MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Zephyren代表GEN氏×Another Story×PABLO(Pay money To my Pain)

2017.09.11UPDATE

2017年09月号掲載

Zephyren代表GEN氏×Another Story×PABLO(Pay money To my Pain)

-すごいですね、そのエピソード(笑)。

GEN:Noriが大学生のときの話だよね。

PABLO:それで、なんかずっと話してるから、"どうしたの?"って聞いたら、Kに"俺こいつと話してるから、先に帰ってていいよ"って言われて、先に帰りました(笑)。 一同:(笑)

PABLO:"バンドやりたいけど、どうしたらいいか"みたいな話を相談してて、Kはそういうのをすっげぇ真面目に聞くから。それで、なんかKも面白いと思ったらしくて、仲良くなったのかな。

GEN:それで、僕とKが一緒にブランド始めて、そのあとにNoriが"PTPを超えるバンドを作りたいから、GENさん出資してくれ"って言い出して。会って3回目くらいで、まだ友達でもないのに(笑)。

一同:(笑)

GEN:まぁ、一応"この条件ならいいよ"っていうのを提示して、俺もノリがいいから"やってみようかな?"って思って(笑)。そしたらHiro(MY FIRST STORYのヴォーカル)を連れてきて、高校の制服でさ。

RYOTA:黒髪の時代だ(笑)。

KeiGo:それで、INTACT RECORDSを作って、マイファス(MY FIRST STORY)と俺らが対バンして、それをNoriが観てて。それがきっかけですね。

-いろいろ繋がってきますね。

GEN:KeiGoのシャウトを、Noriがすごく気に入ったみたいで。

KeiGo:横浜の普通のライヴハウスだったんですけどね。そのライヴの1週間後くらいに、僕らがいつも飲みに行く飲み屋に行ったら、またNoriがたまたまいたんですよ。それで"1曲歌え!"って歌わされて(笑)。

PABLO:何歌ったの(笑)?

KeiGo:coldrainです(笑)。それで、1曲歌って"いいね!"みたいな話になってきたんですよ。それで、いろいろあってINTACTに入ることになったんですけど。

-PABLOさんが最初に観たAnother Storyの印象はどうでしたか?

PABLO:ライヴをちゃんと観たのは、"A.V.E.S.T"でホルモン(マキシマム ザ ホルモン)の前に出たときかな。一応、(プロデュースを)やってくれないか、みたいな話があったんで、1回ちゃんと観とこうと思って。それで観に行ったら、すげぇ良くて。なんか、KeiGoが尖ってるのがすごく良かったんだよね。

KeiGo:必死でした(笑)。

PABLO:好感が持てる感じで、なんかすごく良かったんだよね。カッコいいなと思って。あの日のライヴは、本当に結構お客さんが引き込まれてたと思うよ......っていう思い出(笑)。

-ホルモンが出ててっていうと、Zephyrenになって最初の"A.V.E.S.T vol.8"ですね。

KeiGo:2年前ですね。もちろん、ホルモンの前だからパンパンだったんですけど。4分の3くらいはホルモン目当ての"待ってます"みたいなスタンスのお客さんで。それをどうにかしてやろうと思って(笑)。必死でやってましたね。

GEN:そういうところでやらせてみようと思ってね(笑)。

一同:(笑)

-PABLOさんが初めてしっかりと観たのも、ちょうど"A.V.E.S.T"だったんですね。PABLOさん自身が"A.V.E.S.T"に出たときのことで覚えてることはありますか?

PABLO:うーん......。そういう記憶がまったくないんだよね(笑)。年がら年中ライヴやってるから。でも、すごく変なフォローの仕方かもしれないけど、さっき"A.V.E.S.T"でAXでやったっていう話をしたじゃん、それはすごく記憶に残ってて。なんでかって言うと、GENさんがそういうイベントに俺らを呼んでくれて、トリにしてくれるんだっていうことに、すごく感謝してたから。ちょうどそのころ、俺たちはAXを埋められるかどうかっていうくらいだったから、そういうタイミングで呼んでくれたっていうのもあって。あ、ちょっと思い出してきた(笑)。

-すごく印象的なイベントだったんですね。

PABLO:日ごろ活動を続けていくなかで、打っていくライヴってあるじゃないですか。そういうのではないっていうか。通常の活動のベースとは違う公演というか、本当に音楽が好きでPTPのことが好きで、だから呼びたいんだっていうことで出させてもらうイベントっていうのは、やっぱり印象に残るんです。俺たちとしても楽しいし、肩の力が抜けていいライヴができるし。そういうものに関しては覚えてますね。