MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SEVER BLACK PARANOIA

2017.09.14UPDATE

2017年09月号掲載

SEVER BLACK PARANOIA

メンバー:Daisuke(Vo) Takashi(Gt) Reiya(Ba) Hibiki(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

SEVER BLACK PARANOIAの4th EP『FLYING LEAP EP』は、メタルとエレクトロの強度を高め、さらにエクストリームに振り切った渾身の1枚に仕上がっている。デスコアや最先端のクラブ・ミュージックも呑み込んで、さらに未開の地へと突っ走る音像は凶暴且つカオティックなエネルギーに満ち溢れている。新メンバー Reiyaが加入し、新4人体制で作り上げた今作について、メンバー全員に話を訊いた。

-最近、メンバー・チェンジがありましたよね?

Daisuke:そうですね。2009年に結成したんですけど、オリジナル・メンバーは僕のみで、今作から新たにReiyaが加入しました。バンドを何年か続けると音楽との向き合い方も変わってくるけど、今のメンバーが集まってからは良い雰囲気です。バンドは音楽以外の時間を共有することも多いので、今は人間的にまとまっているなと。

Hibiki:僕は2年半前ぐらいに加入したんですが、当時はTakashi、Reiyaはいませんでした。活動を続けていくうちにギター、ベースと連続して脱退することになりまして、もともと知り合いのTakashiとReiyaに声を掛けたんですよ。Daisukeさんとウマが合うし、ここふたり(Takashi、Reiya)は僕の大学時代の友達で。今も大学に通っているんですけど。

-まだ大学生なんですか?

Hibiki:僕が大学院生で、このふたり(Takashi、Reiya)は大学生です。

Daisuke:僕とほかの3人は結構歳の差があるんですよ。それもいい意味で機能しているかなと。バランスのいい縦社会というか。

-バランスのいい縦社会(笑)。ちなみにDaisukeさんは何歳?

Daisuke:今年31歳なんですよ。

-えっ! 同じ大学生と言われてもまったく違和感ないです。

Daisuke:よく言われますね(笑)。

-では、歳の差が機能しているとは?

Daisuke:例えばSUM 41とか幼なじみで集まってバンドをやるケースを見て、そういうバンドってかっこいいなって思ってたんですよ。僕らも、もともとは幼なじみで、結成してからメンバー交替を繰り返すなかで、バンド・メンバーとしてではなく人間的にいろいろ学びました。幼なじみで同い年だからこそ言い合いすぎて、お互いに立ち入っちゃいけないところまで踏み込んでしまうこともあった。けど、現メンバーは俯瞰で見てくれる立場で、そこからスキルを投げ込んでくれるので、そういう意味でやりやすいですね。

Hibiki:なかなか年下だと意見を出しづらいと思うんですが、Daisukeさんは年下の意見もすごい汲んでくれますね。世代が違うと、メインで通ってる音楽も少し違いますよね。DaisukeさんはSTORY OF THE YEAR、SAOSIN、SUM 41とかのスクリーモ系......僕は聴くことはあってもそれで育ってるっていう感覚はないですね。

-どの世代になるんですか?

Hibiki:BLESSTHEFALLとかMISS MAY Iとか......まぁ、メタルの入り口はX JAPANなんですけどね。ほかにもARCH ENEMY、CHILDREN OF BODOMとかも好きだし、世代と言いつつ、自分より上の世代の音楽も好きですね。ただ、最近流行りのメタルコア、デスコアは、Daisukeさんが僕の歳のころにはあまり流行ってなかったというか、それを聴いて育ったってことはないと思うんですよ。僕が加入してからの初作品(2016年リリースの1stフル・アルバム『ELIZA』)で、アプローチなども変わってめちゃくちゃ重くなったんですよ。それは僕が"こういう音楽ありますよ"と言ったものをDaisukeさんが汲み取ってくれたっていうことが大きいと思ってます。今回はその傾向がさらに強まりましたね。僕はドラムなので、ドラムが難しい音楽が好きなんですよ、THY ART IS MURDERとか。

-オーストラリアのデスコア・バンドですね。

Hibiki:最初聴いたときこれはやばいな! って。SEVER BLACK PARANOIAとは違うけど、楽器隊のアプローチは参考になります。このバンドで今までブラストビートで刻むことはなかったけど、前作、今作にかけてそういうパートが増えたりもしましたね(笑)。

-Daisukeさんもそれに抵抗はなく?

Daisuke:そうですね。もともと僕らは音楽に対してマニアックなんですよ。僕もどんどん新しい刺激が欲しくなるし、その渇望が作品にも生きているかなと。

-Takashiさんはどうですか?

Takashi:自分の中にあるメタルコアのエッセンスを出していこうと。

Daisuke:AT THE GATESとか?

Takashi:メタルコアではないけど、好きですね(笑)。国内だとCrystal Lake、Sailing Before The Windとかに影響を受けてます。

Reiya:僕もメタルコアは大好きだけど、ほかにエレクトロ、ハウスも聴くんですよ。

Daisuke:SEVER BLACK PARANOIAはメタルとクラブ・ミュージックを合わせることがコンセプトにあって。メタルはそもそも好きだけど、僕はクラブ音楽も好きで、最近だとハード・スタイルハードコア・テクノトラップを聴くんですよ。今作はメタルとハード・スタイル/ハードコア・テクノを織り交ぜました。激しいもの同士を混ぜて、覚醒させようと。