MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

onepage

2017.08.02UPDATE

2017年08月号掲載

onepage

メンバー:Jin Oyagi(Vo) ヤマモ(Gt/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-演奏面で心掛けていることは?

ヤマモ:歌をどれだけ楽器隊で持ち上げられるかなと。今日来てないベースとドラムも、歌を意識して演奏していると思うんですよ。やっぱり、リスナーには歌が一番届くと思うから。

-結成は2015年になりますけど、これまではどんな期間でしたか?

Jin:僕が曲を作るんですけど、メンバーそれぞれのプレイをイメージして、どんな音楽を作ろうかなと考えるんですよ。一周回って、最初にやろうと思っていたことをブラッシュアップして、そこにみんなのプレイ・スタイルを入れたのが今作ですね。この2年間はライヴをやりながら、自分たちを知る時期だったのかなと。自分たちが出せる音を模索して、ひたすらスタイルを研いでました。

-そういう意味では、今作は集大成的な作品でもあると。最初のアルバム像はどんなものでした?

Jin:ミクスチャーと言える作品を作ろうと考えたけど......かと言って、今までのミクスチャーをなぞってもしょうがないから。新しい聴かせ方ができるように心掛けました。今作の中ではアルバム名にもなってますけど、「YellowFlag」はキーになってますね。この曲で面白いアレンジができたから、これを3曲目に置いて、ほかの曲を肉づけできたらいいなと。

-たしかに「YellowFlag」のアレンジは聴き応えがありますね。

ヤマモ:すげぇなと思いました。ただ、これどうやってギターを入れようかなって......なかなか難しかったですね。できたときは感動しました。

Jin:できたというより、成立した! って感じだもんね。あのサビに疾走感をつけるのが難しくて。それをどう違和感なく同居させられるかなと。それが難しくもあり、楽しくもあり、音楽って素晴らしいなと(笑)。ライヴハウスだったり、でかい会場でも鳴らせる曲にしたかったんですよ。「YellowFlag」はIMAGINE DRAGONSみたいなスタジアム・ロックっぽい空気を、ライヴハウスでやってる俺らがやったらどうなるかなと。今はライヴの時代だから、ライヴのことを考えずに作品を作っちゃいけないと思うし。今回はライヴと作品性のどちらも意識しました。

-なるほど。

Jin:「OneWord」だったら、スラップばりばりで始まるサウンドで、90年代のジャパニーズ・コアみたいな雰囲気があると思うんですよ。それを今っぽく聴かせたらどうかなと。知ってる人にはルーツを感じてもらえて、知らない人には新しいじゃんと思ってもらえたらいいなと思ったんですよね。あと、「Invisibleman」はBPMが一番速いんですけど......僕はyoshiの2ビートに惚れて、一緒にバンドをやろうと思ったんですよ。こんなこと言ったらあれだけど、あいつの2ビートは僕が見てきたドラマーの中で日本で5本の指に入るんじゃないかと。その2ビートを生かしたいから、"お前はいくつのBPMまで叩ける?"と聞いたら、"300"と答えて、調子こくな(笑)! と思って。この曲はBPM250で作りました。

ヤマモ:この曲はもろにyoshiの個性が発揮されてるなと。

-「Invisibleman」は疾走感のあるビートと、メロディアスな歌メロとの対比が面白くて。

Jin:その曲は自分たちなりのメロコアに挑戦してみました(笑)。

ヤマモ:サビはどっしりしていて、聴きやすいですからね。

-今作の中で難産だった曲はありますか?

ヤマモ:全部かな(笑)。

Jin:レコーディングはいつも大変なんですよ。レコーディング前の3日間は地獄ですね。メンバー個別で曲のノリや意味を伝える作業に励むので。

ヤマモ:作り手の意志を汲み取る作業は大変ですね。

-あと、洋楽の影響を強く受けながらも、歌詞は基本日本語で歌ってますよね?

Jin:僕、英語が喋れないので、喋れない言葉を使いたくないんですよ。知ってる英語なら使いますけどね。僕は器用じゃないんで、最初から日本語で歌おうと思ったんです。まぁ、日本のライヴハウスで活動しているから、日本語でいいんじゃないかな。英語は......勉強します!

-では、今後のバンドの目標や展望があれば教えてください。

Jin:なにしろ多くの人に知ってほしいし、聴いてもらいたいですね。どんなところでやりたいというより、伝えてなんぼだと思ってますから。それでウチらの音をライヴハウスやCDで触れてもらって、音楽って楽しい! と思う人がひとりでも増えてくれたらいいなと。ひたすら伝える、届ける作業をしたいです。

ヤマモ:基本的に楽しくやりたいですね。僕らの手の届く範囲は楽しくなってもらいたいし、それからいろんな人が繋がって、音楽って楽しい! と思ってもらえたら最高です。

Jin:うん、「Play Forever」の歌詞に"楽しいで共鳴したい"というフレーズがあるんですけど、まさにそれですね。