MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

lynch.

2015.05.08 @渋谷公会堂

吉羽 さおり

3月にベスト・アルバム『10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST』をリリースしたlynch.が初のホール・ツアー[HALL TOUR'15 "THE DECADE OF GREED"]を行なった。ファイナル公演は、渋谷公会堂。lynch.ファンにとっても、これが初めてのホール公演ということで、会場内は心地好い緊張感とざわめきで満ちている。そしてSEとともに、バンド名を記した垂れ幕がステージを覆うと、会場の熱が一気に上がって大きな歓声が起こる。垂れ幕がはらりと落ちてlynch.の5人が姿を現わすと、「EXODUS」の爆音で歓声を飲みこんでいく。前半はとにかく爆走モードで、葉月(Vo)の"シブヤー!"、"暴れろ!"の声とともに、「GREED」そして「DEVIL」を連打し、加速度的に盛り上げていく。観客も、"オイ! オイ!"とコブシを突き上げ、そして会場一面が波打つようなヘッドバンギングでアグレッシヴなサウンドに応える。ここが、椅子つきのホール会場だということを忘れてしまうような光景だ。葉月も思わず"すげえな"と声を上げる。

"ツアーのタイトル通り、10年やってきました。そしてこんな会場に連れてきてくれて、ほんとにありがとう"、と葉月が改めて観客に語りかける。とはいえ観客もバンド自身も、感慨に耽る時間すら惜しむように、10年分の曲を次々に繰り出していく。鍛え上げたバンド・サウンドは圧巻で、「NEW PSYCHO PARALYZE」では明徳(Ba)のバッキバキのベースと晁直(Dr)の鋭いドラミングが会場の空気を縦横無尽に切り裂いて、ぞくぞくするような興奮で煽り、続く「melt」「an illusion」へと徐々に、lynch.のディープで、重々しくも美しく情緒的な雰囲気のあるアンサンブルへと突入していく。玲央(Gt)と悠介(Gt)の2人のギターが紡ぎ出すレイヤー・サウンドに、葉月がシャウトやスクリームはなしで憂いあるメロディを歌いあげる「THIS COMA」では、照明の演出に加えて、映像も用いてサウンドの世界を視覚的にも広げ、会場を掴んでいった。"lynch.は激しいサウンドのバンドとして知られていて、名前も「リンチ」で怖いじゃないですか。でもキレイなメロディの歌モノもあるんです。もう少しだけそういう曲を"と葉月。中盤は、ラウド且つ攻撃的なロック・サウンドを轟かすlynch.のもうひとつの面である、妖艶でグラマラスな曲が中心になった。スタンディングのライヴハウスでのステージの流れとはまたちがったホール公演ならではのセットリストの流れと、10周年ならではの新旧の多彩な曲が盛り込まれたボリュームのある内容で、「矛盾と空」、「ラティンメリア」といった初期の曲も披露された。
"そろそろ、暴れませんか"(葉月)。そう言って、ハンドクラップを煽ると、さらに"頭、飛ばそうぜ"という葉月の声を合図に、バンド・サウンドが激しさを増していった。「the universe」から「THE FATAL HOUR HAS COME」へとマシンガン的なビートが会場を揺らし、玲央、悠介、明徳もステージを大きく闊歩しながら、観客を煽る。続く「MIRRORS」は超高速ビートとカオティックなギター・サウンドに、アンニュイなメロディがのる曲だが、後半には会場一体でシンガロング。高揚感あふれるライヴのクライマックスとなったが、まだまだこれは序の口。限界まで頭を振れと言わんばかりに、ビートのスピードを上げ、「ALL THIS I'LL GIVE YOU」、「pulse_」と葉月は渾身のスクリームで会場を一つにしていった。

ひと呼吸置くように暗転し、ドラマティックなサウンド空間を生みだした「from the end」では、ステージ上に雪が舞い、エモーショナルな歌を静かに引き立てる。そしてラストは、静けさと重厚感溢れるサウンドとの美しいコントラストで聴かせる「CULTIC MY EXECUTION」へ。葉月は地を這い、囁くようなヴォーカルから、グロウル・ヴォイスへとパワフルな咆哮で会場を掌握すると、心地好い残響音と大きな歓声の中、lynch.はそのステージを終えた。
アンコールでは、"せっかくこういう会場だから、みなさんにプレゼントを用意しています"という葉月の言葉に、グランドピアノが登場し、ピアニスト・堀田健志とふたりで、ピアノ・バージョンによる「ANEMONE」を披露した。主張もありながらも、ぴたりと歌に寄り添うピアノが、美しくエモーショナルな歌をさらに引き立てる。ホール会場ならではの空間的な音響もまた格別だった。アンコールではその他、再びバンド・セットで(2度目のアンコール含めて)全6曲をプレイした。本編とはまた違った、リラックスしたバンドの雰囲気と会場の全体の照明をつけきらびやかな明るさの中で、プレイした「LIGHTNING」は、祝祭的な開放感もあった。"lynch.は、ライヴハウスで生まれて、ライヴハウスで育って、ライヴハウスで死ぬバンドだと言っていたけれど、ホールに寄り道してみたら......いいね! またやりたい"。葉月のこの言葉に、会場はいちだんと大きな拍手を送った。またライヴでは、8月から3ヶ月連続で作品がリリースされることや、この夜のライヴのDVDの発売、秋の全国ツアー開催もアナウンスされた。10周年を経て、バンドとしてスケールアップした姿を見せたlynch.は、ここからもノンストップで走り続ける。



  • 1