MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Crossfaith

2017.07.28UPDATE

2017年08月号掲載

Crossfaith

メンバー:Kenta Koie(Vo) Kazuki Takemura(Gt) Hiroki Ikegawa(Ba) Tatsuya Amano(Dr) Terufumi Tamano(Prog/Vision)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-"ロック・スター達はいったいどこに行ってしまったんだ"と現代のロック・バンドへの不満を歌詞に乗せつつも、Crossfaithの特徴のひとつであるパーティー感は過去最高レベルでアゲアゲに振り切れてますね。

Teru:バブリーなロック・スターみたいなイメージを反映させてます。

-クラブでイエガー片手に盛り上がるのにピッタリな曲かなと(笑)。

Koie:そうですね!

-「FREEDOM」、「Rockstar Steady」は、ダンス・ミュージックをCrossfaith風にアレンジしたような曲でしたが、Track.3の「Diavolos」は打って変わって......。

Teru:「Diavolos」ってだいぶ激ロック(DJパーティー)感あるんじゃないかと思うんですけど......。どうですか?

Koie:激ロックを想定して作った部分もあるよね(笑)。

Tatsuya:誰のターン?

Koie:そりゃもう、ムラオカさんのターンで。

Teru:そやな(笑)。昔だったらFUJIMOTOさん(※初期激ロックDJ/メタルコア担当)かな。

-かなり極悪な感じだもんね(笑)。ツーバスにゴリゴリのブレイクダウンが入って......。

Koie:ゴリっとしてます。でも、初期のころのようなメタルコア的なものをそのままやるだけじゃなくて、今の自分たちがたくさんライヴをやって吸収してきたものをそこに加えて表現してみました。そういう意味では、ライヴの定番にも成り得る楽曲ですね。いろんなパターンを考えてはみたんですけど、結局直感で一発で録ったものが基本になっていて、ヴォーカルに関しては考えるというより感じて作った楽曲ですね。キッズ胸アツな楽曲になってるんじゃないかと(笑)。

-ドラム・パートもかなりテクニカルですよね。

Tatsuya:そうですね。他の曲と比べるとだいぶ手数も多いので、リスナーを圧倒できるような楽曲になってると思いますね(笑)。バンドを続けていくなかで、俺らの聴く音楽もどんどん変わっていったり、新しい刺激も加わってアップデートされた楽曲を作っていくんですけど、そのなかで核となる部分というか、初期衝動的な"やっぱこの感じ欲しいよな"っていう感覚も持ち続けているので。この曲は、そういう部分を一番強く打ち出した曲になってますね。

-この曲を作ったのは?

Kazuki:この曲は、イントロのTeruのシンセのフレーズが元にあって、そのフレーズにピンとくるものがあったんで、それを元に僕が作らせてもらったんです。Crossfaith的には新しい作り方で面白がって作れた曲ですね。そういう意味では衝動的なのかな(笑)。

Teru:今までの経験から、ライヴを意識したようなコーラスラインだったり、シンガロングも含めて、曲としての完成度がいい具合にミックスされた曲ですね。

-たしかにこの曲の一番の聴きどころは極悪なブレイクダウンだよね(笑)。ブレイクダウンに至るまでの展開もブレイクダウンをいかに盛り上げられるかに賭けてるように見えなくもないし(笑)。間違ってもシングルにはならない曲だよね。

Koie:まぁ、順番的にはこれは3曲目だろうって(笑)。

Kazuki:いい意味で偏った曲ですね。

Koie:でも、曲の中でのコントラストはハッキリしてるというか。

-極悪な楽曲だけどたしかにクリーン・パートはメロディアスで印象に残るよね。

Koie:サビの突き抜けてる感じがしっかり出せてるかな。メロディを歌うようになってから、より具体的にアイディアを出したりして話し合うようになってきたので。そういうところの結果も出てきてるのかな。

-コーラス・パートもシンガロング・パートもあるし。ただやっぱり一番のフックはブレイクダウン(笑)。気合の入り方は並大抵じゃないよね。ピットが荒れるのが目に浮かぶ。

Koie:これはもうPARKWAY DRIVEばりの、ステージ上に5千人くらい上がってくる系の(笑)。

-今作の3曲はそれぞれ違うタイプの楽曲だけど、どれもライヴ映えする曲になったよね。

Koie:そうですね。

Teru:最近の俺たちの活動だと、ライヴでどう魅せるかっていうのが重要になってきてるんで。特に今回はシングルだから、アルバムとは曲作りのスタンスが全然違いますね。

-なるほど。話は変わりますが、来週からオーストラリア・ツアーですよね。

Koie:そうです、冬のオーストラリア。

-ツアーはWHILE SHE SLEEPSとですね。

Koie:はい。今回IN HEARTS WAKEも一緒なんですが、まだ共演したことはないんですよ。

-IN HEARTS WAKE主催のツアーでしたっけ?

Koie:そうです。彼らのツアーに俺らとWHILE SHE SLEEPSが出る感じですね。オーストラリアだと彼らのライヴは2,500人くらい入るみたいなので。

-かなり大きいツアーになりそうだね。WHILE SHE SLEEPSはCrossfaithが日本に呼んでるし、もしかしたら今度はIN HEARTS WAKEを日本に呼ぶことになるのかな?

Koie:いいですね。

-さて最後にもうひとつ。非常に濃い内容の3曲だったからこそフル・アルバムを期待してしまうけど、アルバム制作は進んでるのかな?

Koie:今まさに鋭意制作中という感じです。乞うご期待ですね(笑)。