MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

THE STARBEMS

2015.11.14 @下北沢SHELTER

蜂須賀 ちなみ

フリー・ダウンロード曲「FIGHTING FATE」、「JINGLE JANGLE SONG」を引っ提げたTHE STARBEMSのツアー"CLICK OR TREAT 2015"。そのファイナルとして行われた下北沢SHELTERでのツアー・ファイナル2デイズの1日目はKEMURIとのツーマン・ライヴ、2日目はバンド初のワンマン・ライヴである。今回は、1日目の模様をレポート。両バンドの互いへのリスペクトと、それぞれのバンドの核と熱がダイレクトに伝わってくるようなライヴだった。

トップバッターはKEMURI。メンバーが登場した瞬間に大きな歓声、そして「Knockin' On The Door」が投下された瞬間に一気に笑顔が溢れ出すフロア。"SHELTERでKEMURI!"という事実に興奮しきっているオーディエンスがたくさんいるのだということがよく伝わってくる。舞台袖には、フロアでダイヴをするキッズたちと何ら変わりない満面の笑顔でステージを見つめるTHE STARBEMSのメンバーが。ライヴ序盤にしてこの日がいい日になるんだろうなと予感できて胸が躍った。THE STARBEMSのTシャツ着用の伊藤ふみお(Vo)がジャンプをすると頭が今にも天井にぶつかりそうで、"随分久々にここでやるけど、天井低くなった?"と笑う。そして4曲目に披露されたのはKEMURI史上初のヘイト・ソングだという「HATE」。この曲は今年7月にリリースした最新アルバム『F』に収録されているが、このタイミングで改めて中指を突き立てていることに、最新曲(「ANTI-ROCK'N'ROLL」)でアンチを歌ったTHE STARBEMSとの共通項も感じさせられた。"再結成してから初めてSHELTERでやるけど、やっぱりいろいろと思い出すね"と噛みしめるように語っていた伊藤。"青臭さに照れ臭くなることもあるけど、ずっとこういうことを歌っていかなきゃなぁと思わせられる曲があります"という言葉に続いた「Kirisame」、"何年経っても心のどこかに変わらないものがある。そのことを、この曲を歌うたびに思い出します"と紹介された「Ato-Ichinen」など、改めてバンドの核をまっさらな状態で提示する演奏が続き、それが清々しい歓喜を呼び込む、という幸福な連鎖が続いていく。ラストは「O-zora」、ホーン隊のソロ・リレーが最上級の宴を締めくくり、THE STARBEMSにバトンタッチ!

KEMURIから受け取った熱々のバトンを受け取って爆走をキメるのはもちろんTHE STARBEMS! "Are you ready、下北沢?"とKEMURIのTシャツを着た日高央(Vo)が問いかけながら1曲目「Everybody Needs Somebody」へ向かうとフロアから返ってくるデッカい歌声。それに対して日高が"最高だね、下北沢!"と叫ぶと、フロアいっぱいにピース・サインが広がった。SHELTERでKEMURIとツーマン、ということへの喜びをかなり興奮気味に語るのは、かつてKEMURIのコピー・バンドをやっていたという高地広明(Dr)。緊張のあまり、KEMURIのメンバーと目が合うとつい視線を反らしてしまっていたそうだが、彼の活き活きとしたビートを聴いていればその喜びも手にとるようにわかる。日高は久々にライヴをしたというSHELTERへの愛を"空調の効かないこの感じ、懐かしくて嬉しいです!"という言葉に託していた。以降、爆裂ビートで邁進していく曲たちを連続投下。オーディエンスたちはサークルを作ったり、ダイヴをしたり、手拍子をしたり、大合唱したりと思い思いのやり方でそれを楽しんでいるよう。ステージから身を乗り出すようにして大盛り上がりのフロアを眺めるメンバーたちはとてもいい笑顔をしている。終盤にはフリー・ダウンロード配信の「FIGHTING FATE」、「JINGLE JANGLE SONG」も披露。この2曲は今のTHE STARBEMSの風通しの良さというか、無尽蔵の幸福感をよく表していた。高地によるドラム・ソロから幕を開けたアンコールのあとには、12月22日に新宿レッドクロスで行う自主企画"Day Believe Dreamer Vol.2"の開催を告知。ダブル・アンコールの「ANTI-ROCK'N'ROLL」、「GOOD-BYE LOVE」が終わったころには、筆者がメモ用に持ち込んだノートが湿気でふにゃふにゃになっていて、その感触に、改めてこの日の熱狂っぷりを実感させられたのだった。

  • 1