MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

uijin

2017.07.03UPDATE

2017年07月号掲載

uijin

メンバー:ありぃ ひとちび やよい りん

インタビュアー:高橋 美穂

"neo tokyo"というコンセプトを掲げ、昨年12月にライヴ・デビューした4人組アイドル・グループ uijinが、7月5日に初めての全国流通音源となる1stアルバム『stay hungry, stay foooolish』をリリース。"uijin=ウイジン=初陣"という猛々しいグループ名を体現するかのようにアッパーな楽曲だけが詰め込まれた、とても潔い1枚だ。激ロックでは、アイドルの枠を広げつつある彼女たちを応戦すべく、これを機に彼女たちに初めてのインタビューを敢行した。

-まだ、インタビューもそんなに受けていらっしゃらない?

ひとちび:はい、これが2回目です。

-貴重なタイミングをありがとうございます。まだまだ謎が多いグループなので、初歩的なところからうかがわせていただきます。

一同:よろしくお願いします!

-まずはuijinという名前ですが、迫力ありますよね。

ありぃ:"初陣"っていう日本酒があって、そこからいただいたんです。将来的に何かやりたいなって。

りん:コラボだったり。

ありぃ:今回のアルバムのジャケットも、"初陣"さんから前掛けを借りて作ったんです。

-早速コラボが実現したんですね。

ひとちび:これからお酒も出せたらいいなって(笑)。

-まず、アイドルのグループ名の由来がお酒って、すごいですよね(笑)。

ひとちび:ワイルドですよね。

-名前を決めているとき、近くに"初陣"があったっていう?

ひとちび:そう聞いてます。運営の方か、知り合いの方が飲んでいて。

-もっとストレートに、"戦うぜ!"的な意志を込めて名づけたのかと思いました。

ありぃ:あぁ、よくそう思われていますね(笑)。

ひとちび:武士っぽいって言われますし(笑)。

-ファッションもインパクトがありますね。

ありぃ:みんなバラバラですね。

りん:スカートの柄だけ統一されているんです。

-アイドルとしては、バラバラって珍しいんじゃないですか?

ひとちび:あんま見たことないよね。衣装のデザインも、自分たちでやらせてもらって。生地から選ばせてもらったんです。みんなそれぞれこだわってる部分があって、私は肩のところが透けています。

やよい:私はめっちゃ脚を見せてます。

-それぞれのチャームポイントがわかりますね。ありぃさんは?

ありぃ:ありぃはスリットが3つ入ってます。

-アレンジ可能でかわいいですね! りんさんは?

りん:和風の、着物の雰囲気ですね。髪の色も黒いので。

-結成の経緯もうかがいたいんですが、名前を決める前から4人は集結していたんですか?

ありぃ:いや、バラバラでした。

ひとちび:ひとりひとり、声を掛けられた時期もバラバラなんですよ。みんなuijin以前に何かしらしていたし。

-改めて、uijinに賭けて集まってきたと。

ありぃ:みんなそうだと思います。今まで叶えられなかった夢や目標がありましたし。

-また、uijinには欠かせない"neo tokyo"っていうコンセプトがあるじゃないですか。ここにはどういう意味がこもってるんですか?

ひとちび:まず、メンバーに誰も東京出身者がいないんです。バラバラの地方出身で。みんなが集まって楽しめる空間、ライヴできる空間を"neo tokyo"って名づけています。

-東京出身じゃないからこそ、東京に夢を見られるというか。

ありぃ:そうですね。そんなみんなが東京に集まって、お客さんと一緒に楽しい時間を過ごして輝ける場所が"neo tokyo"っていう。