MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

a crowd of rebellion

2017.08.15UPDATE

2017年08月号掲載

a crowd of rebellion

メンバー:高井 佑典(Ba) 近藤 岳(Dr) 小林 亮輔(Vo/Gt) 宮田 大作(Vo) 丸山 漠(Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-なるほど。今作は、本当に曲ごとにまったく違うので、おひとりずつ、お気に入りの楽曲を教えていただけますか?

小林:僕は最後の曲ですね、「karma_葬」。今作は全体的に、歌詞を書くのが大変だったんですよ。なので、その最後だから単純に思い入れが強いっていうのもありますし。正直書いてるときは頭おかしくなりそうでしたけど、ふたりのヴォーカルのすり合わせが合致して、どっしり荘厳な雰囲気になってるのも、僕は好きですね。

丸山:なかなか決められないんですけど、現状ハマってるって意味では、「MATSURI WWWeapon」ですね。爽快感にハマってるって感じですね。これでまた時間が経つと、"こっちの方が好き"って変わったりもしますけど(笑)。

宮田:俺は、「HOPE」ですね。新しいアプローチをしつつ、今までの俺らも重ね合わせてるっていうイメージで。

高井:好きなのは全部なんですけど、録ったときの思い出も込みで「MATSURI WWWeapon」かな。シンガロングでわりとキャッチーなものができあがったので。冒頭の"セイヤッ! ソイヤッ!"とか......。

小林:キャッチーっていうか安易な(笑)。

高井:あれも、録ってるときに思いついて。最初、提案したら丸山が"いや、そういうのはちょっと......"って言ってたんだけど、"とりあえず1回やってみようよ"ってことになって。で、やってみたら"お!? ええやん!"って(笑)。あのときのスタジオの空気というか、これこそバンドだなと思って。ひとりでも曲は作れるけど、ひとりだと自分の想像の中でしかできないから。でも、それを自分の中にない引き出しが出てきたときに"それ、いいね!"ってなるのがバンドの醍醐味というか。

-あのパートは、なんでこれでカッコ悪くならないんだろう? って思いました(笑)。

一同:(笑)

宮田:何事も、実際やってみないとわからないんですよ。それを教えてくれたのが、今回の"セイヤッ! ソイヤッ!"なんじゃないでしょうか(笑)?

-急にいい話になってる(笑)。

近藤:僕が個人的に一番お気に入りなのは、「NIACIN FLUSH」ですね。デモが来た段階で、"こいつはホントに新しいな!"と思ったんです。"こういうのもアリなんだ!?"っていう驚きの感情があって。

-ありがとうございます。ところで、聞いてて思ったんですけど、今までも日本語の使い方がすごく印象的で。耳に残るというか、インパクトのある楽曲が多いなって。今回も、その日本語の使い方が、すごく丁寧というか、"これはかなり苦労してるだろうなー"って勝手に思ってたんですよ。

小林:今回、精神的にめちゃめちゃやられながら書いてましたね。途中で作り方を変えてみたりとか、とりあえず寝て、モヤモヤした気持ちと少しクリアになった頭を折り合いつけて書いたり。あと、コーラをすごく摂取しました(笑)。

宮田:それはいつもやがな(笑)。

一同:(笑)

宮田:まぁ、でもそれだけ糖分使ってたってことか。

小林:ほんと、糖分って大切だなと思いました。今回はなかなか降ってこなくて。この歌詞が入ることで、こういうイメージの曲に変わったりするのかな、とかいろいろイメージして、すごく難産で、スランプって言っても過言じゃないくらい。

宮田:俺は今回、スッと書けたんですけどね。

小林:宮さんは今まであんまり日本語詞を書かなかったんですけど、すごいなって思っちゃって。今まで書いてなかったのに語彙もすごく多くて、早口のラップのところも上手いことはめ込んで、ちゃんと意味もあって、しかも字面もキレイで。ちょっとこれは本当に頑張らなきゃなって。この人、やっぱすげぇなって思わされましたね。

宮田:ありがと! 俺は、ハメるのが上手いのかなって......無理矢理ハメるのが......(笑)。

一同:(爆笑)

宮田:あれ(笑)? でも、文字数決めて、響きが気持ちいいもので、且つ意味がなんとなくわかるものをハメるのが、自分は得意なのかもって今回思いました。

-あとは、このジャンルでやってるヴォーカリストの中でも大作さんの歌い方って聴きやすいんだなって聴きながら思いました。言葉が聴き取りやすいというか。

丸山:ミックスは僕がしてるんですけど、ラウド・バンドなのに、ホントにふたりとも言葉を大切にしてるんで、そこは何とか生かしてあげたいな、と。歌詞がわかるように意識してミックスしてますね。

-9月からはツアーが始まりますが、東京のラストが赤坂BLITZで......。

宮田:名前は聞いたことありますよ(笑)。

-大阪はBIGCAT、名古屋はBOTTOM LINEと。BIGCATも初ですか?

宮田:初ですね。

丸山:BOTTOM LINEも初です。

-東名阪ともに最大キャパになりますが、ツアーへの意気込みをお願いします。

宮田:ワンマン・ツアーが、これで3回目かな。で、どんどん規模を大きくしてっての今回ということで。正直言ってしまうと、不安です。いっつも不安なんです。新譜作るときも、ツアーやるときも、いっつも不安なんです。だけど、"自分たちなら超えられる"、と。1日前の自分、1年前の自分、どんどん超えていけると信じて、今回のツアーも組んだので、自分たちを信じて、ツアーを駆け抜けたいと思います!

-では、最後に激ロックの読者へメッセージをお願いします。

小林:新譜、素晴らしいものになってます! 非常にスパイシーな、且つ良メロ、且つトリッキーな、素晴らしい作品になってると思いますので、ぜひ聴いて、ライヴにも足を運んでいただいて、一緒に楽しめたらなと思っています! よろしく!