた4つのステージから、RUKI、葵(Gt)、麗(Gt)、REITA(Ba)が浮上し、戒(Dr)はメイン・ステージのかなり高い位置でプレイしている。ド頭から意表を突く演出に、悲鳴のような歓声が上がる。肝心の出だしの部分でRUKIのマイクの音が入っていないというトラブルもあったのだが、それは大きな歓声が轟いているうちに解消された。中心に六芒星のロゴを赤く浮かばせ、天井に向かって白い光を放った4つのステージと、メイン・ステージのバックスクリーンに映された教会の映像に溶け込んだ戒が浮遊しているかのような見事な演出と、重厚な演奏によって、会場に集まった1万人を超える聴衆が、瞬時に『DOGMA』の世界へと惹きこまれていく。
続く「RAGE」でメンバーはメイン・ステージに立ち、怒涛のヘヴィネス・サウンドを繰り広げ、パイロがドカーン!と放出される。"代々木ー! かかってこーい!"という勢いのあるRUKIの声と共に、会場の熱気がどんどん上がっていく。立て続けにプレイされた「DAWN」では、デス・ヴォイスを駆使しながら、ヴィジュアル系独特のくねりを効かせた歌、ソリッドに刻まれるギター・リフと、重厚なベース、ダイナミックなドラミングに合わせ、会場は一糸乱れぬヘッドバンギングで応戦し、間奏での大きな手拍子、完璧なコール&レスポンスなど、バンドとファンの一体感がひとつの頂点へと達する光景が広がった。

しばしの暗転のあと、この日初めてのMC。RUKIの第一声は、"おい聞いてくれよ。いきなりマイクが出ないっていうハプニングが起きたんだけど。いきなり冷や汗かいたわ(笑)"と、オープニングでのトラブルをネタのように話した。この飾り気のないMCによって、会場が笑顔に包まれた。"アタマぶっ放してかかってこい!"という声を合図に、疾走感溢れる「SLUDGY CULT」、「VENOMOUS SPIDER'S WEB」へと続く。メンバーの顔にも笑顔が見え、お祭り騒ぎ状態。ダークな世界観で緊迫感溢れる『DOGMA』中心のセットリストにどっぷり浸かる前に、しばし緊張を解いて盛り上がれる鉄板の2曲を投入したことによって、ファンの盛り上がりをさらに勢いづかせた。
雰囲気を一転し、「BIZARRE」では複雑なリズムでうごめくようなグルーヴと呪術的な歌、赤い液体と男の顔をモチーフとした鮮烈な映像が融合して完全な異世界空間を繰り広げ、曲の最後にある同期音を汲んだアレンジを付け足し、流れるように「DERACINE」へ。そして葵のギターが悲しげなメロディが印象的に響く「GRUDGE」がプレイされる。RUKIはデス・ヴォイスとクリーン・ヴォイスを使い分けながら、見事な表現力で歌い上げ、歌と同等の雄弁さを持つ麗と葵のギターとREITAのベース、戒の緻密且つ力強いドラムは、筆者が最後に観た3ヶ月前のライヴよりも、さらに説得力を増して奏でられており、思わず鳥肌が立ってしまった。ファンはほぼ微動だにせず聴き入っており、曲が終わると自然と大きな拍手が湧いた。『DOGMA』の世界観がぎゅっと凝縮された瞬間だった。