MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoGoD

2017.07.26UPDATE

2017年08月号掲載

NoGoD

メンバー:団長(Vo) Kyrie(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-わかりました。そして、カップリングの「鮮やかな矛盾」、「∞コンティニュー」はまたタイプの違う曲調ですね。

団長:特に「鮮やかな矛盾」は原曲が華凛ちゃん(Ba)で、最近彼はモダン・ヘヴィネスな曲ばかり作るんですよ。Pay money To my Pain、メタルコアのKILLSWITCH ENGAGEとかも好きですからね。俺と華凛ちゃんぐらいしかそのへんの音楽は聴かないんですけど、彼は最近7弦ギターで曲作りすることにハマッてて。NoGoDとして新しいサウンドが入ってきたから、どんどんやっていこうと思ってます。彼も曲作りの仕方が変わってきてますからね。こういう曲は今までNoGoDではあまりやってこなかったけど、せっかくだからやってみようと。

-「鮮やかな矛盾」はNoGoDらしいサウンドに仕上がってますけどね。

団長:あっ、そうですか。ギターふたりは結構大変だったんじゃないかと。華凛ちゃんがメロディも入れてくれていたから、彼のイメージからそこまで離れてないと思います。

Kyrie:ギター的なところだと、LINKIN PARKみたいなキレっぷりで。そういうふうにトラックを作ったことがなかったけど、意識して音を作ってみました。俺が面白いなぁと思ったのは、こういうスパスパな音楽というか。

-スパスパな音楽?

Kyrie:例えばギターの音だったら、ミュートされてる時間がある音楽というか。普通はギターをズンとやったらサスティーンが残るんですけど、それをスパッと切ってるんですよ。2000年ごろにそういう音楽がバーッと出てきて、今もそういう音作りをされてる方も多いんですけど、僕らみたいにクリックを使わないで、音を自力でコントロールするバンドが、そういうことをやるのは珍しいかなと思って。しかも人力で音作りしているので、こんなアナログなやり方をしてる人はいないと思うし、それもNoGoDらしさに繋がるかなと。

-「∞コンティニュー」は明るくて、ダンサブルな曲調ですね。

団長:これこそ、いつ録ったんだろう......。

Kyrie:『VOYAGE ~10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM』のときに新曲を2曲入れたんですけど、その候補曲のひとつでした。そのときとは大きく変わってないけど......『Renovate』(2016年リリースのアルバム)のときにこの曲いいんじゃないって録音したんですけど、アルバムの全体像を見たときに明るすぎるというか。

団長:「魔法」という曲があったから、これ以上明るい曲はいらないかなと。

Kyrie:俺はなぜ外したかは覚えてないんだけどね(笑)。

団長:絶対そうだよ!

Kyrie:『Missing』のときに入れる話も出たんですけどね。

団長:俺はこの曲が好きで、「Missing」がダークでシリアスな感じだったので、ちょっと一緒に入れづらいなと。でもこのままいくと、いつになるかわからなかったから、"このシングルには入れてくれ!"って。「Arlequin」はそこまでシリアスすぎない曲だから、やっと入れることができました。

Kyrie:夏だし、明るい曲があってもいいかなと(笑)。発売が7月でしょ? 夏のツアーでやれたらいいなと思って。ただ、歌詞は揉んだ記憶がありますね。

-あっ、そうなんですか。

Kyrie:歌詞は3、4回書き直してもらいましたね。僕が書くこういうポップな曲は、ライヴでどうなるのか、自分で見えないところがあって。ポップな曲を作ってるときにライヴを意識してないわけじゃないけど、こういう曲はサウンド・イメージありきで作るんですよ。そうすると、曲は明るいけど、歌詞はシリアスになることが多くて。そこを打開したくて、曲を録ってるときにアッパーな曲にしたいと伝えたんです。苦労して作ったんだけど、今まで入らなかったという(笑)。

-「∞コンティニュー」は明るい曲調だから、歌詞もそれに見合うものにしようと?

Kyrie:でも、この曲も何にも考えていないようなパッパラパーな歌詞ではないものになりましたけど。

-メッセージ性もちゃんとありますよね。

団長:ただ、「∞コンティニュー」は最高にハイな部類の曲ではないんですよ。今回ライヴ・レコーディングで収録されてる「dreamer」とか、ああいう曲の方がノリ重視の歌詞を書けるんですけど、この曲は俺の中ではエモーショナルという印象だから、あまり中身のない歌詞は書けなくて......それは育ってきた環境のせいなのかどうかはわからないけど。曲からエモーショナルなものを感じたから、しっかりメッセージを届けたいなと思って、それでシリアス感も出たんじゃないかという気がします。

Kyrie:そういう意味ではシリアスなところと、ライヴのノリの良さがうまく融合できました。ライヴ映えしそうな曲になったので、良かったですね。

団長:今作の中では一番アニソンのオープニングに適した曲になったと思います。どこかで高橋名人を思い出してくれるかなと。

-えっ(笑)! 16連射の高橋名人のことですか?

団長:この曲の歌詞に出てくる"名人"は高橋名人のことですからね。

Kyrie:あと、毛利名人もいたけどね。

団長:"名人だって上手く進めやしないんだから"という歌詞は、みんながどの"名人"を思い浮かべてくれるか楽しみですね。

-僕は当然ど真ん中世代なので高橋名人は知ってますけど、それは言われないとわからなかったです(笑)。

Kyrie:高橋名人と毛利名人のドキュメンタリー風の映画もありましたからね。

団長:この歌詞は揉んだから、すごく思い入れが深くて。だから、歌詞も気に入ってるんですよ。最後の"限りあるステージで無限にコンティニュー出来る"という歌詞を、みんながどう捉えてくれるかなと。みなさんに対する投げ掛けでもありますからね。

-可能性は無限大だと?

団長:有限だけど、そこに無限に近いものを見つけられるかなと思います。

-あと、今作は歌詞を通してストーリー性も備わってますよね。「Arlequin」はあなたに全奉仕する自分、「鮮やかな矛盾」ではもがき苦しむ自分を描きつつ、ラストの「∞コンティニュー」では無限の可能性があるんだよと。

団長:そうですね。特に「Arlequin」と「鮮やかな矛盾」はわりと近い主人公だと思います。表題曲に救いがないときは、カップリング曲に救いを求めますからね。自然とそういうバランスになりました。

-ほかにライヴ音源も2曲入ってますけど、「dreamer」に関しては未発表曲ですよね?

団長:はい、前作『Missing』のツアーで会場限定でやっていたんですけど、いい曲なので入れたいなと。音源がない状態でライヴで先にプレイすることが今まであまりなかったけど、すごく盛り上がってくれたんですよ。今回のライヴ音源2曲は勢いがめちゃくちゃあるので、気に入ってますね。どちらもいいテイクだと思います。