MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

REASTERISK

2017.08.17UPDATE

2017年08月号掲載

REASTERISK

メンバー:NANA(Vo) atsusix(Gt) MKT(Gt) KT(Ba) cota(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-ヘヴィな演奏と、NANAさんの歌心溢れるヴォーカルの組み合わせがこのバンドの個性になっていますけど、そのへんは意識してますか?

atsusix:曲の中で相反するものを混在させたいんですよ。陰と陽、メジャーとマイナーだったり......。

NANA:あっちゃん(atsusix)はサビメロを作ってくることが多くて、サビメロは超メジャー感があるのに、それ以外のメロディを私が作ると、王道じゃないんですよ。そのバランスがまたいいのかなと思います。ガツンと覚えやすいメロディと、変わったメロディが融合しているのが普通じゃなくていいなと。

atsusix:1から10まで俺が作ってもいいけど、歌ってる人の色も入れた方が気持ちが入るだろうし。ヴォーカルのNANAはアクがあって、隠しきれないダークな部分を抱えているから、それを曲によっては織り交ぜて、素直に表現できたらいいなと。一般向け一辺倒じゃなく、自分たちのドロドロした部分も見せたいんです。歌詞はNANAが全部書いてて、NANAにメロディを書いてもらうこともあるんですけど、歌詞と曲がシンクロすることもあるので。こういう歌詞がいいなと思っていたら、イメージそのままの内容だったりして。「DEMIGOD」はそうでしたからね。

NANA:基本、歌詞についての話はしないけど、相性は合うんでしょうね。

cota:本当は4曲しかなかったんだけど、"最後にもう1曲欲しい"と思って。「DEMIGOD」はスタジオで1回も合わせずに、ぶっつけ本番で録ったんですよ。

NANA:でもめっちゃいい感じだもんね。

-「DEMIGOD」は今作の中でも特にKORNっぽい闇感が出てますね。

atsusix:そうですね。僕らの中では原点回帰みたいなニュアンスもありました。

-最初のアルバム像はどんなものでした?

atsusix:とりあえず形にしてない曲たちを早く完成させようと。1年前に1stアルバム(『Gene to Survive』)を出して、いろいろ大変なことがわかったんですけど、今回またそれをやるには労力がかかるから。曲を揃えたり、レコーディングだったり......。

NANA:ジャケのデザインを考えたりね。

atsusix:僕らは全部自分たちでやっているので、ひとつひとつが大変なんですよね。

MKT:去年フル・アルバムを出したころにライヴでやっていた曲もありますからね。

cota:今回入ってる「Brandnew frontier」はライヴで1年ぐらいやってるんですよ。だから、"お待たせしました"って感じで。

-今作は前作以降に溜めてきた曲を入れた感じ?

atsusix:そうですね。曲作りは常にやっているし、その中で消えていった曲もあるので、自分ら的には厳選した5曲です。

-その選曲基準というと?

atsusix:抽象的な言い方になるけど、ピンと来るか来ないか。

一同:ははははは。

cota:曲を溜めてアルバムでバン! と出すというよりも、ライヴですぐに曲をやっちゃうんですよ。なので、今回もライヴでやってきた曲が多くて。

-今、そういうケースは珍しいですよね。先に音源を作って、それからライヴでやり込んでいく人たちの方が多いので。

atsusix:それが主流ですよね。だから、ウチらは根っからの90年代気質ですね(笑)。曲を身体に入れてから、レコーディングしたいんですよ。

-できあがった作品を聴いて、自分たちではどう感じます?

atsusix:小さい子供からお年寄りまで聴けるんじゃないかと。ウチらで曲を作って、NANAが歌えばREASTERISKらしくなるから。

cota:速いものからバラードまで曲も偏ってないし、全部違う曲が入ってますからね。そのなかで僕ららしさは出せてるかなと。

-今作の中で最も挑戦した曲というと?

atsusix:俺は「Rain」かな。これはKTが曲を持ってきたんですよ。"こういうネタがあるんだけど、あっちゃんどうにかしてよ"って言われて。どれくらい前の曲だっけ?

KT:2年前ぐらい。

atsusix:どうにもこうにもならない曲で、難しかったんですよ。自分たちらしく仕上げられなくて。

KT:デモ音源ができたときはひとりで泣きました。

atsusix:ちょうど曲を持ってきたときに雨が降ってて、仮タイトルも"雨の日"だったんですよ。それで"Rain"という曲名にしました。この曲は珍しくラヴ・ソングというか。

KT:そういう面でも新しい曲だと思います。

atsusix:雨の音で始まり、雨の音で終わる。それもこだわってましたからね。

KT:レコーディングの日も雨が降りましたし(笑)。