MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

NOISEMAKER

2015.05.15 @clubasia

山本 真由

北海道発の4人組ラウドロック・バンド、NOISEMAKER。近年、メキメキと力をつけて、その存在感をシーンにアピールして来た彼らが、活動の拠点を東京に移し、3月にリリースした新作ミニ・アルバム『NEO』で、満を持してメジャー・デビューを果たした。そんな記念すべき新作を引っ提げた今回の"NEO TOUR 2015"は、新しい一歩を力強く踏み出したバンドの気迫が感じられるものとなった。今回は、これから"NEO TOUR 2015 Plus"として全国へと飛び立ち、親交の深いバンドたちとアツい対バンを繰り広げるだろう彼らが、足掛かりに行った東名阪のワンマン・ツアー最終日、渋谷clubasiaで開催された東京公演の模様をお届けしよう。

当日、会場にはオープン前からclubasiaの入り口に入場を待ち切れないファンたちが長い列を作っていた。さすがソールド・アウトの公演だけあって、開場前からすでにライヴの盛り上がりを感じさせる雰囲気が出来上がっている。
ライヴの1発目は、新作のオープニングを飾る「Heads and Tails」!待ってましたとばかりに、イントロの"ウォオーオオオー"の大合唱が巻き起こる。サビでは、会場全体がジャンプの波で揺れ、フロント3人は、ステージのギリギリまで出て、初っ端から気迫のプレイを見せつける!そしてはち切れそうなテンションそのままに、続く「Her Diamond」も新作から。激しいモッシュが起こり、新曲がライヴ・アンセムとして、すでに浸透しきっていることを確認できたところで、AG(Vo)が"お前らの汗、1粒残らず絞り出してやるからな!"と、燃え盛るフロアにさらに油を注ぐ!そこから前作ミニ・アルバムより、彼らの持ち味でもある、普遍的なラウドロック/オルタナティヴ・ロックの魅力が凝縮されたナンバー「MAZE」へ。まさに、"NOISEMAKER"という潔いバンド名がぴったりのエネルギッシュなライヴに、思わず引き込まれてしまう。

"バンドマンだろうが、今日初めて観る人だろうが、誰1人おいてかねぇから!"という、AGの頼もしいMCの後にスタートしたのは、またしても新曲、メロディアスなヴォーカルと歪んだギターが心地いい「Oblivion」。彼らと同じく現在国内ラウド・シーンを席巻している盟友たち、Crystal Lake、wrong city、Survive Said The Prophetらと共にリリースしたコンピレーション『REDLINE RIOT!!』の冒頭を飾るナンバーでもある。このコンピが先行していたこともあって、すでに定番化しているこの曲のパワーは凄い!AGはフロアに乗り出して、オーディエンスみんなに支えられながらの熱唱という、ステージとフロアの境目をぶち壊すカオスな場面も。そこからHIDE(Gt)が淡々と奏でるギターの美しいフレーズに、どんどん高揚感の増していく「REASON」へ。タフなベースでサウンドをヘヴィに仕上げるYU-KI(Ba)も、ステージの真ん中まで出てオーディエンスを煽る!グルーヴィでありながら、とことんヘヴィに落とし込むパートもきちんと活きている、ライヴでの盛り上がりが計算しつくされたような展開の楽曲構成に、改めて感心してしまう。

あまりの興奮に前日はあまり眠れなかったというAG。初めてのワンマン・ツアーという、1つの到達点にはプレッシャーもあったと思う。だが、それをも力に変えるほど、今の彼らは勢いづいている。 "やっとこうやって自分たちの冠でワンマンできるのは、お前らのおかげ" "(ワンマンを)やってよかった"と、AGが会場の雰囲気の良さを再確認して感謝を述べた。
そして、まだまだ疲れ知らずのフロアに、Rihannaの名曲カヴァー「RUDE BOY」を投入!こういったブラック・ミュージックを原曲の色気を残したままロックにアレンジするセンスも彼らならでは。さらに、雰囲気をガラリと変える、1990年代~2000年前後の全盛期のの洋楽ラウドロック・ファンも納得のナンバー「Face the Storm」、「EMPTY BOX」、そして"こん中にまだ歌い足りないやついるか?"と言って、「SOMEBODY WANTS DAYS YOU CLOSE」で再び大合唱を巻き起こす!続く「DOUBLE COLOR SHEEP」では、フロアにこの日1番のサークルができ、最後のサビで一気に突っ込むという、白熱のライヴへの応戦が見られた。そして、"最初から答えは自分が持っていて、自分の胸に問いかければ答えは帰ってくる、そういう歌"と、始まったのは、ライヴではお馴染みの「OBEY YOUR VOICE」。ダンサブルなビートとヴォーカルのエコーで、スタジアム・ロックの趣があるダイナミックな楽曲だ。

今回のツアーの記念に彼らが用意したというバンドの旗は、3日目にしてすでにメッセージでいっぱいだという。そのことが示すように、多くの笑顔と共に流した汗に支えられた彼らが、今後さらなるステップ・アップを遂げていくことは間違いない。しかし、メンバーは意外にも冷静で、客観的に自分たちを見つめている。"オレたちは、まだまだだってわかってます。"そして、その上で自分たちが進むべき道を、地に足をつけてしっかりと歩む覚悟をしているように感じた。"まだまだたくさんの人数とは言えないんだけど、何千人、何万人に今日のお前たちは負けてない"と再び感謝を述べたうえでAGは、"前に進むことを忘れないで、ずっとロック好きなやつはついて来てください!"とアツい意気込みを語った。

そこからライヴは、クライマックスへ。新作からの「Horizon」、「City Light」を立て続けに繰り出して攻める!メンバーのパフォーマンスもそれぞれ全身の力を出し切るかのごとく大きなアクションに。AGが大きく広げた腕には、新しい世界へと繋がる"Horizon(地平線)"が見えた。オーディエンスもその勢いに負けじと、続く「THE NEW ERA」、「KNOW YOUR BRIDGE」では激しいモッシュとダイヴの嵐で立ち向かう!
"また出会うときは、笑顔で思いっきり遊びましょう!"と再会を誓って、本編ラストの「DRIFTING CLOUDS」。息つく暇もないほど激しいライヴに、1番体力を奪われていてもおかしくないUTA(Dr)の満面の笑みでのプレイが印象的だった。この日は、本当に会場全体がポジティヴな熱で包まれていた。
本編が終了し、メンバーがステージを去ると、アンコールを促す拍手がいつの間にか"オーオーオー"という合唱に。ファンとバンドの深い絆を感じた瞬間だった。そんな温かいリクエストに答えて、メンバーが再び登場。AGは、"どんなにでかくなっても、目まぐるしくなっても、お前らのことは絶対忘れない、この景色は忘れない"と語った。そして、"お前らの聴きたい曲知ってるよ!"言って「CONTACT」!そして最後は彼らの代表曲の1つ「Platinum shoes」!一体感のあるサウンドで、最後の最後まで自分たちの個性をアピールしつつ、全力の声を届け続けた彼ら。アンコールでは本編よりはリラックスして、最後の一瞬までライヴを楽しみきるように、今日のこの空気を味わいつくすようなパフォーマンスで、若干肩の力が抜けたような、リラックスした表情の4人だった。

これから続くツアーでも、各地で日に日に成長し続ける彼らを観ることができるだろう。また少し大きくなったNOISEMAKERの姿をライヴハウスで目撃できる日が待ち遠しい。

  • 1