MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

LINKIN PARK|SUMMER SONIC 09

2009.08.08 @千葉マリンスタジアム&幕張メッセ

ムラオカ

ohn Hahnのスクラッチからイントロ「Session」がスタート。それに合わせ、ステージの照明がランダムに点滅し、そしてゆっくりとLPのバックドロップが下がってくる。「Session」が終了すると、サード・アルバム『Minutes to Midnight』のオープニング・トラック「Given Up」のギターリフと手拍子が聴こえてくる。スタジアムは早くもこの日一番の興奮状態を向かえる。しかしChester Benningtonのマイクが不調のようでいきなりヴォーカルが聴こえないというアクシデントが発生。フェスティバルというタイム・スケジュールの中でリハーサルができずにぶっつけ本番であれば仕方がないことではあるが少し残念。しかし少し経つとマイクは復調しヴォーカルが聴こえ始めて一安心。

 そして「From The Inside」、「Somewhere I Belong」と立て続けに美しいバラードが演奏される。Chesterのヴォーカルはアルバムで聴くよりスクリームを多用しておりアグレッシヴなアレンジとなっている。そして「No More Sorrow」へ。アルバムより長くイントロのパートを引っ張り曲をドラマティックに表現している。
「Lying From You」ではMikeが楽器を持たずラップで観客を煽る。初期からLINKIN PARKを追っているものとしてはMikeがガッツリとラップに専念しているのも嬉しい。「Petrified / Points Of Authority / A Place For My Head」のメドレーはまさにライヴに来ないと体験できない醍醐味の一つ。Mikeのラップが小気味良い「Petrified」から原曲よりヘヴィな「Points Of Authority」、そして「A Place For My Head」へ。
「What I've Done」では照明がブルーに変わり、曲の雰囲気と相乗効果でスタジアムをエモーショナルな雰囲気で包み込む。続けてバラードの「Leave Out All The Rest」ではライヴが始まった頃よりChesterのヴォーカルが伸び伸びしていて安定してきているのを実感。そして名曲の数々を持つLPの中でも1,2を争う人気の「Numb」へ。会場が一体となって歌う様子は鳥肌が立つほど感動的だ。またサウンド・プロダクションが非常に良くすべてのパートが分離良くクリアに聴こえてくる。曲はそのままMikeのピアノ・ソロへ繋がっていき、「Breaking The Habit」へ。LPのライヴはただ原曲を忠実に再現するようなものではなく、ライヴ仕様にアレンジしたり、メドレーを取り入れたり、ピアノやサンプリングで曲を繋げたりと、家でCDを聴いていては絶対に味わえないアトラクションがライヴの中にたくさん散りばめられている。

 「Shadow Of The Day」やMikeのどこか悲しげなラップが中心の「Hands Held High」では会場が神聖な雰囲気に。そのままファースト・アルバム収録の「Crawling」、「In The End」に繋いでいく。Rob Bourdonの短いドラム・ソロ、そしてMikeの紹介でサプライズ・ゲストとしてChesterのプロジェクト《DEAD BY SURISE》が紹介される。LINKIN PARKと比べるとU2やUK ROCK的なサウンド・スタイルでこういう曲でChesterが歌うのも新鮮である。たった3曲のみの演奏であったが、LPのファンからも温かく迎えられていた。 DEAD BY SUNRISEが拍手を背中に退場すると、再びLPが現れる。 Mikeのピアノと重厚なシンセサイザーで始まった曲はそのままトランスフォーマーの主題歌としても有名な「New Divide」へ。最後は鉄板の「Faint」、「One Step Closer」の2曲で終了。2曲とも演奏の終盤に差し掛かってくると原曲を大きくアレンジしたアグレッシヴ・バージョンで繰り広げられる。特に最後の「One Step Closer」の終盤はデスメタル的な雰囲気すら感じさせるアレンジで嬉しい裏切りで終わった。次のアルバムの制作にはまだ入っていないだろうからなんとも言えないが、もしかしたら次のアルバムはアグレッシヴさを取り戻したものになるのかもしれない。そんな期待を抱いたライヴであった。

  • 1