MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

coldrain

2017.10.11UPDATE

2017年10月号掲載

coldrain

メンバー:Masato(Vo) Y.K.C(Gt) Sugi(Gt) RxYxO(Ba) Katsuma(Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJムラオカ)

ワーナーミュージック移籍第1弾作品となるニュー・アルバム『FATELESS』を約2年ぶりにリリースしたcoldrain。通算5作目となる今作は、大舞台である"FATELESS JAPAN TOUR 2017 in 日本武道館"を来年に控えるなか、今作の評価が武道館のパフォーマンスや集客にも大きく影響を与える、バンドにとって特別な作品となることは間違いない。そんな勝負作である『FATELESS』をメンバーと共に丁寧にひもといていった。

-フル・アルバムとしては2年ぶりのリリースとなります。ファンも僕らメディアもみんなが心待ちにしていたアルバム・リリースだと思いますが、期待は感じていましたか?

RxYxO:ライヴハウスで"アルバム楽しみにしています!"って声を掛けてくれるお客さんは多いですね。先行で「ENVY」を配信してるので、そのレスポンスはすごくいいかなと思います。

Sugi:前作(※2016年リリースのシングル『VENAⅡ』)の「BORN TO BLEED」が、あまり激しくないリード曲だったので、ファンの方々にとっては、そこからどう転んでいくのかっていうのが未知数だったと思うんです。その期待も不安もあったんじゃないかってところに、満を持して「ENVY」を叩きつけられたっていうのは良かったんじゃないかと。

Masato:日本の場合、リリースのペースは基本的に早いので、毎年何かは出すんですけど、アルバムってなるとリリースの間は空くので、そのぶん期待値は高まってるんじゃないかと。ツアーでは曲数を多くやるので、そういうなかでファンとしては新しい曲をライヴでも聴きたいっていうのがあるんだと思いますね。

-大舞台である武道館("FATELESS JAPAN TOUR 2017 in 日本武道館")も来年に控えるなか、この作品の良し悪しが武道館でのライヴや集客などにも影響を与える重要な作品だと思いますが、そういったプレッシャーはありませんでしたか?

Y.K.C:作っている段階で、今までの流れを意識するのはやめて、今作の内容で話題になって、ちゃんと"coldrainヤバいじゃん!"って言ってもらえるようにならないとっていう思いがありましたね。そういうものができないと、武道館やるって言っても届かないんじゃないかと思ったので、制作の初期の初期の段階から、武道館に繋げるためにもっと視野が広がるような楽曲を考えたり、バランスを再構築したり。そういう意味では、武道館を意識してはいますね。

Masato:やっぱり武道館っていう場所や、その先を見るうえで、僕らはこの10年間ラウドロックというジャンルというか肩書みたいなものを抱えてきたところもあるんですけど、それが、より広いところへ届くように意識してますね。

-そんななかアルバム制作は難航しましたか? あるいはスムーズにいきましたか?

Y.K.C:スムーズかどうかでいったら、スムーズだったんじゃないかなと。最初にみんなで話し合いをして、"今回はこういうやり方で"っていうのが決まってからは、レコーディングも特にストレスなくできましたね。やっぱり、"どういう音を自分たちが一番出したいか"ってところでいつも時間がかかるんですけど、僕たちがそれをちゃんと提示できるいいタイミングで、プロデューサーもちゃんと理解してくれたうえで一緒に作業できて、すごくこちらの意図も汲んでくれるし、欲しいアイディアもくれるしっていうところが大きかったですね。そういう意味でも、今回はほとんどの作業がスムーズに進められましたね。

Masato:往年のハード・ロックもやってたMichael "Elvis" Basketteというプロデューサーなんですけど、FACTの作品を数枚手掛けているっていうことで、日本のシーンにもある程度理解があるので、向こうも日本のバンドと作業することにそんなにストレスがない感じでそこは助かりましたね。

-どういった経緯でElvisに決まったんですか?

Masato:好きなバンドをたくさん手掛けているので、ずっと気になってた人ではあって。でも、他に一緒にやってみたいプロデューサーもいましたし、僕らがお願いする前にFACTを手掛けてたこともあったので候補から外していたんです。でも、今回は新しいプロデューサーにお願いしてみようっていうことになって。Joy OppositesのAdam(Vo/Gt)と話してたときに、"僕は、今までの経験上Elvisが一番coldrainに合うと思うし、彼も絶対coldrainのサウンドが好きだから、候補に入れてほしい"って言われて。俺はAdamをすごく信用してるんで、そこは彼の言うことを聞いてみようと思ったんです。それで連絡してみたらElvisも"すごくやりたい"って話をしてくれて。

-海外ツアーなどで忙しいからかもしれないですが、coldrainの最近のMVって、ライヴ映像を使ったものが多いですよね。今回は、お客さんも入れて撮影してという"ライヴ風"ではあるので、実際のライヴとはまた大きく違った撮影だったと思いますが、実際撮影してみていかがでしたか?

Masato:実際のライヴを撮るのはやっぱり簡単なんですけど、これまでは、実際のライヴじゃないところでお客を入れて撮影っていうのはやったことがなかったんです。なので、普通の演奏シーンじゃなくて、お客さんの盛り上がってる臨場感のある映像を今回撮りたかったんですね。今までいくつもライヴ映像は出していても、実際のライヴを撮るときとは機材も違うし、映像の質感も変わってくるので、今回は新鮮味があったかなって思ってます。