MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×Another Story×PABLO(Pay money To my Pain)

2017.09.11UPDATE

2017年09月号掲載

Zephyren代表GEN氏×Another Story×PABLO(Pay money To my Pain)

-GENさんから見て、アナストの変わってきたと感じるところはありますか?

GEN:ライヴはたまに顔出してるけど、そうだね、たしかに凝り固まってるなっていうのは少し前まで感じてて。このままじゃいけないなっていうのはあったよね。停滞している感じ嫌だからさ。

KeiGo:そういう行き止まり感はありましたね。

GEN:そこにRYOTAが入って、プラスになったのはやっぱり感じるよね。アナストはもっとできる子なのに、できてないなっていうのをずっと思ってて、Noriともよく"いいライヴするのにな"って話をしてて。そういうところで、PABLO君が導いてくれたっていうのは、すごく嬉しいよね。

PABLO:正直厳しいことも言ったんですよ。面倒くさいことを避けるんであれば、やらなくていいんだけど、でも誰かがそれを言わないと、やっぱり伸びてはいかないんだよね。俺自身も、もちろんそうだし。俺は、いつも自分が信頼してる人たちに、"何かおかしいところがあったら絶対言ってください!"って頼んでいて、あとから足りない部分とかを指摘されることで成長してきているから、だからアナストに対しても正直に相当厳しいことを言ったりしたんだよね。

GEN:もう作品は、ほぼ完成してるの?

PABLO:ほぼできてますね。今日、ミックス明けの作業で。

GEN:そういうタイミングなのね。

PABLO:いや、紆余曲折あって、結構時間かかりましたよ(笑)。

GEN:それは知ってる(笑)。俺、途中でPABLO君に聞いたもんね、"......進んでる?"って。

RYOTA:時間はかかりましたよね(笑)。

KeiGo:1年くらいかけてますからね。

-制作期間1年は長いですね。

PABLO:途中、俺がちょっと忙しくなって間が空いたりとかもあったけど。

KeiGo:僕らとしては、今までの延長線上で曲を作ることなら、いくらでもできたんです。でも、今回はそうじゃないものをどうしても作りたくて。そこに対する壁にもう、5、6枚ぶち当たって(笑)。

PABLO:みんなぶつかったよね、俺も含めだけど。

KeiGo:"苦労した"って言っちゃうと、それまでなんですけど。でも、そこにトライできたのは、時間をかけたけど良かったなって。

-話を聞いてて、すごく手応えがあるんだなっていうのは感じますね。

KeiGo:自分自身、今作にかかる前と今では、頭の中がガラッと変わったなって思うんです。今後もさらにそれを磨いていったら、また全然違うものができると思うので、いろんな意味でワクワクしてますね。

RYOTA:僕としては、それこそ2009年くらいに初めてPTPのライヴを観て、ZAXさんのドラムにすごく影響された部分があるので。"そういうバンドの人と一緒にCDを作れるんだ!?"っていうのから入って、それで実際一緒にやって大変な思いもしたんですけど......。

PABLO:RYOTA、ごめんな。俺、ZAXじゃなくて。

RYOTA:いやっ、そういうことでは......!!

一同:(笑)

PABLO:冗談だって(笑)。もう、ZAXと俺は一心同体みたいなもんだから。

RYOTA:話してて、いろいろと勉強になることがあって。

PABLO:だって、俺が考えるドラムってZAXっぽいでしょ?

RYOTA:めちゃくちゃそうですね。

PABLO:逆に、あいつも曲作ると、ちょっと俺っぽかったりするんだよね。

RYOTA:ほんとに、ドラム雑誌とかもそうだし、ライヴDVDとかも、ZAXさんが映ったところで止めたりして、めちゃくちゃよく見るんですよ。

PABLO:ほんとに好きなんだよね。だから"ZAXの何がそんなに好きなの?"って聞いたんだよね。そしたら、タムだって言うんだよ。"こいつ、わかってる!"と思ったよね(笑)。あいつが自分で"俺はタムだから"って言ってたから。

RYOTA:日本人で、あんなにタムを意識してやってるっていうのが......。

PABLO:あいつは、実はタムの人間だから。隠れタムタム人(笑)。

一同:(笑)

-なぜか作品の話がZAXさんの話に(笑)。それだけ好きなんですね。まだ完成前ですが、PABLOさんから見て、今回の作品はいかがですか?

PABLO:本当に好きな曲で、自分の大事なものの一部だったりするから、それが世に出ていくのが、まず嬉しいし。俺は依頼を受けてる側だから、勝手なことは言えないけど、今がひとつのステップだとして、いい意味で期待を裏切る感じになってると思うんですよね。曲の雰囲気とかも、今回は相当期待を裏切る形になるから、もしまた次一緒にやるとしたら、今度は王道で攻めたいよねっていうのはあるかな。

KeiGo:自分たちでも、新しく感じられるような形で仕上がってきているので、それをまた今度はライヴに落とし込んで育てていくっていう作業も、きっと今までと同じやり方では難しいから、さらにまた新しいAnother Storyっていうのをライヴ会場でも見せられると思うんです。そういった面も含めて、楽しみですね! もっといろんなセットリストが組めたり、ライヴハウスっていう枠にとらわれず、もっといろんな会場でできるんじゃないかと思いますね。

PABLO:俺は、GENさんが聴いたら泣くと思うよ(笑)。GENさんはPTPのことも好きだし、Kのことも好きだし、そういうのもあるから。

GEN:いろんなことが浮かんで、複雑な気持ちが込み上げてきて、変な感じになるんだろな。

PABLO:アナストのファンの人にとっては新鮮だと思うんだよね、この混ざってる感じの得体の知れなさっていうか。

KeiGo:決してカラフルな感じではないんだけど、そこにある魅力っていうか。みんなカラフルなのを期待してるかもしれないけど、今回は違うんだよっていう。

PABLO:限りなく青いグレー色っていうか。

RYOTA:最近、こういう空気感でやってるバンドってあんまりいないので。とりあえずは聴いてほしいって感じですね。