MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Azami

2017.08.02UPDATE

2017年08月号掲載

Azami

メンバー:三浦 詩音(Vo) 関 普円(Gt/Cho) 中川 智伸(Gt) 加藤 航(Ba) 河野 大夢(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

ソリッドなギター・リフと高速ビート、力強いシャウトによる激情ハードコアであり、且つカタルシスのある、もはや爽快と言ってもいいメロディで駆け抜けていく曲でもある。トゥーマッチな要素が1曲の中に同居し、爆発的な化学反応を起こしている。それが、Azamiのサウンドだ。単にキャッチーなメロを乗せてポップ化した曲でなく、心を突き動かすエモーションが先にあり、張り裂けるようにして生まれた強烈なパワーを持つ。コブシを振るって、歌い叫びたくなるソウルがあるバンドだ。"夜明け"と名づけた1stミニ・アルバム『DAWN』とともに、Azamiの快進撃がスタートする。

-1stミニ・アルバム『DAWN』が完成しました。とても充実したいい作品で、内容的にストーリー性も感じるし、サウンドとしてはバンドのルーツとなるだろうハードコアを貫きつつ、ロックにも振れたダイナミクスもある。そこがうまく絡んだ作品だなと思います。

関:ありがとうございます。いろんな音楽を通ってきているので、試行錯誤はあったんですけど、すんなりと出せたところがよかったなと思っていて。もともと俺も、前のバンドでは歌モノのバンドをやっていたり、バンドを聴き始めたころは、BUMP OF CHICKENが大好きだったりしたんです。

-そうなんですね、それは意外かもしれない。

三浦:僕もバンドも、入りがRADWIMPSだったりするんです。

関:ちょうど俺がバンプ世代で、そこから下がラッド世代という感じで。

-そういうところから、なぜこの激情のハードコアへと進んでいくんですか。

関:俺がバンドを聴き始めて少ししたくらいに、友達からELLEGARDENとかを教えてもらって、その流れでSUM 41やTHE OFFSPRINGだったり、海外のメロディックを聴いていたんです。で、ふとしたときにSLIPKNOTに出会って。そこからKORNとかあのころのミクスチャー・ロックに出会って、STORY OF THE YEARとかを聴くようにもなって。いろいろと聴いていくうちに、COMEBACK KIDとか海外のハードコアに出会いました。ギターはふたりとも、STORY OF THE YEAR、SAOSIN、FINCHとか、そういうものが好きですね。そこにハードコアのビートを乗せたいなと思ってやったら、自然とこういう形になりました。スクリーモも聴いていたので、メロディを乗せることも、抵抗なくできたって感じですね。

-もっと国内のハードコアの影響も強いのかと思っていました。ENDZWECKとか。

三浦:僕はA.O.Wがすごく好きですね。

関:日本のそういったバンドを聴くようになったのは、わりとあとになってからなんです。もともと海外に憧れていた部分が強かったんですけど、だからこそ、日本人であることに誇りを持ちたいなと思って、日本語詞でいこうと。それで今の形になりました。

-メロディ・ラインなどは、ロックっぽい高揚感も感じますね。

三浦:みんな、J-POPが好きなんです。だから、自然とそれが出ているかなというのはありますね。

-他のバンドとの差別化ではなく、自然となんですか。

関:メロディは特に、自分たちの聴いてきた音楽にとことん素直にというところが大きいですね。曲は俺が作っていて、いろいろこういうのをやってみようと作ったりするんですけど、最終的には自然とこっちに着地する部分はあります。

-河野さんは今年に入って正式加入されたんですよね。それまでは、どういった活動をして、Azamiとはどんな形で知り合っているんですか。

河野:僕はもともと山梨でバンドをやっていて。Azamiとも対バンする機会があって、かっこいいバンドだなと思っていたんです。

関:俺は前にやっていたバンドのときから知り合いだったんです。それで、Azamiの曲を初めてYouTubeにあげたときに、速攻でリアクションをくれたんですよ。覚えてないと思うけど(笑)。

河野:"普円さんの新しいバンドかっこいいですね"みたいなことを言った気がする。

加藤:それと似た話なんですけど、僕は越谷でバンドをやっていて、そのバンドが解散したタイミングでAzamiに誘ってもらったんです。ヴォーカルの詩音君は高校生のときに対バンしたことがあって。さっきの"普円さんかっけぇ"っていうのと同じように、"詩音君の新しいバンドかっけぇ"って思っていたんです。

関:(笑)そういえば航ちゃんと初めて対バンしたのは、地元のコピー・バンドのイベントでしたね。まだAzamiを組む前だったんですけど、中川と一緒にI KILLED THE PROM QUEENとか──

中川:THE GHOST INSIDEとかね。あとはAS I LAY DYING、BRING ME THE HORIZONとかのコピーをしていて。

関:航が東京事変のコピーしてた。

加藤:というコピバンで対バンしましたね(笑)。今一緒にバンドをやってるのが不思議な感じなんです。

河野:思いもしなかったのは、僕もそうで。バイトしながら、Azamiの1stデモをかっこいいなと思いながら聴いてましたからね。