MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

REASTERISK

2017.08.17UPDATE

2017年08月号掲載

REASTERISK

メンバー:NANA(Vo) atsusix(Gt) MKT(Gt) KT(Ba) cota(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-ストーリー性のある曲調ですよね。

KT:atsusixがうまく色づけしてくれましたからね。

atsusix:曲を作るときに具体的な風景や動物などを思い浮かべることが多くて。例えばギター・ソロは"虎"とか"虹"とか、そういうものをイメージして作ります。あと、「Brandnew frontier」は繰り返すパートがないようにしたくて、景色がどんどん変わる形で曲を作ろうと。

-だけど、難解な印象を与えなくて。

atsusix:難しいことをやってるバンドを観たら、僕らはすごいと思うけど、一般の人たちはそこまでわからないじゃないですか。曲や歌の方を注目するだろうし、それこそ演劇を観ているような感覚じゃないかと。

cota:ミュージシャンって凝りたがるじゃないですか。そうなると、自己満になっちゃうから。

MKT:みんな歌を聴くと思うし、NANAのヴォーカルが生きる曲にしたくて。音数を増やして、難解にすることもできるけど。atsusixの場合はシンプルな曲調とコード進行なんだけど、それを同じに聴かせない妙というか。それは彼の作曲センスだなと。

atsusix:そもそも難しいことができないから、そこで勝負するしかなくて(笑)。昔は視野が狭くて、"好きな奴だけ聴いてくれればいい"って感じだったけど。"お客さんに伝えよう"、という気持ちが強くなったのはこのバンドからですね。

cota:それと、メタル・バンドとはあまり言われたくなくて。最初はそっち系のイベントに出てたから、そういうふうに言われることも多かったんです。

atsusix:ジャンルは聴き手が決めることですからね。やる方がそこまでジャンルを意識しなくていいんじゃないかと。

NANA:みんないろんな音楽が好きだからね。ロックもメタルも好きだし、なんでもやりたいから、メタルのカテゴリーには入れたくないでしょ。

atsusix:でも"メタルじゃない"とは言わない方がいいかもね(笑)。ただ、いつもギアはニュートラルにしておきたいんですよ。なんでもやれるスタンスというか、何をやってもウチの色が出せる自信はあるから、常にいろんなことをやっていきたいなと。

-このバンドが持つダークな色合いはどこから来ているんですかね?

NANA:前身バンドがもろゴシックとR&Bの要素が混ざってて、そのときの音源を聴いて"いいな"と思って、私は加入したんですよ。だから、そういう曲を作ってくれると嬉しくて。

atsusix:歌詞は暗いんですよね。

NANA:ははははは。

MKT:でもネガティヴなことは歌ってないよね? 最終的には応援してる内容でしょ。

NANA:負けず嫌いなところが出ちゃうんですよ。"自分頑張れ、みんな頑張ろう"って。歌ってる自分が元気づけられる歌詞じゃないとダメだから。自分が聴いて、元気になれる歌詞になってると思います。

atsusix:そうかなぁ、歌詞は暗いよ。

-はははは。

NANA:嘘ついてるとか、猫被ってるつもりもなくて、本心なんですよ。歌詞を読めば丸わかりですね。「DEMIGOD」も"半分神、半分人間"って意味で、自分に置き換えると、中途半端な立ち位置じゃないですか。でも"自分しか持ってないものがあるぜ"って歌詞ですからね。それは誰にでも通じる話だと思うから。"悪かったね、こんな人間で。でもこんなことできるぜ!"って。

atsusix:みんな"デミゴッド"ってことだよね?

NANA:そう! 全国のデミゴッドにお届けしたいですね。

-そして、今作のレコ発ツアーは東名阪ワンマンという形で開催していますよね?

atsusix:ずっとバカにされ続けて、悔しい思いをしているので、見返したい精神があるんですよ。それが大きなモチベーションになっているので、いつも来てくださるファンの方にいい思いをしてほしくて。

NANA:そうだね。"リアスタ応援して良かったな"と思ってもらいたいもんね。最初のころから来てくれてるお客さんもいるから。

atsusix:僕らなりの恩返しというか、集大成プラス・アルファのものを見せたいと思ってます。

cota:今までいろいろやってきたので、9月22日の渋谷TSUTAYA O-WESTでもいろんなことをやろうと考えてます。