MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

MUCC|SUMMER SONIC 2011

2011.08.14 @QVCマリンフィールド&幕張メッセ

MAY-E

最近のツアー同様、彼らの楽曲の中でも一際異彩を放つダンス・ロック・ナンバー「Falling Down」から華々しくスタートした、サマソニ初登場となるMUCCのショウ・タイム。
「幕張―!踊ろう!」
そんな掛け声でオーディエンスを煽る逹瑯(Vo)も、紅い着物をひるがえして踊る。数々の大舞台を経験してきたキャリアのあるバンドなだけあって、会場の広さを微塵も感じさせない開放感に溢れた堂々たるパフォーマンス。メタル・ナンバー「咆哮」では客席前方がヘドバンの嵐になるほど激しく盛り上げ、そこから軽快なナンバー「ファズ」へと流れる。リズミカルなYUKKEのウッドベースが、再び鼓動を加速させる。
「踊れる? 踊んない?」
そんな風に観客とコミュニケーションを取りながら進んでいくMUCCのショウは、楽しさでいっぱいだ。最近のライヴでは定番となっている「アイアムコンピュータ」が投入されると、楽しさだけではないMUCCのショウのもう一つの大きな見せ場に。「アイアムコンピュータ」は切ないメロディを伸びやかに歌い上げる逹瑯のヴォーカルとクラブライクな演出が意外なほど相まった、ライヴで一際映える一曲。冷やかなイントロから壮大なサビに向かっていく「リブラ」然り、怪しくも美しいMUCCの世界観がたちまち会場全体を呑みこむのだ。特にフロントマン逹瑯の表現力は素晴らしく、会場をどんな色にも、いとも簡単に染め上げてしまう。ほんと、すごいバンドだよ。短いセットながらバンドの魅力が凝縮された濃密な40分だった。......本当にドラマティックでした。見惚れました。

  • 1