MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE GAME SHOP

2017.09.15UPDATE

2017年09月号掲載

THE GAME SHOP

メンバー:KIMITO(Vo)

インタビュアー:山本 真由

-すでにライヴ・ミュージック・ビデオが公開されている「Music as Medication」は、キャッチーなサビメロが印象的で、歌詞もパワーのあるもので、まさにライヴで盛り上がりそうな楽曲ですね。この曲はアルバムを制作するにあたって、核となる楽曲だったのでしょうか?

この曲は最初にまず、THE GAME SHOPの変化や進化を見せられる楽曲を作りたかったので、一番時間をかけて試行錯誤して作った曲です。思ってる以上にシンプルでわかりやすい楽曲に仕上がったので、"これだ!"って感じでした。

-また、そのライヴ・ミュージック・ビデオも、ダイナミックなカメラワークで非常にライヴ感のあるものになっていますが、この撮影のために行われたライヴなのですか?

いえ、ちょうどTHE GAME SHOPの新たな企画の立ち上げイベントの日に、時期とタイミングが良かったので、撮影を決行しました!

-今作のアートワークは、世界的に活躍されているグラフィティ・アーティストでデザイナーでもあるJAY SHOGO氏が手掛けていますが、彼とはもともと交流があったのでしょうか?

そうですね。縁があり、繋がりを作っていただきまして、SHOGOさんも何度かライヴに遊びに来てくれて交流が深くなっていきました。僕自身が彼の作品に惚れまくっていて、いつかCDを出すタイミングでジャケットをお願いしたいと思っていた願いが叶った感じです! 『STREET ACTION』のイメージにドンピシャでしょ。

-また、今作のリリース後にはツアーが予定されていますが、バンド・セットの会場あり、DJセットの会場あり、と変則的なツアーになっていますね。それぞれどんなライヴになりそうですか?

そうですね! ツアーではアルバム曲を中心に新しいセットリストで臨みたいと考えています。それだけで今までのTHE GAME SHOPとはまったく違う見え方やライヴが見せられると思います。ツアーに向けていろいろ企みもあるので楽しみにしててほしいです!

-今年いっぱいはツアーに集中することになりそうですが、来年以降に何か計画されていることなどありますか?

いろいろ考えてますよ! 海外でももっとプレイしたいですし。まだやったことのないワンマン・ライヴなどしてみたいことはたくさんあります。いろいろ形にできたらなーと考えております。

-海外には様々なスタイルのクラブ・イベントがありますが、参加してみたいものや、行ってみたいところはありますか?

"Tomorrowland"は一度は行ってみたいフェスですね! THE GAME SHOPが目指す海外フェスは"Glastonbury Festival""Woodstock Music and Art Festival""Reading Festival"などです。

-最後に、激ロックの読者へメッセージをお願いします。

今年はTHE GAME SHOPが巻き起こす"STREET ACTION"に注目してほしい! 新たな時代のロック・シーンへの解答と世界中がTGSサウンドで踊り狂う瞬間を共に作っていこう! 応援してくれているみんなへ、いつもありがとう!