MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

a crowd of rebellion

2017.08.15UPDATE

2017年08月号掲載

a crowd of rebellion

メンバー:高井 佑典(Ba) 近藤 岳(Dr) 小林 亮輔(Vo/Gt) 宮田 大作(Vo) 丸山 漠(Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-アルバム・タイトルといい、1曲目のタイトルといい、化学用語が頻繁に出てきますが、これはどのようにして決まったのでしょうか? 誰かの趣味ですか?

宮田:趣味っていうより、いつもどおり俺と亮輔で、"さ、どうしましょっか、今回のアルバム・タイトルと曲名"ってやってるときに、前作の『Xanthium』(2016年リリースの1stフル・アルバム)のときは、俺が"Xから始まるやつがいい"って言って、大喜利みたいにXから始まるもの出してもらって、それで意味調べて"うん、これがいい!"ってなって決まったんですよ。で、今回は、"Gから始まるやつがいい"ってことで(笑)。

一同:(笑)

宮田:それで、亮輔が"Gingerol"って単語を見つけてくれて。

小林:意味がちゃんとありつつ、字面も良いってものを選んで、ふたりで精査して。

宮田:あと、"誰も読めないだろう"っていうのもコンセプト的にはありますね。捻くれてるので(笑)。

-(笑)それにしても、1曲目(「C17H26O4」)とかこの曲とか、タイトルを口頭で言わなきゃいけないときにどうするんだろうって思っています。

宮田:アルバム・タイトルも"Gingerol"で、1曲目も読みは"Gingerol"で。質量はもう、そのままだよね(笑)。

丸山:"にひゃくきゅうじゅうよんてんさんはち、グラム・パー・モル"(笑)。

一同:(笑)

-そして、次の曲(「MATSURI WWWeapon」)もまた読み方が......"マツリ・ウエポン"でいいですか?

宮田:そうです。

-Wが連なってますが。

宮田:ワラワラワラ、ウエポン(笑)。

-そういう意味なんですか(笑)!?

宮田:これは単純に、曲調が完全に祭りっぽいなって思って。

小林:捻くれてるのを一周回って、逆にそのまま"祭り"って入れちゃおうよって(笑)。

一同:(笑)

宮田:で、祭りだけじゃアレだなってことで、"この楽曲はすごい破壊力あるよね"って印象があったんで......安易ですが(笑)、"ウェポン"! 兵器的な祭り! 祭りの兵器! ......って感じじゃね? ってことで、くっつけました(笑)。で、ワラワラワラの部分は、祭りって楽しくてみんな笑顔になるものなので......このストーリー、今考えながら話してますけど......その笑顔を表してますね。

小林:それでいこう!

一同:(笑)

-"World War"とか関係あるのかな、って思ってましたが深読みしすぎたかもしれません。

宮田:全然......いや、むしろそれでいきましょう(笑)!

小林:歌詞にも合ってるし。いただきます(笑)!

宮田:そっか、そういう意味だったんだー(笑)。

一同:(笑)

-その「MATSURI WWWeapon」ですが、サウンドの方向性としては、前作『Xanthium』の「She'll Never Forgive To Be Insulted.」的なアプローチの最新版という感じもして。

宮田:特にその関連性は考えてなかったですね。

-そうなんですね。鳴り物とか、結構近い音もありますよね。

高井:たしかに、今、言われて気づきました(笑)。