MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

KNOTFEST JAPAN 2014 -DAY1-

2014.11.15 @幕張メッセ

HenLee
両日共に錚々たるメンツの揃ったKNOTFEST JAPAN 2014で、1日目のオープニング・アクトとして、まず始めに音を鳴らしたのは、今やラウド・シーンの一大登竜門となっている"Red Bull Live on the Road 2014"を制したHenLee! トレードマークのフランケン姿でテンション高めに登場し、持ち前のキャッチーな楽曲で、フロアにエナジーを注入! たった4曲の短い持ち時間ながら、ギター・ロックとメロコアとラウドロックの良いとこ取りとも言えるようなノリやすいサウンドで、最後は温かい拍手を獲得。彼らを応援するために集まった早耳キッズたちの盛り上げもあって、彼らを知らない来場者にも、今最も勢いに乗っているニューカマーとしてのHenLeeの存在感を大いに残すことができただろう。(山本 真由)

【SET LIST】
Are you drunk?
Hey George
エナジーソング
Tonight


CRYSTAL LAKE
初っ端から「Ups & Downs」をブチかましてきたCRYSTAL LAKEが2番手として登場!早い時間から大勢集まったオーディエンスを一気に盛り上げていく。"そろそろ時間ですよ!"とヴォーカルのRyoが叫ぶと察しの良いオーディエンスが反応し、"Alright partner" と続くと大半がブチ上がる! 今日のトリ前に出演するLIMP BIZKITのカバー「Rollin'」だ! 女性ダンサー4人もステージに登場し一気に会場を温める。本家LIMP BIZKITの横ノリのイメージを音ではなくパフォーマンスで表現するやりかたはフェスのこの舞台にマッチしていて、観ている側も本当に楽しい。引き続いてはCrossfaithのKenta Koieをフィーチャリングしている「Beloved」に「The Fire Inside」と続け、最後にはRyoが客席へと飛び込み、アリーナ会場に臆することなく、普段のライヴハウスのような熱いパフォーマンスで会場を大いに盛り上げた。短い持ち時間ながら会場の一体感を作り出したその姿に、オープニング・アクトにしておくには勿体ないぐらいの熱量が感じられた。(米沢 彰)

【SET LIST】
Ups & Downs
Rollin'
Beloved
The Fire Inside


coldrain
オープニング・アクトのCRYSTAL LAKEのライヴが終わり、いよいよ本編開始。1発目は、日本のラウドロック・シーンを牽引するcoldrainだ。バンドのロゴが赤く光り、メンバーが登場。1曲目は「No Escape」。Katsumaの怒涛のツーバス、R×Y×Oの重厚なベース、SugiとY.K.Cの絡み合うギター、そしてMasatoの咆哮と美麗なメロディを聴かせるヴォーカル。古き良き初期スクリーモを彷彿させるサウンドで一気に沸かせ、邦楽に興味のなさそうだったお客さんもどんどん前の方に集まってきた。"かかってこいよ! ノットフェス!"というMCのあと、「Six Feet Under」では"Everything Everything!"というサビで合唱が起き、「Die Tommorow」のあと、"14歳のころ、SLIPKNOTと出会い、「Spit It Out」の歌詞を覚えた。7年夢を追い続けたら叶うんですね"と、嬉しそうな表情でMasatoがKNOTFESTに出演できたことの喜びを語る。そして、「Aware And Awake」、「Adrenaline」と立て続けにノリのいい曲をプレイ。非常に安定感があり、文句なしにかっこいい! と思わせてくれる演奏だし、何よりも、曲が良い。「The War Is On」、そしてラストの「The Revelation」では、巨大なサークル・ピットが出現。ヘヴィなサウンドに身を任せてオーディエンスは思いっきり暴れ、サビでの掛け合いもばっちり。日本代表のラウドロック・バンドとしてステージを大いに盛り上げ、堂々としたパフォーマンスで魅了してくれた。(KAORU)

【SET LIST】
No Escape
Six Feet Under
Die tomorrow
Aware And Awake
Adrenaline
The War Is On
The Revelation


MISS MAY I
海外勢のトップ・バッターを飾ったのは、USメタルコア・シーンの雄MISS MAY I。同日に出演していたcoldrain、Crossfaithらと共に今年4月、MONSTER ENERGY OUTBURN TOUR 2014で日本全国9ヶ所を回っていたことは記憶に新しい。KNOTFEST JAPANに出演する海外アクトの中では若手に位置づけされるバンドであるが、いわばSCREAM OUT的な、現在進行形のUSメタルコア・シーンの活きのいいバンドが大御所のニュー・メタル勢らと並んでラインナップされているのも、このKNOTFESTの特色のひとつだろう。今年4月にリリースされた最新アルバム『Rise Of The Lion』からリード・トラック「Refuse To Believe」でスタートすると、ガタイのいい外国人客がモッシュ・ピットを先導。その中心は、早々から極悪な盛り上がりをみせていた。長い髪を振り乱しながら強靭なシャウトを繰り出すLevi Benton(Vo)のパフォーマンスもエネルギッシュである。USでは強豪メタルコア・バンドが蠢いている昨今だが、そんなシーンの中でも頭ひとつ抜きん出ているバンドなだけあって、その演奏は重厚且つタイト。大舞台にもまったく物怖じしない、堂々としたステージングだった。"調子はどうだ! 一緒に飛べ!"とオーディエンスを煽ると、客席は大きくバウンス。そして曲間では、客席のどこからともなく"Miss May I!!"コールが沸き起こる。その光景を目に焼き付けるようにLeviは胸に手をあて、感嘆の表情で客席を見つめるという一場面もみられた。
30分の持ち時間の中に7曲を詰め込んだセットリスト。バンドの代表曲「Hey Mister」で、Leviは客席に降りモッシャーに食らいつくほどの熱演を見せ、記念すべきKNOTFEST JAPAN 2014初日の前半戦を熱くヘヴィに締めくくった。(MAY-E)

【SET LIST】
Refuse To Believe
Relentless Chaos
Day By Day
Gone
Hero With No Name
You Want Me
Hey Sister


MEANING
今回、サウンド面だけでなく、その存在感も異色だったMEANING。どこに行っても変わらない、泥臭くて真っ直ぐなスタンスで、オーディエンスと魂のぶつかり合いを繰り広げる彼ら。メタル愛を感じる泣きのギターと、叙情系ハードコアの暑苦しさ、その芯にあるパンク・ロックの力強さ、そして全てを綺麗にまとめずカオティックに巻き込んで、物凄いエネルギーで届け続ける彼らのサウンドに、フロアの熱気も急上昇! ラウドロック・ファンが集まったこの大規模フェス会場でも"同じ目線で、同じ熱量でやってくから"と言って、いつもながらフロアに下りてもみくちゃになりながら歌うHAYATO(Vo/Gt)と、ステージから骨太なハードコア・サウンドを叩きつける楽器隊のストイックな姿には、否応なしに惹きつけられてしまう。押しつけではなく、ひとつの問題提起としての主張を掲げた、反戦や脱原発へのメッセージも、彼ららしい。激情の奥に見えるどこか冷静なその眼差しは、10年選手となり、ある種の責任ある立場となったバンドとしての、自覚や自信を表しているのかもしれない。この日は、フェスでの短い持ち時間に合わせた「Infection」や「Hope」などの定番曲を中心としたセットで、リリースしたばかりのニュー・ミニ・アルバム『150』からの選曲はなかったが、来年まで続くリリース・ツアーに繋がる、今のMEANINGが凝縮されたライヴになった。(山本 真由)

【SET LIST】
Rise In Rebellion
Infection
PAIN
Hope
Just Another Death


BRING ME THE HORIZON
続いて登場したのは、UKが誇る世界的カリスマ、Oliver Sykes (Vo)率いるBRING ME THE HORIZON。バンドだけでなく世界的に人気のブランド"DROPDEAD CLOTHING"をも主宰するOli。ここまでカリスマという言葉が似合う男は世界中のシーンを探しても他にはいないだろう。ということで初っ端から熱烈な盛り上がりを見せる。2曲目「Go To Hell, For Heaven's Sake」ではOliが "サークル・ピットを見せてくれよ!"と煽るとすぐさまそれに呼応する形で複数のサークルがあちこちに出現し、サビでは大合唱が巻き起こる。Oliが"Are you ready!?"と呼びかければ会場は一体となって応え、"Everybody Jump!"と発すればコンクリートの床が揺れるほど一斉にジャンプするオーディエンス。本当に熱狂的で一体感のあるライヴが繰り広げられていく。
初期の定番曲「Chelsea Smile」でも会場は大盛り上がりだったことは、初期からのファンが多く、また最近のファンもしっかりと掘り下げているということの現れであり、忠実なファンが多いということの証明と考えていいだろう。そして、遂にはこの会場規模でオーディエンスを座らせて一斉に飛び上がらせてしまった......。ライヴを通してファンとの一体感を求め続けたOliと、全身でそれに応えたファンによる壮絶なライヴは「Antivist」で幕を閉じた。(米沢 彰)

【SET LIST】
Shadow Moses
Go To Hell
House Of Wolves
Sleepwalking
Alligator Blood
Chelsea Smile
Can You Feel My Heart
Antivist