MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

a crowd of rebellion

2017.08.15UPDATE

2017年08月号掲載

a crowd of rebellion

メンバー:高井 佑典(Ba) 近藤 岳(Dr) 小林 亮輔(Vo/Gt) 宮田 大作(Vo) 丸山 漠(Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-それから、続く「Gorilla Gorilla Gorilla」はゴリラの学名から取ったってことでしょうか? また科学的な話ですね。

小林:そうですね、学名から。あとは"最強のゴリラ"っていう(笑)。

宮田:もともと、仮歌のときのタイトルが"Gorilla Gorilla"で、そのときはふたつだったんです。

小林:あまりにも凶悪すぎるデモが送られてきて。

丸山:単純に、そのとき作ったデモの段階で、"これ、強ぇ!"って思って。それで"そういう仮タイトルにしたろ"と思って"Gorilla Gorilla"に(笑)。

宮田:そしたら、俺と亮輔が"1個増やしたろ"って(笑)。

丸山:びっくりしちゃった。まさか"ゴリラ"が正式タイトルになるとは(笑)。

-びっくりですね......しかも、聴いてたら曲の中で"ウホウホ"って言ってて(笑)。

宮田:それはまた、俺が勝手に。曲中に絶対入れたいと思って。レコーディングのときにいきなり入れました(笑)。

-さりげなく入ってたんで、1周目は気づきませんでした。2周目に、"ん!? 今なんかあったぞ??"って。イメージ的には、何かがシュッて走り抜けた感じで(笑)。

一同:(笑)

小林:でも、単純にふざけてるってだけではなくて。バンドとして"他の追随を許さないぞ"っていう意味で、それを動物に例えたらゴリラだったんです。

宮田:それで、最強のゴリラを表すには"Gorilla Gorilla Gorilla"がいいだろうっていう見解になりまして。"俺たちが一番強い!"っていう曲ですね。

-ストレートでいいですね(笑)。

宮田:たぶん、リスナーからしてもすごく覚えやすいだろうし。ふざけてはいるんですけど、意味合い的には真面目なんですよ。それがいい具合に合わさって、お客さんのもとに届くのかなと。

-すでに公開されている中では、「リビルド」は今作の中で最初に公開されたトラックになりますが、リベリオンの音楽的なアプローチの中では主軸じゃないというか、個人的には好きですし、こういうアプローチは必要で、且つ壮大さも持たせたサウンドに丁寧にまとめあげた良トラックだとは思いますが、最初に出すトラックとしては予想外のセレクトだと個人的には思っていました。どういった経緯でこの曲を先に出したのでしょうか?

宮田:これも悩んだんですよ。俺たちのA&Rにも一緒に考えてもらって。それで、最初に出すのは、"もともと俺たちが持っているエモーショナルな部分と、また新しいものを合体させたものがいいんじゃないか"ということになりまして。そして、最初に「リビルド」を出すことになったって感じです。

-どういうふうに見せていきたいかを考えたうえで、まずは「リビルド」だったということですね。

宮田:そうですね、まずは根底にこれがありますよ、と。あとは、こんなこともできるし、こんなこともできますよって出してって......後々、おかしくなっていく、と(笑)。

-ホントにもう、いろんな面がありすぎて、どれがホントかわからないっていう。

宮田:どれもホントなんですけどね(笑)。

-ふざけてるんだか、真面目なんだか(笑)。

宮田:5人とも、人間性的にどっちも持ち合わせてるんですよ。ひとりひとりは全然違うタイプなんですけど、そこは共通してるとこですね。すっごく真面目でシリアスなときと、"もう、どうだっていいや!"ってふざけるときの差がすごいっていう(笑)。そういうところは、楽曲にも反映されてるのかなって。