MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

魔法少女になり隊

2017.09.21UPDATE

2017年09月号掲載

魔法少女になり隊

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

魔法少女になり隊が、メジャー1stフル・アルバム『魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~』をついに完成させた。ラウドロックとユーロビートを掛け合わせ、多彩な曲調でファンを獲得してきた男女混合4人組。今作はバンドのヴィジュアル・イメージである"ゲーム"をコンセプトに置き、暴れたくなる曲、じっと聴き入りたくなる曲、クスッと笑いがこぼれる曲など、様々な仕掛けが施された作品に仕上がった。新しいアプローチも盛り込まれた会心の1枚について、早く世に届けたいとウズウズするメンバー4人を直撃!

-初のフル・アルバムが完成しましたね!

gari:今回も自分たちがやりたいことをやりたくて。パッケージを含めて、ゲームをひとつのテーマにしました。

-今作はコンセプトありきで?

gari:そうですね。「ヒメサマスピリッツ」(2017年5月リリースの3rdシングル表題曲)は和をモチーフに楽曲に落とし込んだけど――

ウイ:今回は1枚を通して、ひとつのゲームみたいな。1曲目からゲームっぽいSEが入ってるし、それからエンディングでちゃんと締める。通常盤は知ってる人は嫌な人もいるかもしれないけど、セーブ・データがリセットされる音が入ってます。

-それは嫌ですねぇ(笑)。

gari:はははは。あのショッキングな音が流れるという。

バジル:せっかくある程度クリアしたのに、また最初からだよって。私たちらしい面白い仕掛けが詰まった1枚ですね。パッケージにもすごくこだわってますから。

gari:初回盤(※完全無敵の初回盤X)はファミコンのカセットをイメージしたデザインで、わかります?

-えぇ、わかりますよ。

gari:DVDサイズではあるんですけど、ちゃんと箱に入ってるんですよ。表面は二次元の絵で、"えっ、来る店を間違えたのかな? なぜゲームがあるんだろ?"って思わせたくて。ジャケで何かしら引っ掛かってくれたらいいなと。

-ゲームをテーマにしつつ、実際の制作はどういうふうに進めたんですか?

gari:全体を通して、いろんなことができるんだぞ、というのを見せたくて。

明治:バランスは考えたよね。

-今作はさらにバラエティに富んだ曲調が揃っているので、ビックリしました。

gari:いままでも1曲の中にいろんなジャンルがあったけど、それがさらに横に広がりました。アルバム1枚でどんだけの振れ幅なんだっていうくらい。

ウイ:そうだね。1曲1曲印象が違うから、聴く人によって、好きな曲が違うんじゃないかな。

明治:ガーッと14曲(※完全無敵の初回盤Xは全13曲)を聴いてもらって、どれが好きですか? って。どの曲も入り口になれるんじゃないかと。そんなに構えずに、面白そうだなと思って聴いてほしいですね。

バジル:だから、手に取ってくれる人が増える作品になったんじゃないかな。

ウイ:ジャケ買いしたくなる作品かもね(笑)。

バジル:で、このバンド、ジャンル分けしたら何なの? って。全部聴いても、わからないみたいな(笑)。

gari:こっちがあえて正解を作ってないところもあるからね。

-あぁ、そうなんですね。

ウイ:お店によって、置いてあるコーナーも違ったりするからね。

明治:単純に(パッケージが)かわいいから、どこに置いても目を引くと思います。

gari:ヴィレヴァン(ヴィレッジヴァンガード)はどこに置かれるかわからないよね。

バジル:最悪、カレーに間違えられるかな。

一同:ははははは(笑)。

明治:ノンジャンルだし、どこにいっても面白い馴染み方をするバンドなんだよって。

バジル:だから、カレーみたいなバンドってことですね!